【数百円で500誌以上の雑誌読み放題】楽天マガジンの申し込み方法や支払い方法を解説【評判あり】

楽天マガジンってどういうサービスなんだろう?

良さそうだったら、申し込み方や支払い方法を知りたいなぁ。

この記事では楽天の雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」について詳しく紹介します。

楽天マガジンは、たった月額418円(税込)で、500誌以上が読み放題できるサービスです。

楽天マガジンの専用アプリを使えば、オフライン環境でも読むことができるので、移動中の電車や飛行機の中でも好きな雑誌を読むことができます。

記事内では

  • 楽天マガジンのサービス内容と利用するメリット
  • 楽天マガジンの料金プランと支払い方法
  • 楽天マガジンの評判
  • 楽天マガジンの申し込み方法

について具体的に解説していきます。

記事を読めば、楽天マガジンがどういうサービスで、利用することで得られるメリットが分かります。

また、支払い方法や申し込み方法も解説しているので、申し込みたい人の参考になると思います。

2つある料金プランのどちらを申し込んでも、申込みから31日間は無料で使えるので、雑誌をたくさん読む人はぜひ申し込んでみてください。

  • 31日間は無料
この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。1月〜9月までタイで過ごし、成田での自主隔離を終え、現在は香川に住んでいます。(詳しいプロフィールはこちら
気分だけでも台湾旅行

台湾の旅行会社「KKday」主催で4月16日から5月16日まで東京タワー近くで台湾祭が開催されます。

前売りチケットは800円〜

チケット料金に「台湾パイナップル」と「エコバック」が含まれています。

東京近辺にお住まいの人はチェックしてみてください!

⇒詳細はこちら

楽天マガジンのサービス内容と利用するメリット

まず最初に楽天マガジンがどういうサービスなのか、使うことでどういうメリットがあるかについて紹介していきます。

楽天マガジンを読むことで得られるメリットはたくさんありますが、この記事では以下の4つに絞って解説します。

  1. 500誌以上の雑誌が読み放題
  2. オフラインでも読める
  3. 1アカウントで5デバイスまで使える
  4. 記事の内容で検索できる

格安で500誌以上の雑誌が読み放題

まず楽天マガジンの1番のメリットは、定額で500誌以上の雑誌が読み放題なので、雑誌を何冊読んでもお金が無駄にならないということです。

一般的に雑誌1冊は500円以上するので、雑誌1冊を購入するよりも安い!
それでいて、500誌が読み放題なので、コスパがいいですよね。

たとえば、500円の雑誌を10冊買ったら、5,000円です。
でも同じように、楽天マガジンで10冊読んでも418円です(月額プランの場合)。

どれだけお得か分かりますね。

「読み放題だからと言って無名の変な雑誌ばかり読めるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

読むことができる雑誌は

  • 定期刊行(週刊誌や月刊誌など一定期間ごとに最新の雑誌が読めるもの)
  • ムック・別冊(不定期更新の雑誌)

の2種類があります。
以下のような雑誌が読み放題となっています。
500誌ある中のほんの一部です。

定期刊行される雑誌で代表的なものは以下の通りです。

  • 週刊ダイヤモンド
  • ダイヤモンドZAi
  • 週刊ファミ通
  • 週刊アスキー
  • ゴシップ系週刊誌(週間文春、週間大衆、FRIDAY、週刊現代、週刊新潮)
  • 女性自身
  • 女性セブン
  • 週刊東洋経済
  • 週刊プロレス
  • SPA!
  • 週刊ベースボール
  • テレビジョン
  • 男性向けファッション誌(MEN’S NON-NO)
  • 女性向けファッション誌(anan、ar、ViVi、CanCam、non-no)
  • イングリッシュジャーナル
  • 将棋世界
  • 日経エンタテインメント
  • ザ・テレビジョン
  • つり人
  • 東京カレンダー
  • ダ・ヴィンチ
  • デジタルカメラマガジン
  • 日経エンタテインメント!
  • ナショナルグラフィック日本版
  • 日刊トレンディ
  • 日刊マネー
  • 日経ウーマン
  • ねこのきもち
  • DIME
  • VOCE
  • ディズニーファン
  • NHKガッテン
  • おとなの週末
  • 田舎暮らしの本
  • 大人の隠れ家
  • ゴルフダイジェスト
  • カー・マガジン
  • 月刊アニメージュ
  • 関西ウォーカー
  • 月刊エンタメ
  • サッカーダイジェスト
  • 週間エコノミスト
  • パチスロ必勝本
  • 世田谷ライフマガジン
  • 園芸ガイド
  • たまごクラブ
  • ひよこくらぶ

このように誰でも知っている雑誌が多いです。

毎月購入する雑誌があっても、時には内容がハズレの時もありますよね。

そんな時は「お金無駄にしたなぁ」と思ってしまいますが、楽天マガジンなら他の雑誌も読めるので、そんな感情になることがありません。

楽天マガジンであれば、払ったお金以上の価値を感じれる!

