LCCの機内で快適に過ごすサービス・グッズ7選

この記事では、LCCの移動を快適にするサービスやグッズを7つ紹介します。

LCCは航空運賃が安い代わりに、フラッグキャリアに比べてどうしても機内設備のクオリティが下がってしまいます。

LCCには座席に映画のモニターがないのが普通なので、暇を持て余すことになりがちです。

今回紹介するサービスやグッズを利用することで、LCCを使った移動でも、暇を感じることなく、快適に目的地に到着することができますよ。

この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。(詳しいプロフィールはこちら

LCCの機内で快適に過ごすサービス

では、LCCの機内で快適に過ごすことができるようになるサービスを紹介します。

  • Amazonプライムビデオ(映画・ドラマ見放題)
  • ブック放題(電子書籍読み放題)
  • オーディオブックサービス「オーディブル」

Amazonプライムビデオ(映画・ドラマ見放題)

まず1つ目に紹介するのが「Amazonプライムビデオ」です。
Amazonプライム会員の特典の1つですね。

ネットにつないでおかないと見れないと思っていませんか?
実はAmazonプライムビデオは、あらかじめ映画やドラマのデータを端末にダウンロードしておくことで、オフライン状態でも難なく見ることができます。

ただし、普通の飛行機だと映画の最新作などが見れますが、Amazonプライムだとすでに出たものだけ。
でも、自分の見たい映画を見れるというのは嬉しいですね。

補足

海外からAmazonプライムビデオにアクセスすると、日本と同じようにダウンロードすることはできません。
海外でも日本と同じように見るためには、VPNサービスを利用する必要があります。

すでに海外にいる人はVPNサービスを使うしかないですが、日本から飛行機に乗る人は、できるだけ日本でAmazonプライム会員になり、国内でダウンロードすることをオススメします。

海外でアマゾンプライムビデオを視聴する3つの方法

2019年12月8日

Amazonプライムビデオ以外にも、動画見放題サービスはたくさんあります。
Netflix以外は無料体験があるので、ぜひ利用してみてください

動画見放題サービス

U-NEXTは映画だけでなく、漫画や書籍なども楽しむことができるよ。

ブック放題(本読み放題)

機内の暇つぶしのアイテムと言えば、本が有名ですよね。

ただ、紙の本でもいいが、ただでさえ厳しいLCCの機内持ち込みの重量。
重量のことを考えれば、何冊も入る電子書籍がいいです。

普通にAmazonなどでKindle本を購入しても良いのですが、おすすめなのが「ブック放題」というサービスです。

日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題な他、100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

海外旅行中をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。

【初月無料】るるぶ読み放題サービス3選【電子書籍は旅行に最適】

2019年11月29日

「ブック放題」以外にも電子書籍読み放題サービスはたくさん!

電子書籍読み放題サービス

オーディオブックサービス「オーディブル」

目でずっと文字を追っていると目が疲れてきます。

特に消灯した後は端末からの光で、目が疲れやすいです。

そんな時に使えるのが「Audible」です。

Audibleは耳で聴く本です。
聴くように音声が録音されているので、読み間違いなどはなく、心地よく頭に入ってきます。

参考AmazonのAudibleとは?使い方や登録方法を解説【30日間は無料体験】

LCCの機内で快適に過ごすグッズまとめ

今回紹介するグッズは

  1. モバイルバッテリー
  2. ネックピロー
  3. ノイズキャンセリングヘッドホン

の3つです。

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

モバイルバッテリー

LCCの機内にコンセントはないのが普通です。
そのため、スマホやタブレットの充電が切れたら、暇になってしまいます。

特に上記で説明したAmazonプライムビデオで映像作品を見たり、ブック放題で本を読み続けているとバッテリーはだんだん無くなっていきます。

映画がめちゃくちゃいい場面で止まってしまうのは嫌ですよね。
しかも止まってしまったら着陸後にまた充電するまで見れないっていうなんともモヤモヤが残ってしまいます。

そういうことにならないように、LCCの機内にはモバイルバッテリーを持ち込むようにしましょう。
というか、そもそもモバイルバッテリーは預け荷物に入れてはいけませんが。

国際線の機内持ち込み荷物まとめ

2020年8月14日

モバイルバッテリーさえあれば、バッテリー切れを気にせず、スマホやタブレットを利用できますね!

