トリニダードのおすすめカサ「レオとヤミの家」は魚釣りが楽しめる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キューバ国内で日本人に一番人気の宿である「レオとヤミの家」。

二人の仲のいい夫婦が経営しています。

とても居心地が良く、魚釣りなんかのアクティビティも楽しむことができちゃいます。

スポンサーリンク

立地

レオとヤミの家はトリニダードの街の中心から少し離れた場所にあります。
中心地まで歩いて行ける距離なので、アクセスはいいです。

僕はハバナのシオマラの家でレオとヤミの家までのタクシーを頼みました。


片道料金は25CUCで、僕のほかに3人の乗客との乗り合いでした。
シオマラの家以外にも宿に頼めばタクシーを手配してくれますが、シオマラさんが呼ぶタクシーは時間に正確だと言われています。
ハバナからバスを使って行くこともできますが、料金もそれほど変わらない上に、バスの予約が面倒でタクシーよりも時間がかかるのでタクシーの利用をオススメします

トリニダードからハバナへのタクシーについて

トリニダードからハバナへのタクシーは宿で頼めば25CUCです。

宿に頼まず、路上で見つけたタクシーに交渉して4人で70CUCで行けたという話も聞きました。

ちなみにレオとヤミの家からハバナの空港へ向かうタクシーを頼むと30CUCで、ハバナ市内からタクシーを使うよりもかなりお得になります

地図

宿の特徴・イベント

レオ(レオナルド)さんとヤミーさん夫婦が経営するカサです。

僕が宿泊したときは、日本人がほとんどで韓国人2人とその旦那さんのオランダ人でした。
つまり、ほぼ日本人と韓国人のみの宿泊者となります。

魚釣りイベント

参加者が一定数いる時に限り、レオに魚釣りを頼むことができます
頼めば絶対行けるとは限りませんが、レオに予定がなければ行けます。
頼むのは前日までにしましょう。

魚釣りは宿から離れた海でするので、往復10CUCがかかります(一人当たりではなく、レオを除く参加者全員で10CUCです)。

道具はすべて用意してくれます。

釣りは竿は使わずに、糸に重りと釣り針と餌を付けただけの簡単なものです。

僕が行った日は大漁で、僕や他の宿泊者はだいたい2匹名に対して、レオは20匹以上釣っていました。
たぶん餌のつけ方がうまいのだと思います。

釣った魚はフライにして食べさしてくれました(無料)。
余った魚は近所の人におすそ分けしてました。

部屋

部屋はいくつかありますが、僕が宿泊したのは2段ベッド1つとダブルベッド1つがある3人もしくは4人が入れるドミトリー部屋でした。

エアコンも自由に使えるようになっており快適に過ごすことができました。

通常はドミトリー部屋一泊につき10CUCなのですが、僕が行った5月はオフシーズンということで5一泊CUCでした

設備

トイレ・シャワー

ドミトリー部屋に一つあります。

共用スペース

机が一つあり、団らんできるようになっています。
たまにレオたちの友達が来て、座れないときもありますが。

ベランダには椅子が二つあるのですが、ここから見える景色がかなりトリニダードっぽさを感じることができると思います。

朝食と夕食

レオとヤミの家では有料で朝食と夕食を食べることができます。

朝食

有料になりますが、朝食を頼むことができます。

僕がいたときはパンと卵焼きとハムで、飲み物はコーヒーとマンゴージュースでした。

夕食

朝食同様、有料になりますが、夕食を頼めば作ってくれます。
食べるのはだいたい夜の8時からになります。

かなり美味しく、「キューバで食べた一番おいしかった」と言うひともたくさんいます。
毎回ボリュームがあり、かなり満足できる内容になtってます。

いくつかの種類があり、それぞれ値段が変わります
僕が宿泊した時は、牛、豚、魚料理は5CUC、エビ料理は7CUC、ロブスターは10CUCでした。
上の画像は魚料理、下の画像は豚料理です。

その選択肢は日によって違うので、何があるか聞いてから自分が食べたいものを注文しましょう

料理の種類によっては昼ぐらいから仕込み始めるものもあるので、夕食を頼みたい場合は前日あるいは当日の午前中にしといた方がいいです

僕が到着した時はすでに夕方でしたが、食材に余裕があるということで作ってくれました。

セキュリティ

建物は夜施錠されるのですが、その鍵が数個しかなく、全員には受け取ることができません。
部屋に鍵がついていますが、基本開けっ放しになっています。

あと、全然関係ないんですが、僕がレオとヤミの家に宿泊していた時に玄関先に野生のタランチュラが現れてビックリしました。

ネット環境

なんとこの宿にはWi-Fiがあります。高級ホテルぐらいしかないのにです。

ただ僕が宿泊していた時は壊れていた上に、これは宿泊者が使えるのかはわかりません。

まとめ

キューバにいったらぜひ宿泊してほしい宿です。

一応ハバナのシオマラの家から電話で予約はしてもらいましたが、基本予約は意味ないらしいです。
電話でもメールでも予約することはできるのですが、早く来た人から入れてしまうそう。
よくわかりませんが、それがキューバ方式らしいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。