キューバで宿泊費を抑えたいならはカサに民泊!ハバナにある人気のおすすめカサ4つを紹介!

キューバの宿事情は他の国と違っています。

今回はキューバの宿は他の国と比べてどう違うのか、またどうすれば宿泊費を抑えることができるのかを解説していきます。

また、この記事ではキューバの首都ハバナにあるカサの中でも日本人に人気のカサを4つ紹介します。

キューバの宿泊事情について

ほどんどの国では宿泊費を抑えたい場合、booking.comやAgodaなどの宿泊予約サイトを利用してとにかく安い宿を探すことになると思います。

ですが、キューバはゲストハウスという形態のものはほとんどなく、個人が経営する「カサ」または「ホテル」に宿泊することになります。

ホテルは基本的に高いので、前者のカサに泊まることで宿泊費を抑えることができます。

カサとは、スペイン語で家という意味です。
その名の通り、カサは家の一部に宿泊者が泊まれるようになっているキューバ人の家のことです。
そこに外国人旅行客は民泊することができます。

部屋単位で宿泊料金が決まっているところが一般的ですが、僕がこのブログ内で紹介しているカサは全て一人当たりの料金で宿泊できるところだけです。

カサの予約について

海外の国で宿を事前に予約しようと思ったら、Booking.comやAgodaなどの宿泊予約サイトから予約するのが一般的です。
ですが、カサは基本的に予約することができません。

メールや電話で予約できるカサもありますが、「先に着いた人が優先される」というキューバのカサのルールが適用されることがおおいです。
なので、予約をしたとしてもあまり信用しない方がいいでしょう。
実際に事前にメールで予約したのに、着いた時は満室で他の宿に宿泊することになった人にも会いました。

自分が泊まりたいと思ったカサに宿泊するためには、早く着く以外の方法はありません。
早く行ったとしてもベッドが空いているとは限らないので、第一候補の他に、第二、第三の候補を用意しておきましょう。

満室の場合は、宿の人が他のカサを紹介してくれることが多いので、それに付いていってもいいと思います。

ハバナにある日本人人気の4つのカサ

ホアキナさんの家(カピトリオハウス)

ハバナのカサの中では知名度が一番あり、一番人気と言える宿です。
一泊料金は一人当たり10CUCです。

韓国人にも人気で、基本的に日本人と韓国人の宿泊でいっぱいになっています。

シオマラさんの家

清潔なカサです。一泊料金は一人当たり10CUCです。

ヨハンナさんの家

日本人よりも韓国人に人気のカサです。
ホアキナさんの家、シオマラさんの家がいっぱいで泊まれなかった人が行くことが多いです。

アニータとホルヘの家(カサ・エストレージャ)

ネットでの予約を受け付けている珍しいカサです。
逆にネットで予約しないと宿泊できないです。

このカサは日本人の宿泊者のみを受け入れています。

1泊の宿泊料金が15CUCと他より高いですが、朝食と夕食がついています。
このカサの予約は信頼することができます。
予約しておけば他のカサを探す心配もないですし、夕食も込みだと考えれば高くないかもしれません。

カサの予約は公式ホームページから。

おわりに

キューバの宿事情は分かりましたか。
他の国と違って民泊することで宿泊費が安くなり、キューバ人たちの生活を垣間見ることもできます。

カサと言ってもホスト側の人柄によって全然違ってくるので、旅行期間がある程度あるのならいろんなカサに泊まってみるのもいいかもしれません。。

今回はハバナのカサを紹介しましたが、トリニダードの「レオとヤミの家」もとても有名で人気です。