キューバに旅行する前に知っておきたい5つのこと

キューバとアメリカの国交は、長年断絶されていましたが、2015年7月、54年ぶりに国交が回復されました。
そのためキューバにはアメリカ人を始め、いろんな国からの観光客がどんどん増加しています。

しかし、外国人が観光で訪れるようになってから、まだ日が浅いので、まだ情報が少ないです。

実際にキューバに行った僕が思った「キューバに行く前に知っておきたいこと」をまとめました。

キューバに入国するときに必要なものが2つある

キューバに入国するためには絶対に必要なものがあります。
それは「ツーリストカード」と「海外旅行保険の証明書(英語)」です。

ツーリストカード

ツーリストカードとはキューバの入国ビザのようなものです。
これを取得しないとキューバに入国することができません。

観光目的での外国人観光客は例外なくツーリストカードを取得が必要です。
ツーリストカードを取得すると、でキューバに30日以内の滞在が可能になります

ツーリストカードは、キューバ行きの飛行機に搭乗する前に購入する人が多いですが、日本であらかじめ取得することもできます。

ツーリストカードを取得する場所で料金が変わってきます。
僕はメキシコのカンクンの空港で取得して25USドルでした。

その時は、チェックインカウンターにいる係員にお金とパスポートを渡すだけでした。
係員の人がツーリストカードに必要事項を記入して完了でした。

ツーリストカードは半分で分かれれるようになっています。
片方が入国の際に取られ、残りの半券は出国時に必要になるので決してなくさないように大事に保管しておきましょう。

海外旅行保険

キューバの入国には海外旅行保険に加入していることが分かる証明書が必要です。
それも日本語表記ではダメで、英語表記と決まっています

ただ、入国に必要とされている海外旅行保険証明書ですが、ほとんどチェックされることはありません。
でも、チェックされない可能性は高いからと言って、海外旅行保険に加入しないということは避けましょう。

キューバは非常にお腹を壊す可能性の高い国です。
世界一周している人の中でこれまで壊したことがなかった旅人がキューバで壊すこともあると聞いたことがあります。

観光客向けのレストランを利用している人は基本的に安全ですが、CUPで支払うような地元の人が通うレストランは気を付けてください。

世界一周には海外旅行保険の加入は絶対必要!無保険で旅した人気ブロガーが辿った最悪の末路!

2017.10.12

モノを入手するのが難しい上に高い

キューバは社会主義国なので、他の国に比べて物資がありません。

キューバに行く前の国や日本でお菓子などの食料があるといいと思います。

キューバから荷物を送りたいと思っている人はガムテープを用意しておくことをオススメします。

キューバから日本へ荷物を送ったら400円だった!郵便方法と注意点について解説!

2017.06.16

簡単にネットを使うことができない

観光客が年々増加しているキューバですが、ネット環境は悪いです。

旅行者がネットに接続するためには、Wi-Fiカードと呼ばれるものを購入し、限られたWi-Fi電波が飛んでいるところに行く必要があります。

キューバに行く前にネットを使う方法は頭に入れておくかどこかにメモしておきましょう。

キューバのネット環境について(Wi-Fiの利用方法・Wi-Fiスポット情報)

2017.11.12

キューバ国内には2つの通貨がある

普通の国と違ってキューバには2つの通貨が存在します。
観光客用の通貨「CUC」と現地の人用の通貨「CUP」です。

ATMで降ろせるのでCUCだけなので、必要に応じてCUPに両替しましょう。

キューバには通貨が2つある!特殊な2通貨制度について解説!

2017.06.30

安宿に宿泊したいのなら、カサに宿泊

キューバではゲストハウスなどの安宿がほとんどありません。
ホテルはありますが、基本的に高いです。

そこでバックパッカーなどの低予算で宿泊したい人は「カサ」に宿泊することがお金を節約することができます。

「カサ(Casa)」とはスペイン語で「家」という意味で、その名の通り、キューバ人の家に民泊する場所を指します。

カサの中でも料金体系は様々で、一人当たりの料金が決まっているところから、一部屋ごとに料金が設定されているところもあります。

日本人に人気のカサはこのブログの中で紹介しているので、参考にしてみてくだい。

キューバで宿泊費を抑えたいならはカサに民泊!ハバナにある人気のおすすめカサ4つを紹介!

2017.08.04

おわりに

キューバに行く前に知っておきたい基礎知識をまとめました。

まだ観光客にとっては不便な点があることが分かってもらえたと思います。

しっかりと準備をしてから、キューバに行くようにしましょう。