世界一周の持ち物(電子機器)

僕が持っていた荷物の中でも電気機器について紹介します。

電子機器類は出発前に揃えよう

電子機器類は日本で購入しておくことをお勧めします。
なぜなら、日本の品質は世界の中でも高く信頼できるからです

物価が安い国は電子機器も安い場合もありますが、品質が悪いことがあります。

一応それぞれの商品ページのリンクは貼っていますが、家電量販店のセールなどで安くなってこともあるので、ネットと家電量販店両方チェックして賢く安く準備しましょう。

MacBookAir11インチ

パソコンは軽くて小さいMacBook Air11インチ。
軽くて小さいのに衝撃にも強く、オススメです。
もちろんMac Book Air専用のカバーに入れて持ち運んでいます。

パソコンは必要ないという人もいますが、僕にとっては絶対に必要です。
それは、写真をパソコンに取り込み保存したり、ブログを書くからです。

どのパソコンを持っていくにしても、できるだけ軽いものを持っていくことをお勧めします

iPad Air

主に情報収集や電子書籍を読むために使っています。
スマホより画面が大きいので情報が見やすく、パソコンよりも小さいので気軽にどこでも使えて便利です。
他にも漫画や動画も入れているので、ちょっとしたリフレッシュもできます。

パソコンとタブレットの両方を持っていく人は少ないですが、僕は基本的に毎日本を読むので、スマホの画面だと小さくて目が疲れます。
2年前にiPad Airを購入していたのでそのまま持ってきました。

本だけ読めればいいやと思う人はKindleがいいですね。
アマゾンが発売しているFire タブレットも気になります。

iPod touch

僕はiPhoneではなく、iPod touchを持っています。
もともとiPhoneを持っていたのですが、ミャンマーでなくしてしまったので、一時帰国した時にiPod touchを購入しました。

iPhoneと比べて価格は安いですし、iPhoneとできることはほぼ同じなので特に問題はありません。

モバイルバッテリー

長時間の移動で充電できない時に重宝します。

海外では移動が24時間を超えたりすることもあります。
バスの中でスマホなどを使いすぎて、目的地に着いた時に地図を開こうとしても充電がないと意味がありません。

また、アジア圏の田舎町だと電気の供給が不安定だったり、ネパールでは計画停電があるので、自分が充電したいと思った時に充電することができないときもあります。

そんな時モバイルバッテリーさえあればいつでも充電することができます。

外付けポータブルHD

ポータブルHDDとは、パソコンの外につける記憶装置のことです。
データをパソコン本体に保存するとどうしてもパソコン自体の動作が遅くなったりするので、ポータブルHDDにデータを保存します。

ほとんどの人が使うのは写真データの保存です。

僕自身もクラウドにも保存していますが、ポータブルHDDにも保存しています。
ネット環境が悪いところだとアップロードできませんし、クラウドにアップした写真をすぐに見たりすることもできません。

販売されているポータブルHDDの容量は500GB、1TB、2TBの3つが多いです。

どのサイズがいいのかと聞かれても、一概にこのサイズがいいとは言えません。
デジカメよりも一眼レフで写真を撮ると画質がいいために1枚あたりの容量も大きくなりますし、写真をよく撮る人とたまにしか撮らない人とではまた違ってきます。

写真データの保存だけでなく、漫画や映画を何本も入れている人も多く、旅人同士が交換することもよくあります。

僕が会った人の中では1TBのものを持っている人が多いように思います。
ただ、心配な人は2TBをお勧めしますが、商品自体の値段が上がるので、そこは財布と相談してください。

USBメモリー

各国で航空券などを印刷する時などに印刷データをUSBに保存して、印刷屋などでプリントしたりする時に使います。
容量は小さくて大丈夫です。

交換プラグ

海外の国のコンセントは、日本とコンセントと違う形なので、変換プラグがないと充電することができません。
よって、変換プラグは絶対に必要な持ち物です。

この変換プラグは様々な国のコンセントの形に対応しているので、これ一つあればどこでも安心して充電することができます。

使い方は簡単で、変換プラグをその国のコンセントに合わし変形させ、そこに日本のコンセントをつなげばいいだけです。

僕は家電量販店でこれを購入したのですが、全く同じ種類のプラグを持っている人はよく会います。

イヤホン

周りがうるさいときに使えます。
移動中にも音楽やPodcastを楽しむことができます。

Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンだとなおさらいいです。

延長コード

ドミトリー部屋などは、ベッドからコンセントが遠かったりします。
そこで、延長コードを使えば、自分のところまで伸ばし充電できるので便利です。

また、コンセント自体の数が少なく、他の人が充電していっぱいの場合に、差込口がいくつかある延長コードを使えば問題なく充電することができます。

各種充電機

せっかく持ってきた電子機器も使えなければ意味がありません。
充電器は忘れずに持って行きましょう。

まとめ

電子機器は世界一周をよりよいものにしてくれます。

今の時代、簡単にネットを使えば情報収集できますし、自分から発信することもできます。
電子機器をうまく使うことは、自分のためでなく、誰かのためにもなると思います。

電子機器は高価なものが多いので、盗難に遭う可能性も高いので注意しょうましょう。

また、出国する前に日本で購入し、実際に使って、操作に慣れておくことをお勧めします。