僕自身が愛用しているモバイルバッテリーは以下のものです。

関連記事【Anker PowerCore Fusion 5000レビュー】海外旅行におすすめのモバイルバッテリー!【コンセントから直接充電できる】

ネックピロー

ネックピローは機内で寝るとき用ですね。

このネックピローがあるかないかでどれだけ快適に寝るかが全然違ってきます。

首を支えてくれるだけで全然違ってきます。

関連記事旅行におすすめのネックピローを紹介!長時間のバス移動・深夜便フライトに必須!【押すだけで膨らむ】

ノイズキャンセリングヘッドホン

次に紹介するのがノイズキャンセリングヘッドホンです。
ノイズキャンセリングヘッドホンは、 音がうるさい場所なので作業をする時は音楽を聴く時に使いますが、移動中の機内でも役立ちます。

飛行機の機内の中はあなたが想像する以上にうるさいです。
これはノイズキャンセリング品は使ってみないと分からないですが、全然違います。

僕はソニーの「WH-1000XM3」を使っていますが、3万円以上ぐらいするので簡単には買えないと思います(普段使いにもおすすめですが)。

ただ、ノイズキャンセリング機能が付いたヘッドホンやイヤホンは、基本的に値段が高くなるので、安くすますなら、耳栓でもOKです。
耳栓でもあるとないのとでは、全然違います。

騙されたと思って是非何か騒音を軽減するようなものを持って行ってみてください。

LCCの機内を快適に過ごすコツ

上記では、LLC機内で快適に過ごすサービスやグッズについて紹介しましたが、飛行機に乗る前の過ごし方も大事です。

飛行機に乗る前には

  • 水分を取るようにする
  • 空港ラウンジでゆっくりする

の2つの行動を意識してみてください。

機内では水分を取るようにする

機内にはできるだけ水分を取るようにしましょう。

飛行機移動した後に「だるい」感覚になる人も多いと思います。
それは、長時間座っていたりするのも原因ですが、「水分不足」も大きな原因です。

機内はかなり乾燥している上に、必要な水分量を取れていない人がほとんど。
その証拠に、機内では頭がぼーっとしがちです。

水分が足りていないと、エコノミー症候群にもなりやすくなります。

ただ、LCCだと機内食を頼んでないと出ませんし、機内で購入する水分は高め。
なので、手軽に水分がとれません。

そこで、自分自身で機内に水分を持ち込むようにしましょう。
手荷物検査前から液体物の制限があるので、外からの持ち込みはできる量が決まっているので注意してください。

【国際線機内持ち込みの液体物】機内に持ち込む時の3つのルールと持ち込めるもの・持ち込めないもの

2019年11月6日

手荷物検査後に購入したものならOKなので、免税エリアで水分を買うのがおすすめです。
機内で購入するより安く済みます。

無料で飲めるウォーターサーバーがある空港などでは自分の水筒などに入れて、機内に持ち込んでもいいですね。

機内で飲むアルコールは、地上よりも3倍酔いやすいので、注意してください。

空港ラウンジでゆっくりする

飛行機に乗る前にできるだけリラックスすることも大切です。
そこで使えるのが空港ラウンジ。

空港ラウンジは特定の人しか入れなかったり、利用料が高かったりしますが、プライオリティパスがあれば、世界中の空港ラウンジを無料で使うことができます。

プライオリティパスは「楽天プレミアムカード」を入手するのが1番安くておすすめです。

>>プライオリティパスの取得方法についてはこちら

楽天プレミアムカード
  • 無料で空港ラウンジが使い放題
  • 海外旅行保険が自動付帯している
  • 楽天ポイントが貯まりやすい
  • 【期間限定】5,000円分のポイントゲットキャンペーン中

LCCの機内で快適に過ごすグッズ・サービスまとめ

LCCの機内を快適に過ごすためのサービスやグッズを紹介しました。

最後に飛行機に乗るときは、できるだけゆるめの服を着るようにしましょう。
靴よりもサンダルがオススメです。

夏などでも機内の中はエアコンがキツイ場合があるので、羽織れる長袖も一緒に持っていくことを忘れないようにしましょう。

ピーチの国際線のチェックインの詳細と流れを解説【オンラインチェックインは無い】

2019年10月30日

ジェットスターのオンラインチェックインの利用方法【超簡単】

2019年7月4日

記事のタイトルとURLをコピーする
ブログ記事やSNSで紹介していただけるとありがたいです。