ハバナの安宿「ホアキナさんの家」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ハバナにある日本人に一番人気のカサ「キャピトリオハウス」。
地球の歩き方にも掲載されているほど有名なカサです。

日本人の間ではこの正式名称で呼ばれることは少なく、経営しているのがホアキナという名前なので「ホアキナさんの家」と呼ばれるのが一般的です。

僕も実際に宿泊したので、どうだったのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

立地

ホアキナさんの家はカピトリオの目の前にあります。

空港からのバスのバス停から歩いていける距離にあるので便利だと言えます。
観光客の集まるオビスポ通りにも歩いて5分ぐらいです。

入口は一見カサには見えないので分かりにくいと思います。
洗濯物を干していて、韓国の国旗が飾られているのが目印です。

ホアキナさんの家は建物の2階部分にあります。

地図

部屋

部屋はいくつかありますが、部屋単位ではなく、人数に対して宿泊料金が発生します。
一人の一泊料金は10CUCです。

部屋には基本エアコンが付いていますが、ついていない部屋も少しあります。
先着順にエアコンのついている部屋に通されます。

僕が宿泊した部屋は部屋の中に4つのベッドがあり、一人一つ使える大きいロッカーが設置されていました。

設備

トイレ・シャワー

トイレとシャワーは一緒になっていて、2箇所あります。
シャワーにホットシャワーの機械はついているものの、水しか出ませんでした。

共用スペース

共用スペースは風通しのいい場所になっています。

ここにハバナの日本人宿の中で一番充実した情報ノートがあったのらしいですが、最近それら全て盗まれたらしく、新しく作られた情報ノートが1冊あるのみになっています。

朝食

宿泊者全員に無料の朝食がついています。
提供時間は朝7時から10時までです。
内容は卵焼き、パン、フルーツ、コーヒー、フルーツジュースです。
僕が宿泊した時にはパンにコチジャンがついていました。

セキュリティ

建物とカサの入り口はオートロックになっています。
チェックイン時にその2つのカギを貸してくれます。

初めて行くときは、入口の右にチャイムを鳴らしましょう。
鍵を落としてくれるのでその鍵を使って、中に入ることができます。

洗濯

このカサは珍しいことに無料で洗濯をしてくれます
洗濯物入れのカゴがあるので、そこに入れておくと、洗濯機を使って洗ってくれ、干してくれます。
夜または翌朝に乾燥されたものが別のカゴに入って置かれています。

ネット環境

キューバの一般的な宿と同じようにWi-Fiはありません。

注意点

ホアキナさんの家は蚊が大量発生すると言われています。
僕が宿泊した5月時点では、大量発生とは言えないものの蚊はいました。
その前に泊まったシオマラさんの家では一匹も見なかったのですが。

ハバナから他の街に行き、またホアキナさんの家に泊まることを予約すると5CUCの予約料がかかるので気を付けてください

ホアキナさんの家で空港までのタクシーを頼むと一人だと20CUCで通常料金なのですが、2人で頼むとなぜか30CUCと言われます。
2人以上の場合は、町で適当にタクシーを捕まえた方が経済的です
僕の友達も最初に声をかけたタクシーの最初の言い値が20CUCでした。

他にもビニャーレスへのタクシーを手配したところ、さんざん待たされたあげく、勝手にキャンセルになったという話も聞いたので注意してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。