世界一周の持ち物(貴重品類)



世界一周の持ち物の中でも盗まれてはいけない貴重品についてまとめました。

お金以外にもどのような証明書を持つべきなのかを説明しています。

貴重品は基本的に分散して持つようにしましょう。

パスポート関係

パスポート

荷物の中で1番大切な持ち物がパスポートです。

パスポートは海外であなたが「日本人であるということ」を証明してくれる唯一のものです。

そのパスポートをなくしてしまえば、パスポートをなくした時点で証明書をなくすということなので、しばらく他の国に移動することができなくなってしまいます。

パスポートは各国の大使館で手続きすることで再発行することができますが、時間もお金もかかるので避けたいところです。

【速報】日本のパスポートが世界1位になりました

2018.10.18

パスポートカバー

パスポートには専用のカバーを付けた方がいいです。

持ち物の中でで1番大切なパスポートですが、パスポート自体は紙でできています。

そのため水に弱く、水に濡れるとパスポートがふにゃふにゃになってしまいます。

他にも傷が入ったり破れたりすることが考えられます。

パスポートにはカバーをつけてつけることで、そのようなことを防ぐことができます。

また、パスポートのスキミングから守るものもあるので、セキュリティ対策にもなります。

パスポートのコピー

パスポートの顔写真のところをコピーしたものも持っておきましょう。

そして、海外で歩き回るときは、パスポート本体は宿のロッカーなどに入れておき、コピーを持ち歩くようにしましょう。

こうすることによって強盗に遭遇した時も、パスポート自体が盗まれることを避けられます。

パスポートのコピーであっても、あなたが日本人であることを証明することもできます。

また、パスポートを再発行する際にもパスポートのコピーがあると、手続きがスムーズに進みます。

スキャンしなくても、パスポートの写真を撮っておくことでも大丈夫です。

海外でパスポートを紛失した後はパスポート新規再発行しよう

2017.02.21

お金関係

財布

お金を入れる財布。
財布はお金が入れば、基本的にいいのですが、避けて欲しいのは「ブランド物と分かる長財布」です。

長期旅行に置いてブランド物を持つメリットはありません。

逆にブランドものだと分かるものを見られると、お金持ちだと思われ、スリや強盗のターゲットになる確率が上がります。

好きなブランドのモノを持っていきたい人であっても、ロゴなどが分からないあまり目立たないものを持っていきましょう。

また長期旅行には行って荷物は小さい方がいいです。

そのため長財布はできるだけやめておいた方が良いです。

お札を曲げるのが嫌な方もいるかもしれませんが、海外にいるときはできるだけコンパクトな財布、つまり折りたたみの財布を使うことをお勧めします。

アメリカドル

お金の持ち方としては、クレジットカードや国際キャッシュカードを使って現地通貨を引き出しなが旅をするのが1番いいです。

しかし、ATMがすぐに使えない状況の時や、少額のお金だけ欲しい時には両替をすることになるでしょう。

日本円は両替することができないことがありますが、基本的にどこの国でもアメリカドルは両替することができます。

そのため、いくらかのアメリカドルは持っておいた方がいいと思います。

海外旅行中のお金の持ち方・管理方法

2018.02.22

カード関係

クレジットカード

クレジットカードはパスポートに次いで大事な貴重品です。

例え他の持ち物を盗まれたとしても、クレジットカードさえあれば、買い物をすることができますし、ATMから現地のお金を引き出すことができます。

僕自身もチリでバッグごと盗まれたときにクレジットカードを全部盗まれなかったので、そのまま旅を続けることができました。

クレジットカードと一言に言っても、クレジットカードはたくさんの種類があります。

年会費が無料のもの、海外旅行保険が付帯しているもの、ポイントやマイルが貯まりやすいものなど様々です。

その中でも、空港ラウンジが使い放題になるプライオリティパスが無料で取得できる「楽天プレミアムカード」は絶対に持ってきたいクレジットカードの1つです。

世界一周(長期海外旅行)におすすめなクレジットカード3選

2017.12.29
注意

クレジットカードは審査を通らなければ手に入れることができません。

社会人の人は会社を辞めると一気に社会的信用がなくなるので、会社に務めているうちに欲しい会社のクレジットカードを作成しておきましょう。

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードとは、海外のATMを通して日本の口座から現地通貨を引き出すことのできるカードです。

