スワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方(エアポートレイルリンク)



スワンナプーム国際空港からバンコク市内への移動に解説していきます。

この記事では、空港と市内中心部を結んでいる「エアポートレイルリンク」という電車を使った方法について詳しく書いています。

バンコクに空路で行く人で、市内中心部まで安く移動したい人は参考にしてみてください。

スワンナプーム国際空港の場所

タイの首都バンコクには2つの国際空港があります。
今回紹介するスワンナプーム国際空港とドンムアン空港です。

それぞれの場所は大きく離れており、スワンナプーム国際空港はバンコク中心部から東側に、ドンムアン空港は北側に位置しています。

スワンナプーム国際空港の場所

スワンナプーム国際空港からのバンコク市内への移動手段

スワンナプーム国際空港からバンコク市内までの移動手段は以下のものがあります。

  • タクシー
  • Uber
  • エアポートレイルリンク(Airport Rail Link)
  • バス

スワンナプーム国際空港からバンコク市内への移動はタクシーが1番楽ですが、バンコク中心部から離れているため、安くありません。

そこで今回はこの中で、安くて簡単に移動できるエアポートレイルリンクを使った移動方法を解説していきます。

スワンナプーム国際空港からのエアポートレイルリンクについて

エアポートレイルリンクはスワンナプーム空港とバンコク中心部を結んでいる電車です。
路線距離は28.6kmで、路線内には8つの駅があります。

スワンナプーム国際空港から終点のパヤータイ駅までは約30分で移動することが可能です。

運行時間は朝5時半から夜の12時までで、約20本間隔で運行しています。

スワンナプーム国際空港内の案内表示を見ると、青の「City Line」と赤の「Express Line」が表示されています。

「City Line」は各駅停車で、「Express Line」は空港から終点までノンストップの特急電車だったのですが、現在「Express Line」は廃止されています。

そのため、現在は各駅停車のCity Lineのみ利用可能です。

エアポートレイルリンクはスワンナプーム国際空港から移動する人が多く使いますが、中間地点にもいくつかの駅があるため、現地のタイ人も通勤や通学に使っています。

そのため、平日の朝と夕方にはエアポートレイルリンクの利用客が多くなるため、混雑します。

エアポートレイルリンクを使えばMRTにもBTSにも乗り換えられる

バンコクには2つの主要な電車が走っています。
それはMRTとBTSの2つです。

エアポートレイルリンクを利用すると、このMRTにもBTSのどちらにでも乗り換えることができます

そのため、駅近くの宿を予約している人には特にオススメの交通手段となっています。

駅から宿が離れている場合も、エアポートレイルリンクで降りた場所からタクシーやバスを使えば安く移動することが可能です。

スワンナプーム国際空港からエアポートレイルリンクに乗ってバンコク市内へ移動

スワンナプーム国際空港の到着ゲートは2階にあり、エアポートレイルリンクの駅は地下一階にあります。

エアポートレイルリンクに乗る前に、現地通貨であるタイバーツが必要な人はまず手に入れましょう。
両替またはATMがたくさんあります。
また、すぐにタイのSimカードを入手したい人は空港内で購入することができます。

スワンナプーム空港の1階には、タイの携帯3大キャリアである「AIS」、「DTAC」、「TRUE」の支店があります。

店員も外国人観光客に慣れているので、市内で購入するよりも手続きがスムーズです。

タイでのSimカード購入について(種類、購入場所)

2018.05.19

地下一階には、エスカレーターまたはエレベーターで行くことができます。

「City line」と書かれた案内板に従って進んでください。

エアポートレイルリンクの料金を支払う場所があります。
機械で簡単に購入することができます。

機械を使いたくない人は、係員から直接購入してください。
エアポートレイルリンクの運賃は、1駅のみなら15バーツ、それ以降は1駅ごとに5バーツずつ加算され、終点の「パヤー・タイ駅」までいくと45バーツになります。

BTSに乗り換える人は終点の「パヤー・タイ駅」、MRTに乗り換える人は、「マッカサン(Makkasan)駅」を選んでください。

お金を払うと、コインがで出きます。
このコインがチケット代わりになります。

改札口にコインをかざすと、改札口が開いて中に入ることができます。
ホームまで行き、電車を待ちます。

電車はドラえもんが描かれていました。

マッカサン駅からMRTに乗り換える

「Makkasan」駅に着いた後は、そこから少し歩いて、MRTの「Phetchaburi」駅に行ってください。

ずっと案内板が出ているので、その通りに進めば問題ありません。

こちらがMRTの「Phetchaburi」駅の入口になります。

パヤー・タイ駅からBTSに乗り換える

エアポートレイルリンクの終点駅パヤー・タイ駅に到着したら、BTSに乗り換えましょう。

近くのBTSの駅の名前もエアポートレイルリンクの駅名と同じ「パヤータイ(Phaya Thai)」です。

MRTと同じように、ずっと案内表示が出ているのですぐに行くことができます。

まとめ:スワンナプーム国際空港からバンコク市内へはエアポートレイルリンクで安く簡単に移動できる

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へエアポートレイルリンクを使った移動手段を紹介しました。

タイが初めての人でも、簡単に安く移動できる手段なので、ぜひ利用してみてください。

タイ国内移動まとめ(バスと電車)

2018.12.10

バンコクの超有名店「ピンクのカオマンガイ」と「緑のカオマンガイ」

2016.01.22

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!