万が一の貴重品盗難・紛失のために事前にしておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

海外では気をつけていても、盗難、強盗などの被害にあることがあります。

そういった万が一のことに備えて前もってしておくべきことを説明します。

しておいて損はないんでぜひ記事を読んで実践してみてください。

スポンサーリンク

カードの紛失・盗難に備えてしておくべきこと

カード会社の連絡先を調べておく

カードを紛失または盗まれた後は、クレジットカードが不正に利用されるのを防ぐためにカードを止める必要があります。
そのために、カードがなくなったことが分かった時点からできるだけ早くカード会社に連絡する必要があります。

すぐに連絡し、カードを止めるために事前に「カード会社の緊急連絡先」を調べておきましょう。

カードを登録した時の住所や携帯電話番号をメモしておく

クレジットカードを止めるときなどに、電話越しで本人確認のため個人情報を聞かれます。

聞かれることはカード会社によって違いますが、僕が聞かれたのは、名前、生年月日、住所、電話番号、最後にカードをいつ何に使ったか、カード番号、支店名でした。

カード会社に登録している電話番号や住所を言えるようにしときましょう。
僕は昔の携帯電話番号を登録しておいたので完全に忘れてしまっていました。

あと、登録住所はできるだけ実家にしておくといいです。
カードの紛失を報告すると、カード再発行手続きの用紙が登録されている住所に発送されるからです

一人暮らしをしていて、引き払っている家の住所で登録している人は海外に行く前に、実家や信頼できる人の家に住所を変更しておきましょう。

必要なデータはクラウドとメモに保存しておく

モノを盗られたときでも、不便が無いように必要な情報はメモをしたり、写真に撮っておきましょう。

スマホなどのメモ機能だけだと、それを盗られてしまった時点でわからなくなってしまいます。
そのようなことを防ぐために、クラウドサービスであるEvernote、dropboxやGメールなどで自分宛に送信しておくなどして記録しておきましょう。

また、電子機器がすべて盗まれることも考えて、手書きのメモにも記録しておくと安心です。

保存しておくべきデータ

  • クレジットカード情報
  • クレジットカード会社の緊急連絡先
  • キャッシュカード情報
  • キャッシュカード会社の緊急連絡先
  • 海外旅行保険の証券番号
  • 海外旅行保険の緊急連絡先
  • パスポート番号
  • 所持品の写真
  • ネット銀行にログインするためのパスワード

お金を分散しておく

お金を分散することはリスク分散になります。

一つの場所にお金を置いておくと、それを盗られた時点で0になります。

サブの財布やジャケットのポケットなどにお金を分散しておきましょう

僕は同じバッグの中で分散していて、バッグごと盗られたので意味がありませんでした。

海外旅行保険のために

自分の所持品の写真を撮っておく

海外旅行保険の適応を受ける時に、自分が盗られたものを自分が持っていたという証明があるといいです。
そのために、自分の所持品の写真を撮っておきましょう。

モノだけの写真だけでもいいのですが、自分も写っていたり、自分の証明になるもの(パスポートの名前のページ、自分名義のクレジットカードなど)と一緒に写真を撮っておくとよりいいです

モノを買ったレシートは残しておく

海外旅行保険の適応を受ける時に、盗まれたものに金銭的価値を計算されてから保険金がでます。
購入から使用年数が長ければ長いほど、その分価値は下がる「減価償却式」で計算されるようになっています。
そこで、購入金額と購入日が分かるレシートがあれば明確に証明することができます

ほとんどの人はレシートは購入後すぐに捨ててしまうと思いますが、万が一の盗難のためにレシートは保存しておきましょう。
念のためにレシートの写真を撮っておくとなおいいでしょう。

写真をクラウドに保存しておく

もしカメラや写真の入ったスマホ、タブレット、パソコンやハードディスクを盗まれたとしても、クラウドに写真を保存していれば写真を失いません。

こまめにクラウドにアップするようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。