iPhoneアプリ「been」を使って訪れた国を記録しよう

今までどこの国に行ったっけ?

世界中のどれぐらいの割合訪れたことになっているのだろう?

世界一周など長期的に海外を旅する人や、頻繁に海外旅行に行く人は、同じことを考えると思います。

それを解決してくれるための無料アプリ「been」を紹介します。

最後にアプリのインストールリンクがあるので、良さそうであればぜひインストールしてみてください。

【本日最終日】年内最後の大セールの第一弾「Amazzonブラックフライデー」開催中

Amazonブラックフライデー情報・セール対象商品まとめ(外部リンク)

この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。1月〜9月までタイで過ごし、成田での自主隔離を終え、現在は香川に住んでいます。(詳しいプロフィールはこちら

まずは、自分が行ったことのある国を記録しよう

まず「been」のアプリを起動して

  • 左上の「+」ボタン
  • 表示されている世界地図

のどちらかをタップしましょう。

すると、国が地域ごとにアルファベット順に表示されるので、自分の行ったことのある国の名前をタップして、右側にある○印にチェックを入れます。

終わったら、右上にあるナイキのロゴマークのようなボタンをタップすると、データが保存され、地図に反映されます。

「今までどこの国に行ったっけ?」を解決

トップ画面上部に表示されている世界地図は、自分がどこの国に訪れたかを示しています。

オレンジ色に塗られている国は、自分が行ったことのある国。
灰色に塗られている国はまだ行ったことのない国です。
スマホを横にすると、世界地図が大きくなり、見やすくなります。

下には、「世界地図」と「アメリカ地図」の切り替えボタンが付います。

「アメリカ合衆国」を選択すると、アメリカ国内だけの地図になり、州ごとに塗りつぶせるようになります。

「世界中のどれぐらいの割合訪れたことになっているのだろう?」を解決

世界地図の下に表示されているのは、世界を、または、その地域をどれぐらい訪れたかの割合です。

1番上に「World(世界)○○%」と表示されており、世界中で何%の国を訪れたかが分かります。

下には順に

  • Europe(ヨーロッパ)
  • Asia(アジア)
  • North America(北米)
  • South America(南米)
  • Oceania(オセアニア)
  • Africa(アフリカ)
  • Antarctica(南極大陸)

と各地域ごとに何%訪れたかが表示されています。

僕は記事更新時点で18%!
世界は広いね!

3Dで訪れた国が見れる

メイン画面にある「3D」ボタンを押すと、地球儀が表示されます。

自分の指で地球儀を自由に回すこともできますし、「▶」ボタンを押すとゆっくり地球儀が周ります。

Shareボタンを押してみよう

世界地図の画面の時に右上にある「Share」ボタンを押すことで、このアプリの内容をシェアすることができます。

ボタンを押した後に表示される「画像を保存」を押すと、何の文字もない状態の世界地図を保存することができます。

「3Dモード」になっている状態でシェアボタンを押すと、地球儀が回っている画面が録画され始めます。

100%になると、動画として保存やシェアができますよ!
Facebook、Twitter、instagramなど各SNSでシェアすることができます。
特にTwitterでシェアすると面白いです。

image投稿したツイートの「#beenapp」をクリックすると、Twitter上で同じくbeenのアプリを使って、シェアした人のツイートが表示されます。

image世界中の人がどれくらいの国を訪れているのを見てることは、結構楽しいですよ。

自分より訪れた国が多い人も見ると、もっといろんな国に行きたいなぁと思うでしょう。

beenを使って行った国の記録をしよう

行った国、また世界のどれぐらいの国を訪れたか一目で分かるこのアプリ「been」は最高だと思います。

初めての国に行って、一つの国がオレンジ色に染めることはクセになりますよ。
僕自身も少しずつオレンジの数を増やしています。

このアプリは無料ですし、気に入らなかったら削除すればいいだけなので、ぜひアプリをインストールしてみてください。

been

been

無料posted withアプリーチ

関連記事海外旅行に役立つおすすめ無料アプリ26選

関連記事世界一周ルートの決め方【5ステップで作成】

記事のタイトルとURLをコピーする