現在読むことができる雑誌タイトルは楽天マガジンの公式サイト内にある「参加雑誌一覧」で確認できるので、どんな本を読めるのかチェックしてみてください。

公式楽天マガジン

ページ前半には定期的に出版される「定期刊行」が五十音順で、ページ後半部分には不定期で出版される雑誌が並んでいます。

オフラインでも読める

楽天マガジンは、スマホ・タブレット用の専用アプリがあり、Wi-Fiに繋がっている時に雑誌のデータをダウンロードすることで、ネットが繋がっていないオフライン環境でもアプリで雑誌を読むことができます。

また、お気に入り登録をしている雑誌はWi-Fiに繋がっている時に自動的にダウンロードしてくれます。

よく読む雑誌をお気に入り登録していれば、場所を選ばず、自分の好きな雑誌を読むことができますね。

1アカウントで5デバイスまで使える

楽天マガジンは、楽天マガジンを契約した楽天アカウトで5デバイスまで楽天マガジンのサービスを利用することができます。

楽天マガジンは

  • スマホ
  • タブレット
  • PC

のどれでも読むことができるので、どのデバイスを持っている人でも使えます。

1アカウントで使えるパソコンは2台までです。

アップル製品で揃えている人は、iPhone、iPad、Macbook、i Mac全てのデバイスで読めるということですね。

一家に一台、楽天マガジンが使えるタブレットなんかをリビングに置いておけば、家族全員が好きな雑誌を読むことができるね!

記事の内容で検索できる

楽天マガジンでは、キーワードを打ち込んで記事の検索をすることができます。

知りたいこと、興味あることをキーワード検索するだけで、どの雑誌に書かれているかすぐに分かるということです。

本屋であれば、本を手に取って、目次を読んだり、ページをめくって探す必要があるので、かなりの時間の節約になります。

  • 31日間は無料

楽天マガジンの料金プランと支払い方法

楽天マガジンのサービス内容について解説したので、料金プランと支払い方法について解説していきます。

楽天マガジンは2つのプランがあり、楽天ポイントでの支払いが可能です。

楽天マガジンの料金プラン

楽天マガジンの料金プランは以下の2種類です。

プラン料金
月額プラン418円(税込)
年額プラン3,960円(税込)

プラン名から分かるように、月額プランなら月々の支払い、年額プランなら1年に一回まとめて料金を支払います。

数カ月だけ使うのなら、月額プランの登録でOK。

毎月読む雑誌があって、読み放題の対象になっているなら雑誌1年ぐらい使うと思うのなら、年額プランがおすすめです。

年額プランだと、1カ月あたりの料金は330円となり、月額プランで契約するよりも1年間で1,056円お得になります。

年間プランの方が2カ月分以上お得ということだね!

料金プランはいつでも変更可能なので、「月額プランで契約したけど、長く使いそうだから年額プランにしようかな」という場合も問題ありません。

「ご契約内容の確認・変更」から「ご利用のプラン/料金」の横にある「変更する」を選択するだけです。

どちらのプランを申し込んでも、申し込みから31日間は無料体験期間となります。

楽天マガジンの支払い方法

楽天マガジンの支払い方法は以下の3つです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 楽天ポイント

クレジットカードやデビットカードで料金を払えるのは一般的ですが、楽天のサービスということもあり、楽天ポイントでも払うことができます。

楽天ポイントは通常の楽天ポイントだけでなく、期間限定ポイントも利用可能です。

有効期限を過ぎてしまうと失効されてしまう期間限定ポイントは、ポイントを使うために無理に買い物しがちですが、楽天マガジンの利用料金の支払いとして有効活用できますね。

申込みをする時に、楽天ポイントを何ポイント使うかを設定します。

  • 31日間は無料

楽天ポイントで全額払うこともできるから、人によっては実質無料で楽天マガジンを利用することもできるね!

