【海外旅行の防犯対策】貴重品盗難・紛失のために事前にしておくべきことまとめ



海外では気をつけていても、誰であっても盗難、強盗などの被害にあうことがあります。
特に日本人はターゲットにされやすいです。

そういった万が一のことに備えて前もってしておくべきことを説明します。

事前にしておいて損はないのでぜひ記事を読んで実践してみてください。

記事に書いてあることをしておけば、盗難や紛失が起きた場合でも、被害を最小にすることができます。

現金・クレジットカードの防犯対策

お金やクレジットカードは分散して管理しておくようにしましょう。
分散することはリスク分散になります。

一つの場所にお金を置いておくと、それを盗られた時点で0になります。

サブの財布やジャケットのポケットなどにお金を分散しておきましょう。

僕は同じバッグの中で分散しているのはあまり意味がありません。
僕自身もバッグごと盗られたので意味がありませんでした。

南米チリで盗難被害にあったので、被害の詳細と原因をまとめてみた

2017年2月19日

現金とクレジットカードの管理に関しては別の記事に詳しく書いています。

海外旅行中の現金の持ち歩き方【分散・少額持ちが基本】

2018年2月22日

海外でクレジットカードを紛失・不正利用される前に事前にしておくべきことまとめ

2019年10月15日

海外旅行時のデータの防犯対策

必要なデータはクラウドとメモに保存しておく

モノを盗られたときでも、不便が無いように必要な情報はメモをしたり、写真に撮っておきましょう。

スマホなどのメモ機能だけだと、それを盗られてしまった時点でわからなくなってしまいます。

そのようなことを防ぐために、クラウドサービスである

  • Evernote
  • Dropbox

などのアプリを使ったり、メールなどで自分宛に送信しておくなどして記録しておきましょう。

また、電子機器がすべて盗まれることも考えて、手書きのメモにも記録しておくと安心です。

保存しておくべきデータ

  • クレジットカード情報
  • クレジットカード会社の緊急連絡先
  • キャッシュカード情報
  • キャッシュカード会社の緊急連絡先
  • 海外旅行保険の証券番号
  • 海外旅行保険の緊急連絡先
  • パスポート番号
  • 所持品の写真
  • ネット銀行にログインするためのパスワード

海外旅行におすすめなクラウドサービス5選【大事な写真データを守る】

2018年5月10日

写真データはクラウドに保存しておく

もしカメラや写真の入ったスマホ、タブレット、パソコンやハードディスクを盗まれたとしても、クラウドに写真を保存していれば写真を失いません。

こまめにクラウドにアップするようにしましょう。

海外旅行中の写真データの管理方法を解説!クラウドに保存して、あらゆるリスクから思い出を守ろう!

2016年5月20日

海外旅行時のパスポートの防犯対策

海外でパスポートをなくさないようにすることが一番ですが、盗難・強盗などが起こる可能性は0ではありません。

その場合、パスポートの新規再発行スムーズにするために、なくす前にしておいた方がいいことがあります。

まず、

  • 自分のパスポート番号
  • 発給された日時

をどこかにメモしておきましょう。
また、パスポートのコピーをとっておき、パスポートと別に保管しておきましょう。

さらに、コピーも盗られた場合に備えて、パスポートをスキャナーを使って取り込んだり、カメラで写真を撮り、クラウド上に保存したりしておきましょう。

パスポートが盗まれた場合のためだけで言えば、本人確認がスムーズに行われるために顔写真が入っている「日本の免許書」を海外にも持っていき、パスポートと別々に保管しておくこともお勧めします。

海外でパスポートを紛失した後にすべきこと(新規再発行・渡航書の申請)

2017年2月21日

海外旅行保険の適応を受けるためにやっておくべきこと

自分の所持品の写真を撮っておく

海外旅行保険の適応を受ける時に、自分が盗られたものを自分が持っていたという証明があるといいです。
そのために、自分の所持品の写真を撮っておきましょう。

モノだけの写真ではなく、モノと自分が一緒に写っている写真を撮っておきましょう

モノを買ったレシートは残しておく

海外旅行保険の適応を受ける時に、盗まれたものの時価額を計算されてから保険金がでます。

購入から使用年数が長ければ長いほど、その分価値は下がる「減価償却式」で計算されるようになっています。

そのため、購入金額と購入日が分かるレシートがあれば明確に証明することができます

ほとんどの人はレシートは購入後すぐに捨ててしまうと思いますが、万が一の盗難のためにレシートは保存しておきましょう。
念のためにレシートの写真を撮っておくとなおいいでしょう。

海外旅行保険の保険金請求手続きの流れ・方法(盗難の場合)

2018年2月23日

まとめ:海外旅行時は事前に防犯対策しておこう

今回は万が一の場合に備えて、事前にしておくべきことを紹介しました。

誰だって自分のモノやお金は盗まれるのは嫌ですが、どんなにこっちが頑張っても被害にあってしまうこともあります。

この記事で書いていることは最低限のことなので、万が一のためにしっかりと実行しておくことをオススメします。

また、貴重品と言っても、現金、スマホ、タブレット、パソコン、カメラなどたくさんありますが、その貴重品の中でも絶対に盗られてはいけないものは

  • パスポート
  • クレジットカード

の2つです。

この2つが盗られると、しなければいけないことが出てくる上に、旅の予定に支障が出たり、最悪の場合帰国しなければいけなくなる可能性が出てくるので特に気をつけてください。

世界一周の持ち物(防犯グッズ)

2016年4月18日

海外旅行にAmazonプライムがおすすめな理由

2018年5月6日

海外旅行に役立つおすすめ無料アプリ26選

2015年4月7日
この記事のタイトルとURLをコピーする