クレジットカードの中にも国際キャッシュカードと同じようなことをできるものもありますが、国際キャッシュカードは現地通貨を引き出すことしかできません。

有名なのは新生銀行の国際キャッシュカード、楽天デビットカードです。

証明書関係

海外旅行保険の保険証

日本で申し込んだ海外旅行保険に加入していることを証明する保険証です。

病院で手当を受ける時などに提示する必要があります。

海外旅行保険とは何なのか。何を補償してくれるのか徹底解説!

2018.10.13

国際運転免許証

国際運転免許証を持っていれば、海外で運転することができます。

国際運転免許証の取得はすごく簡単で、、免許センターに行って簡単な手続きをするだけ。

その日のうちに国際免許証が発行されます。

東南アジアの国々では原付バイクのレンタルをしているゲストハウスなどがたくさんあります。

国によっては無免許で運転したのが見つかった場合、罰金を払わないといけないことがあります。

少しでも運転する可能性がある人は持っていっておいて損はないでしょう。

イエローカード

イエローカードは黄熱病の予防接種を受けたことを証明するものです。

黄熱病の予防接種をしていないと入国できない国があります。

日本はもちろん、世界中のどこで売ってもイエローカードは入手することができます。

僕自身は体のバンコクで黄熱病の予防接種を受けたときに取得しました。

タイのバンコクで受けた予防接種の種類とかかった費用まとめ【2018年11月版】

2015.07.18

証明写真

海外で他の国のビザを取得するときに証明写真が必要な場合があります。

現地で写真をとっても良いのですがお金がかかりますし、用意する手間もかかります。

家にいらない証明写真が家にある人は持っていきましょう。

日本であれば自分のスマホのカメラで撮って、コンビニのプリンターで証明写真を印刷するということもできるので、日本であらかじめ準備しておくことをオススメします。

航空券(出国時のみ)

空路で出国する場合、空港でチェックインするときに、第三国への出国チケットの提示を求められることもあります。

国や航空会社によって航空券を求められるところと求められないところがあるので事前に調べておきましょう。

求められる可能性が高いところは「返金可能な航空券」または「価格の安い航空券」を購入しておきましょう。

航空券比較サイトを使ってLCCの航空券を検索すれば、安いものだと数百円のものが見つけることもあります。

僕自身も過去に、「ライアンエアー」と言うヨーロッパの航空会社のチケットで3ユーロのものを手に入れました。

航空券の予約はこちらから

ビザ

日本はビザ無し入国できる国が多いですが、それでも入国の際にビザが必要な国はいくつかあります。

日本出国後に行く国の中でビザが必要な国に行く場合は、その国のビザをどこでどうすれば取得できるか事前に調べておきましょう。

日本で取得できて、かつ日本出国後にこの国に行くまでそれまで間が開かない場合は日本でビザを取得していってもいいでしょう。

ブラジルビザは取得から3年間有効なので日本でとっておいてもいいと思います。

ビザ情報・国境移動まとめ

2016.01.22

まとめ:貴重品は特に準備しておこう

貴重品の中でもパスポートとクレジットカードは絶対盗まれないようにしてください。

2つが盗まれた場合は、日本に帰国しなければいけなくなる可能性がでてきます。

また、事前に貴重品のデータなどはクラウドに保存しておくなどの対策もしておきましょう。

「パスポート」と「クレジットカード」は貴重品の中で絶対に盗られてはいけない

2017.02.25

万が一の貴重品盗難・紛失のために事前にしておくべきこと

2017.03.01

期間限定Amazonサイバーマンデーセール開催中(12/11 1:59まで)







「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!