MENU
期間限定で楽天マガジンが1,100円オフ!今なら月々238円で雑誌読み放題!

【2021年版】台北のおすすめゲストハウスまとめ

僕が台北で宿泊したゲストハウスを紹介します。

僕自身、台北には何回も行き、この記事の情報を常に更新をし続けています。

特におすすめのゲストハウスのみを紹介しているので、台北で宿を探している人は、参考にしてみてください。

この記事の著者

この記事は2年半の世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。

2020年1月〜9月までタイ旅行を最後に、海外旅行が普通に行けるような日常になることを願いながら、現在は香川に住んでいます。

最近ハマっていることは「ドラゴンクエストウォーク」です。

⇒詳しいプロフィールはこちら

目次

台北の中心地「台北駅」近くのゲストハウス

まず、紹介するのが台北駅の近くにあるゲストハウスです。

バス、地下鉄、鉄道など主要な公共交通機関の中心となっています。

台北駅近くに宿を取れば、移動が楽なので観光に便利です。

ネクストタイペイホステルメインステーション

台北駅のすぐ近くのおすすめ宿である「ネクストタイペイホステルメインステーション」です。

無料で付いてくる朝食では、台湾名物の魯肉飯が食べ放題です。


中山エリアにある4Plus Hostel

台北の繁華街の中山エリアにある日本人宿「4Plus Hostel」です。

設備も綺麗で、スタッフも日本語が話せるので快適に過ごすことができます。

記事の中でも解説していますが、公式サイトから予約するよりも宿泊予約サイトから予約したほうが安い場合が多いです。


York Hotel

York Hotelはドミトリー部屋はなく、シングル部屋しかないホテルになります。

「ホテル」というと高そうですが、シングルルームでありながら2,000円以下で泊まることができました。
台北駅のすぐ近くにあるのに、この安さは異常です。

ドミトリーは嫌で、安く個室に泊まりたい人におすすめです。


Star Box Hostel

「Star Box Hostel」は台北駅から北側に10分ぐらい歩いた場所にある宿です。
大きな建物の1フロアが宿で、入口に常にガードマンがいるのでセキュリティ面でも安心。

台北の中でも有名な寧夏路夜市まで徒歩1分で行けるので便利です。


マンゴー ステーション ホテル(旧イージーステイ台北)

写真 (1)

一泊料金(ドミトリー):600元
Wi-Fi:無料Wi-Fiがあります。談話室やドミトリーの部屋は問題なくWi-Fiが飛んでいますが、シングルの何部屋かは電波が届きません。

台北駅からすぐの場所にある「イージーステイ台北」。

ここのゲストハウスの良さはなんといっても立地の良さです。MRTの中心の駅になる台北駅の真上にあります。三越のあるビルの隣のビルの15階にあります。

また、台中や台南へと行ける鉄道の駅や、同じく他の都市や空港まで行けるバスに乗れるバスターミナルに歩いていくことができます。

IMG_1392

たまに外国の方も泊まりますが、基本的には日本人宿です。このゲストハウスは、マンションの一角にあるといった感じです。
ここのゲストハウスはオーナーとオーナー代理の人の日本人二人で運営されています。

オーナーの方は、中国語がペラペラで、台湾の情報をいろいろ知っています。

補足

2018年に「イージーステイ台北」の場所には「マンゴー ステーション ホテル」が入りました。
評価を見る限りは良さそうです。

地図

台北の龍山寺エリアのゲストハウス

続いて紹介するのが「龍山寺エリア」です。

観光名所である龍山寺を中心としたエリアで、地域住民の人がたくさん住んでいます。

古い建物がたくさんあり、落ち着いた雰囲気です。

Ximen Duckstay Hostel

龍山寺駅近くにある宿です。
宿の近くには、有名な胡椒餅の店「元祖胡椒餅」があります。

宿のドアは全てロックされており、カードキーで開けることができます。

一般的な安宿のカードキーだと、鍵が開くだけなのが普通ですが、Duckstayでは、カードキーをかざすと自動でドアが開きます。


台北の北側のエリア

台北の北側は、観光地がそれほどないので、観光客はほとんどいません。

美味しいレストランがたくさんある印象です。

Hotel Fun – Linsen

ドミトリーから個室まで、かなりの部屋数を有している大きな宿です。

安宿なのに、無料の朝食が結構豪華です。

また、洗濯も無料でできるのも嬉しいところ。


台北市のお隣「新北市」にあるゲストハウス

台北市に接している「新北市」には、ほとんど観光客がいません。

そのため、宿が台北市内よりも安い傾向があります。

台北市ではないといっても、地下鉄もあるので移動には困りません。

ヘイベアカプセルホテル

名前の通りカプセルホテルなので、一般的なドミトリー部屋のベッドに比べてプライベート空間が確保できます。

台北市ではなく、橋を一本隔てた場所にある新北市にあるというのが少しマイナスですが、駅から徒歩1分なので、それほど問題ないと思います。


台湾の北側「北投エリア」のゲストハウス

北投エリアは台北市内にありますが、中心地からはかなり離れています。

中心地の観光には向きませんが、温泉がある「北投」や港町の「淡水」などのんびりできるエリアになります。

ロングステイ台北ゲストハウス

IMG_0042

一泊料金(ドミトリー):500元
Wi-Fi:無料Wi-Fiがある。

台北市内の北側に位置し、清潔感のある「ロングステイ台北」。

ゲストハウスはごく普通の一軒家のような建物の中にあります。建物内はとても清潔に保たれています。

ロビーはもちろん、ベッドやシャワールームも綺麗です。
玄関の扉もパスワードでロックを外すようになっています。

IMG_0045

ロビー

IMG_0046

ドミトリー部屋

このゲストハウスは台北を走る電車のMRT淡水信義線の最終駅「新北投駅」の近くにあります。台北市内の中心駅である台北駅までは約40分かかります。

新北投駅で降りて、徒歩5分くらいの場所にありますが、大通りを外れて、少し奥に入らないといけません。

ゲストハウスに行くには、マクドナルドやスターバックスがある通りを駅とは反対方向に歩き、スーパーマーケットを過ぎると右手に階段に続く通路があります。

IMG_0022

その階段を登りきり、右手にあるゆるい坂を登ってください。すると、左側にゲストハウスがあります。
地図

台北のおすすめゲストハウスまとめ

台湾の安宿を紹介しました。
泊まってダメなところは載せてないので、どれもいいところだと思います。

また台北に旅行に行き次第、追記するようにします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる