オフライン地図アプリ「MAPS.ME」の使い方【海外旅行におすすめ】



無料のオフライン地図アプリ「MAPS.ME」を紹介します。

日本ではあまり知られてないアプリなのですが、日本はもちろん、ネットがつながらない海外旅行時でも、大活躍する地図アプリです。

「MAPS.ME」を使えば、以下のようなことができます。

  • オフライン時でも地図が見れる
  • オフライン時でもルート案内ができる
  • 行きたい場所などにマーカーを設置できる

これらが無料でできるってすごく便利だと思いませんか?

MAPS.MEはiPhoneもAndroidも両方に対応しています。

ダウンロードはこちら

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

posted withアプリーチ

この記事では、「MAPS.ME」でできることと、使い方を解説していくので、参考にしてください。

「MAPS.ME」を使えば、海外で迷子になるなんてことはなくなるでしょう。

MAPS.MEはオフライン時でも地図が見れる

「MAPS.ME」はオンライン時に地図のデータをダウンロードしておくことで、オフライン時でも地図が見れることができます。

GPSを使えば、現在地も知ることができるので、

  • 自分のいる場所
  • 周りにある店
  • 行きたい場所の方角

などが分かります。

MAPS.MEで地図をダウンロードする方法

「MAPS.ME」をオフラインの時でも使うためには、あらかじめ地図のデータをダウンロードしておく必要があります。
そこで、ここからは、地図データのダウンロード方法を解説していきます。

まずはネットに繋がっている状態で「MAPS.ME」のアプリを開き、画面下の右端にある「」ボタンをタップします。

そして、地球のマークの場所の「マップをダウンロード」というをタップします。

次に、「地図を検索」と書かれている検索窓に、地図をダウンロードしたい国や都市名を入力。

自動的に候補が表示されます。
右にはオフライン地図データの容量が同時に表示されます。

地図は、

  • 小さい国だと「国単位」
  • 大きい国だと「地域単位」

で表示されます。

例えば、タイだと3つの地図に分かれています。
「アルメニア」や「キューバ」などの小さい国は、国単位で地図をダウンロードすることになります。

表示された名前をタップすると「地図をダウンロード」と表示されるのでタップしましょう。
すぐに地図データのダウンロードが始まります。

補足

地図が古くなると、「更新ボタン」を押すことで最新のマップになります。
更新するときもネットに繋ぐ必要があります。

MAPS.MEはオフライン時でもルート案内が可能

オフラインであっても、Maps.Meでは現在地と目的地を選択することで、目的地までのルートが表示されます。

現在地が移動することによって、ルートは随時更新されるので、迷うことがありません。

目的地までのルート以外にも

  • 目的地までの距離
  • 目的地までの所要時間
  • 高低差

なども表示されます。

所要時間も進むスピードによって、随時更新されます。

高低差も地図で表示される機能も以外と便利。
歩きの場合だと、高低差が大きいと疲れるので、そのルートを避けることができます。

僕自身はスペインを800km歩いた「スペイン巡礼」のときに重宝しました。

ルート案内機能の使い方

MAPS.MEのルートを案内機能は簡単に使うことができます。

アプリのトップページのメニューバーにある左から2番目の「点と点を矢印で結んでいるアイコン」をタップします。

そして、行き先と目的地を設定すればOKです。

  1. 自分の現在地をタップして「出発地」をタップ
  2. 目的地をタップして、下の「へのルート」をタップ

そうすると、目的地までのルートが表示されます。

上の地図を見て分かるように、

  • 自動車
  • 徒歩
  • 公共交通機関
  • 自転車

でのルートが選べます。

公共交通機関がない場合は、「徒歩」でのルートが表示されます。

「開始」をタップすると、音声付きのルート案内が開始されます。
GPSで位置情報が随時更新され、所要時間も刻々と変わります。

MAPS.MEではオフラインでもマーカーが設置できる

オンライン時でもオフライン時でもマーカーを設置することができます。
「保存」というボタン一つで簡単です。

赤いピンが刺さります。
色は1種類しか選べないですが、自分の行きたいところなどを地図上で見やすくできるので便利です。

MAPS.MEのダメなところは消費電力が大きいこと

MAPS.MEは無料で使えてとても便利なのですが、消費電力が大きいのがデメリットです。
電力を大きく消費するので、それだけ電池の減りが早いです。

特にルート案内だと、GPSで位置情報を常に更新し、画面が常に変化するためバッテリーがすぐになくなります。

MAPS.MEを使う場合は、モバイルバッテリーでカバーするようにしましょう。

個人的には、コンセントに直接させる「Anker PowerCore Fusion 5000」がオススメです。
容量を重視したいなら、「Anker PowerCore 10000」がオススメです。

無料で使える地図アプリ「MAPS.ME」は海外旅行におすすめ

オフラインでも使える地図アプリ「MAPS.ME」を紹介しました。
別の記事で、同じくオフラインで使える地図アプリ「Googleマップ」との比較もしてみます。

MAPS.MEはオフラインでも使うことができますが、ネットがあればその場でいろんなことを調べたりできるのであるに越したことはありません。

SIMフリーのスマホを持っている人は、現地のSIMを利用してみましょう。

SIMの記事一覧

SIMフリーのスマホを持っていない人は、ポケットWi-Fiをレンタルするのも1つの手です。
海外で使えるポケットWi-Fiとして人気なのは以下の2つなのでチェックしてみてください。

マイマップをMaps.Meにインポートして使う方法

2019年8月4日

Googleマップをオフラインで使う方法【アプリに地図をダウンロード】

2019年7月28日

【マイマップの使い方】自分だけのGoogleマップを作成して共有してみよう

2019年8月2日
この記事のタイトルとURLをコピーする
るるぶ読み放題キャンペーン

日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題できる「ブック放題」というサービスがあります。

100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

海外旅行中をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。