海外旅行中のお金の持ち方・管理方法



海外旅行中は、現金とクレジットカードをどのように管理するのがいいのでしょうか。

きちんと管理していないと、簡単に盗まれ、取り返しのつかないことになりかねません。

きちんと防犯対策をしておくことで、万が一の場合にも被害が少なくてすみます。

ここでは、どのように持つことが防犯対策になるのかを説明していきます。

現金とクレジットカードの管理方法

海外では日本と同じような気持ちでお金を持ち歩かないようにしてください。

海外でのお金の持ち方の基本は「現金はできるだけ持ち歩かず、クレジットカードを多用する」です。

こうすることで、現金だけで旅行するよりも防犯対策にもなり、お得になることは別の記事で説明しました。

海外旅行中はクレジットカード払いを多用するべき3つの理由

2018.02.16
今回は海外にいるときは、どうやって現金とクレジットカードを管理するかについて書いていきます。

海外にいる時の現金の管理

できるだけ現金を持ち歩かない方がいいのは確かですが、現金を全く持たないで旅をすることはできません。

クレジットカード使える場所はだんだん増えていますが、小さな商店や食堂、まだ発展途上の国などの店ではクレジットカードが使えない場合がまだたくさんあります。

そのため、必要最低限のお金は持つべきです。

現金は複数の場所に分散して持つ

お金を持つときの基本ですが、現金は分散させて管理するようにしましょう。

日本だとお金は財布にだけ入れるのが普通ですが、海外では財布だけでなく、貴重品ベルトやバックパックなどに分散して持つようにしてください。

旅人の中には、靴底や服や下着に内ポケットをつくり、入れている人もいます。

お金を分散させて持つことで、たとえ1つが盗まれたとしても損害が少なくなります。

僕は、チリで盗まれた時はバックごと盗まれたときは身に着けていた財布は無事でしたが、貴重品ベルトに入っていた現金を全て盗まれました。

分散させておいたことで被害は多少は少なくなりましたが、もっと分散させておくべきでした。

南米チリで盗難被害にあったので、被害の詳細と原因をまとめてみた

2017.02.19

なるべくこまめに下ろし大金を持たない

現金を持つときは、なるべく大金を持たないことが大切になります。

そのために、特に治安の悪いと言われている地域では、お金を降ろすときに「限度額いっぱいに引き出すこと」はできるだけ避けた方がいいでしょう。

ATMの手数料を考えると、いちいち引き出すとその都度手数料がかかってしまうのでもったいないと思うかもしれませんが、盗まれることを考えればまだましです。

一緒にいる人とお金を一緒におろしたり、できるだけ手数料の安いATMを探すなどの工夫をすることができます。

海外にいる時のクレジットカードの管理

クレジットカードは複数持ち&分散させる

まず第一に海外に行くときは、クレジットカードを複数持っておきましょう。

クレジットカードを複数持つことでリスクを避けることができます。

クレジットカードは盗まれやすいものの一つです。

クレジットカードを1枚だけしかもっていない場合、盗まれたりした時点で終わりです。

そういうリスクを避けるためにも、クレジットカードは絶対に2枚以上持つようにしましょう。

また、それらのクレジットカードは、現金と同じように別々の場所に分散して保管しておくことが大切です。

複数のクレジットカードを持っていたとしても、同じバッグに入れていて、それを盗まれたら1枚しか持っていないことと同じです。

ATMにカードが吸い込まれることもある

クレジットカードは盗まれること以外にも、お金を引き出すときにATMに吸い込まれることがたまにあります。
これは南米や中国で起こることが多いです。

ATMにクレジットカードをが吸い込まれると、銀行の人に出してもらわなくてはいけません。

そうなると時間がかかりますし、銀行が休みの日などに吸い込まれると、数日待たなくてはいけないことも起こります。

友達などと行動していればお金を借りることができるかもしれませんが、普通の宿で他の宿泊者や宿の人にお金を借りるのは難しいです。

そういう万が一の状況を避けるためにもクレジットカードは複数も持ち、別々に保管するようにしましょう。

限度額を下げておく

クレジットカードの防犯対策として有効なのが、クレジットカードの利用限度額を下げておくことも有効です。

めんどくさいですが、盗まれた時のことを考えると非常に有効な対策です。

クレジットカードはクレジットカード会社に電話をすればすぐに停止することができますが、停止するまでに不正利用される場合もあります。

また、スキミングにより、知らないうちにカードが使われるということも考えられます。

そういう時のために、普段は利用限度額と引き出し限度額を「0円」もしくは低くしておき、クレジットカードを利用する時や、ATMでお金を降ろす直前だけ限度額を上げるようにしましょう。

おわりに

海外にいる時は現金とクレジットカードは分散して管理して、現金はなるべく大金を持ち歩かない、クレジットカードは普段は限度額を下げておくようにすることが大事だと書きました。

分散して持つことは基本なのですが、長期旅行者となると、出発してすぐは分散しているのに、途中から面倒くさくなって一か所にまとめて持っている人もいます。

旅が終わるまで気を抜かずに、万が一の時のために、常に分散して持つようにしましょう。

世界一周などの長期の海外旅行にふさわしいと思うクレジットカードは下の記事にまとめているので参考にしてみてください。

世界一周(長期海外旅行)におすすめなクレジットカード3選

2017.12.29