バンコク市内からドンムアン空港までの行き方について

アジア圏で有名なLCCであるエアアジアのメイン空港であるドンムアン空港。
しかし、少しバンコク市内から外れた場所にあります。

そこでバンコク市内からドンムアン空港へどう行けばいいかを説明します。

ドンムアン空港に行く方法はいくつかありますが、今回は安く行ける「電車」と「バス」を使った方法を紹介します。

ドンムアン空港と行き方ついて

ドンムアン空港(Don Mueang International Airport)は、タイのバンコクにある国際空港の一つです。バンコク市内の北側に位置しています。
バンコクの中では2番目に大きい空港で、一番大きな空港はスワンナプーム国際空港です。

格安航空会社であるエアアジアはドンムアン空港に発着します。

バンコク市内からドンムアン空港までは、まず電車に乗り、北の駅まで行き、そこから空港に直結するバスに乗ることで行くことができます

地図

電車移動について

まずは、市内を走っている鉄道を利用して、市内の北側に行きます。
そのために、鉄道を利用します。

バンコクの鉄道はBTSとMRTという2種類の鉄道があります。
BTSは地上(高架の上)を走り、MRTは地下を走る電車だと考えてもらえばOKです。

imageMRTのホーム

BTSで「モーチット(Mo Chit)駅」へ

image
BTSを利用する場合、「モーチット(Mo Chit)駅」を目指します。

BTSの中心駅である「サイアム(Siam)駅」からモーチット駅までは約20分くらいで行くことができます。
料金は、42バーツになります。

地図

MRTで「チャトゥチャックパーク(chatuchak park)駅」へ

image
MRTを利用する場合、「チャトゥチャックパーク(chatuchak park)駅」を目指します。

僕がバンコクの定宿としている「デタラク」から徒歩3分の「Queen Sirikit National Convention Centre駅」から乗る場合は、exit1が一番近い入り口です。

そこから「チャトゥチャック駅までは約25分かかります。
料金は37バーツになります。

地図

バス移動について

image
電車で「モーチット駅」あるいは「チャトゥチャックパーク駅」のバス停からは、「A1バス」一本でドンムアン空港に行くことができます。
A1バスは朝の7時から夜の12時まで約20分に1本の間隔で運行しています

「A1バス」に乗ることができるバス停は、それぞれの駅から歩いてすぐの場所にあります。image

BTSを使った場合

「モーチット駅」のExit3から出て、大通りに沿って北(電車に乗って来た方向の逆)に少し歩くとバス停に着きます。image-19

MRTを使った場合

「チャトゥチャックパーク駅」のExit2から出ると大通りが目の前にあるので、左(北)方向に曲がってください。すぐにバス停に着きます。
image

A1バスに乗り空港へ

A1バスはバスの車体の前後に「A1」と表示されている上に、バス停に来た時に集金係のおばちゃんが「ドンムアンエアポート」と声かけをしていたので、乗り過ごすことはないと思います。
A1バスはバス停に到着した後、5分ほど停車していました。

後で、集金係の人が集金に来るので、料金を払います。
ドンムアン空港までの料金は、30バーツです。

バスは出発した後すぐに高速道路に入ります。
image
空港が右手に見え、一回空港を通り過ぎますが、すぐに高速道路から降りるので安心してください。
国際線の出発階に到着します。
image
僕が乗車した時は、バス停からドンムアン空港までちょうど15分で着きました。

おわりに

今回僕は宿泊していた「デタラク」を出発して約1時間でドンムアン空港に着くことができました。

しかし、毎回1時間で行くとは限りません
僕が空港に行ったのは、平日のお昼すぎの時間帯で、全く高速道路が混んでいなかったですし、A1バスもバス停に着いてすぐに乗り込むことができたからです。

電車が遅れることはほぼありえませんが、A1バスは遅れる可能性があります。

さらに、カオサン通りなど鉄道駅から離れている場所に宿泊している人は駅までの道も混む場合が考えられるので気をつけましょう。
特にバンコクでは、朝と夕方〜夜にかけての時間帯に混むことが多いです

混み具合によって所要時間が変わってくるので、時間に余裕を持って出発するようにしましょう。