マイマップをMaps.Meにインポートして使う方法



マイマップをMAPS.MEのアプリ上で表示させる方法を解説します。

この方法を知れば、自分で作ったマイマップの地図をオフライン時でも見ることができるので便利です。

手順は大きく分けて以下の3段階です。

  1. マイマップのデータをインポート
  2. ファイルを端末に転送
  3. 端末でファイルをMAPS.MEで開く

それぞれ詳しく説明していくので、参考にしてみてください。

マイマップをMaps.Meで使うための事前準備

あらかじめ、マイマップで地図を作成しておきます。

マイマップの使い方は別の記事にまとめています。

【マイマップの使い方】自分だけのGoogleマップを作成して共有してみよう

2019年8月2日

MAPS.MEのダウンロードしておいてください。
また、マイマップで表示する該当地域の地図データを事前にダウンロードしておきましょう。

オフライン地図アプリ「MAPS.ME」の使い方【海外旅行におすすめ】

2019年7月27日

マイマップのデータをインポート

まずマイマップのデータをインポートします。

MAPS.MEで開きたいマイマップの地図を開きます。

そして、「(メニューボタン)」を押して、メニューを開きます。

その中にある「KML / KMZにエクスポート」をクリックします。

2つの選択肢が表示されます。

  1. KMLネットワーク リンクでデータを最新の状態に保つ(オンラインで利用できる場合のみ)
  2. KMZではなくKMLにエクスポートします。サポートされていないアイコンもあります。
MAPS.MEで開くためには、どちらでも開くことができました。

今回は、下側の「KMZではなくKMLにエクスポートします。(略)」を選択した場合を書いていきます。
下を選択し、「ダウンロード」を押しましょう。

ダウンロードすると、「○○(マップ名).kml」というファイルがダウンロードされます。

MAPS.MEを使う端末にファイルを転送

次に、ダウンロードしたファイルをスマホやタブレットに転送します。

  • メールに添付して自分に送信
  • クラウドサービスを使う

など、手段は何でもいいので、端末に転送しましょう。

メールで転送する

メールだと、ファイルを添付して、自分宛に送信します。

ファイルの大きさも数kbなので、余裕で添付できます。

Dropboxで転送する

クラウドサービスだと、Dropboxが簡単で楽です。
パソコンとスマホまたはタブレットの両方にDropboxをインストールしておいてください。

その上で、パソコンでDropboxのフォルダの中に、ダウンロードしたファイルを移動させるだけでOKです。

海外旅行におすすめなクラウドサービス5選【大事な写真データを守る】

2018年5月10日

端末でダウンロードしたファイルをMAPS.MEで開く

メールの場合

メールを開き、KMLファイルをタップします。

ファイルが開くので、右上のボタンをタップ。

「maps.meにコピー」という選択肢があるので、それをタップ。

自動的にMAPS.MEのアプリが開き、「ブックマークの読み込み中 ブックマークが読み込まれました!ブックマークはマップ上、またはブックマーク管理画面に表示されます。」と表示されたら、インポート成功です。

Dropboxの場合

Dropboxだと、ファイル名の横にある「」を押して「エクスポート」を選択すると、メールのときと同じようにいくつか選択肢が表示されるので、「maps.meにコピー」をタップしましょう。

注意

マイマップでアイコンを別々に作成していても、マイマップでは赤いピンのみの表示しかされません。

ただし、マイマップで設定した名前と説明が表示されます。

まとめ:マイマップはMAPS.MEで使うことができる

MAPS.MEでマイマップを使う方法を説明しました。

これでオフライン時でも、自分で作ったマイマップを見ることができます。

ぜひ活用してみてください。

Googleマップをオフラインで使う方法【アプリに地図をダウンロード】

2019年7月28日

海外旅行に役立つおすすめ無料アプリ26選

2015年4月7日
この記事のタイトルとURLをコピーする