楽天ポイントで全額支払う場合でもクレジットカードまたはデビットカードの登録は必須です。

楽天マガジンの評判

僕だけの感想だけだと一方的な情報になるので、楽天マガジンの利用者の評判を集めてみました。

今回紹介するものは

  1. コスパ
  2. オフライン機能
  3. 読める本の多さ

についての評判です。

コスパに関する評判

楽天マガジンの料金に対しての満足度。
つまり、コスパはどうなのかという評判を紹介します。

楽天マガジンは安くて、500誌が読み放題ということで、「コスパがいい」という評判が多いです。

たった数百円で雑誌が読み放題なのはいいですよね。

たくさんの雑誌を読めるので、幅広く情報をゲットすることができます。

僕自身よく読むのはガイドブックです。
日本で大人気のガイドブックである「るるぶ」は国内・海外合わせて69冊が読み放題の対象です。

本来、旅行に行くたびに目的地のことを書いたるるぶが必要ですが、楽天マガジンなら読み放題なので、わざわざ何冊も買う必要がありません。

関連記事【初月無料】るるぶ読み放題サービス3選【電子書籍は旅行に最適】

他にも「まっぷる」や「ことりっぷ」などの旅行雑誌を読むことができるよ!

オフライン機能に関する評判

楽天マガジンは、雑誌のデータを端末にダウンロードできるので、オフライン機能に関する評判もいいです。

ネットが使えない飛行機でもダウンロードしておいた雑誌が読めるので、暇つぶしになりますね。

また、美容院でも導入しているところもあります。

本来なら毎月ファッション雑誌や女性誌など数冊購入しないといけないのに、楽天マガジンを契約していれば、定額で読み放題なのでお金が無駄になりません。

また、雑誌を買いに行く時間と手間も節約できます。
賢いですね。

さらに今だとコロナ対策にもなるね!

雑誌だと、一冊づつ消毒しないといけませんが、紙だしやりにくい上に、1ページずつ消毒するのは短時間では不可能です。

その点、タブレットなら、消毒液を含ませた布なんかで、画面ひと拭きするだけで消毒が完了します。

読める本の多さへの評判

楽天マガジンは500誌の雑誌が読めます。

したがって、自分が興味があることを書いてある雑誌をたくさん読むことができます。

女性向けの雑誌から、競馬の情報をまとめた「Gallop」という男性向け雑誌まで幅広く取り扱っています。

今まで興味がなかったことも楽天マガジンで読んだ雑誌がきっかけで興味を持つこともありそうですね。

以前は「450冊が読み放題」となっていたので、今後も読み放題対象の雑誌が増える可能性もあります。

楽天マガジンでは、国内の雑誌だけでなく、海外の雑誌も読むことができます。

英語で書かれているのは、読むだけで英語の勉強にもなりますね。

楽天マガジンの申し込み方法

楽天マガジンに興味を持った人向けに、どのように申し込むのかを具体的に解説していきます。

簡単に以下の5つのステップで申し込むことができます。

  1. サイトにアクセス
  2. 楽天会員としてログイン
  3. クレジットカード情報の登録
  4. プランの選択
  5. 支払いに利用する楽天ポイントの設定

サイトにアクセス

まずは楽天マガジンの公式サイトにアクセスします。

スマホ・タブレット・PCどのデバイスからでもOKです。

>> 楽天マガジン

ログイン

申込ボタンを押した後は、楽天会員としてログインするために

  • ID
  • パスワード

を入力します。

楽天会員アカウントを持っていない人は、新規登録が必要です。

クレジットカード情報の登録

楽天マガジンの支払いに使うクレジットカードまたはデビットカードのカード情報を登録します。

利用料金を全額楽天ポイントで支払う場合も、登録必須です。

プランの選択

楽天マガジンの「月額プラン」または「年額プラン」のどちらで申し込むかを選択します。

申込後いつでもプランの変更は可能です。

支払いに利用する楽天ポイントの設定

最後に楽天マガジンの料金の支払いに何ポイントの楽天ポイントを使うかを設定します。

楽天マガジンを申し込むと、自動的に31日間の無料体験期間が始まります。

無料体験期間中に解約した場合、料金は一切かからないので安心してください。

32日目に利用料金が決済されます。

申込みが完了すれば、アプリをダウンロードして読みましょう!

楽天マガジンの申し込み方法や支払い方法まとめ

雑誌読み放題サービスの楽天マガジンの申し込み方法や支払い方法について紹介しました。

たった数百円で500冊以上の雑誌が読み放題なので、コスパがいいサービスだと思います。

雑誌をよく読む人はぜひ申し込んでみてください。

  • 31日間は無料

【初月無料】るるぶ読み放題サービス3選【電子書籍は旅行に最適】

2019年11月29日

記事のタイトルとURLをコピーする