ジェットスターのオンラインチェックインの利用方法【超簡単】



LCCのジェットスターのオンラインチェックインについて説明していきます。

オンラインチェックインを利用すれば、空港でのチェックイン時間を大幅に短縮することができ、とても便利です。

そこでこの記事では

  • オンラインチェックインはどういうものか
  • オンラインチェックインの方法
  • 搭乗までの流れ(写真付き)

について解説していきます。

「ジェットスターのオンラインチェックインを利用してみたいけど、難しそうだな」と思っている人は参考にしてください。

うまく利用すれば、時間に余裕が生まれます。

ジェットスターのオンラインチェックインのメリットは大幅な時間短縮

ジェットスターのオンラインチェックインとは、普通のチェックインをする代わりに、スマホアプリやウェブでチェックインすることです。

オンラインチェックインにお金などは一切かからず、誰でもネット環境さえあれば利用することができます。

ジェットスターでは、専用のスマホアプリがあるので、それを使えば、より簡単にオンラインチェックインが可能です。

日本国内線であれば、出発予定時刻の48時間前から35分前までの間にオンラインチェックインすることができます。

オーストラリアとニュージーランドの国内線だと、48時間前から35分前となっています。
ただし、この2つの国の国内線に限っては座席している場合、28日前からオンラインチェックインをすることができます。

注意

「代金のお支払いが完了していない人」はオンラインチェックインが使うことができません。

これは、ツアー会社などを通して航空券を買っている場合にひっかかる可能性があります。

チェックインカウンターで手続きすると時間がかかる

普通、搭乗前にチェックインカウンターが開くので、同じ飛行機に乗る人が大勢並びます。
そのため、行列ができ、並ぶだけで時間が取られます。

また、ジェットスターを含むLCCは時間に厳しいです。
そのため、1分でも遅れた場合、チェックインできないのが普通です。

オンラインチェックインを使えば時間が節約できる

その点、オンラインチェックインを利用すれば、どこでもチェックインが可能。
空港への移動中にオンラインチェックインをすれば、チェックインカウンターに並ぶことなく飛行機に直行することができます。

このようにチェックインカウンターに並ぶ時間が0になるので、時間を大幅に節約することができます。

預け荷物がある人もオンラインチェックインが便利

スーツケースやバックパックなどの預け荷物があるから、チェックインカウンター行かないとなぁ。

飛行機内に持ち込む受託手荷物(手荷物以外の預け荷物)がある場合は、チェックインカウンターでチェックイン時にタグを付けて預けます。
なので、「チェックインカウンターにどうせ行くなら、オンラインチェックインしなくていいや」と思っている人は多いはず。

僕もそう思っていて、オンラインチェックインを使っていなかったのですが、預け荷物がある人もぜひ使ってください。

オンラインチェックインをすれば、カウンターでのチェックインはしなくていいので、普通のチェックインカウンターに並ぶ必要はありません。

オンラインチェックインをした人で預け荷物がある人専用のカウンターがあるので、そこで預け荷物を預ければいいだけでOK。
こちらでは荷物を預けるだけなのですぐですし、そもそも使う人があまりいないです。

補足

空港によっては、専用カウンターがない場合もあります。

ジェットスターのオンラインチェックインの利用方法

ジェットスターのオンラインチェックインをする方法は2つあります。

  1. ジェットスターアプリを使う方法
  2. ウェブからチェックインする方法

どちらの方法を使ってもいいですが、ジェットスターアプリの方が簡単です。

ジェットスターアプリを使う場合

まずはジェットスターのスマホアプリを開きます。

まだインストールしていない人は、下のリンクからインストールしてください。

ジェットスター

ジェットスター

posted withアプリーチ

まず、ジェットスターのアプリを開いたら、ログインをします。

ログインが終わって、オンラインチェックインができる時間内であれば、自分が乗る便に「今すぐチェックインする」というボタンが表示されているのでタップします。

搭乗する人の名前を選択します。

オンラインチェックインをする便を選択してタップ。

予約内容が表示されます。
座席や手荷物などのオプションの確認や追加をすることができます。

追加しない人は「次へ」をタップ。

機内に持ち込みが禁止されている危険物の一覧が表示されるので、目を通し、最後に理解の同意に「はい」を選択。

搭乗券を送付するメールアドレスを入力して、「チェックインを続ける」。

「搭乗券の受取方法」のページでは「モバイル搭乗券(印刷不要)」を選択し、「チェックを続ける」。

「チェックインしました」と表示されれば、オンラインチェックインが完了です。

「搭乗券を見る」をタップすれば、QRコードのモバイル搭乗券を見ることができます。
オンラインチェックインの完了を通知するメールも送信されます。

ジェットスターのアプリでもモバイル搭乗券の画面を見せることができますが、

  • iPhoneの場合は、「Passbook/Wallet」というアプリ
  • Androidの場合は、「Wallet」というアプリ

にも追加できます。

ジェットスターアプリを使わない場合

ジェットスターアプリを使わない人は、ウェブからチェックインをすることができます。

ジェットスターのサイトに飛び、「今すぐチェックイン」を選択し、重要事項の確認のチェックをしていきましょう。

チェックインが終われば、メールアドレスの入力欄が表示されるので、スマホで使えるアドレスを入力します。

そうすることにより、入力先のアドレスにメールが届くので、開き、「モバイル搭乗券を保存」を押して、スマホに保存しましょう。

国際線の場合はブラウザからオンラインチェックインすると印刷必須

台湾から日本までジェットスターを利用した時にオンラインチェックインをウェブからしたところ、モバイル搭乗券の選択肢が表示されず、PDFファイルの印刷が必須でした。

国際線の場合は、モバイルアプリからのオンラインチェックインをおすすめします。

ジェットスターのオンラインチェックイン後の搭乗までの流れ

オンラインチェックインをした人は飛行機に搭乗するまでどのような流れなのかを説明していきます。

荷物を預ける(預け荷物がある人)

本来チェックイン手続きをする必要があるのですが、手荷物だけの人はそのまま荷物検査の方へ進みましょう。

預け荷物がある人は、カウンターで荷物を預けます。
オンラインチェックインをした人専用のカウンターがあるかどうかは空港によって違うので、係の人に効いてみてください。

荷物検査

入口でスマホの画面を見せます。

アプリを起動してモバイル搭乗券を表示させると、自動的に画面が明るくなります。

搭乗時

飛行機に乗る前も同じようにモバイル搭乗券を表示させます。

係員の人が機械で読み取ってくれるので、そのまま飛行機に乗ることができます。

まとめ:ジェットスターのオンラインチェックインは利用して損はない

ジェットスターのオンラインチェックインについて説明しました。
どれだけ便利か分かってもらえたと思います。

ネット環境があるのなら、オンラインチェックインを使わない手はないです。
ぜひ、うまく利用して、時間を節約してください。

関連記事ジェットスターに乗り遅れたら振替便を利用しよう

関連記事東京都内から成田空港まではバス移動がおすすめな5つの理由

この記事のタイトルとURLをコピーする
るるぶ読み放題キャンペーン

日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題できる「ブック放題」というサービスがあります。

100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

海外旅行中をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。