タイのSIMをAmazonで購入して現地で使う方法



この記事では、タイのSIMを日本のAmazonで購入して、タイで使う方法について解説していきます。

タイのSIMは旅行者でもタイ国内で購入することができますが、初めての人は購入手続きなどが不安ですよね。
特に英語が苦手な人はかなりしんどいと思います。

その購入手続きをしなくていいようにするためには、日本のAmazonでタイのSIMを購入して持っていきましょう。

日本にいる時にタイのSIMを用意しておけば、英語を使った手続きが必要なくなるので、時間の節約にもなります。

タイのsimカードを日本のAmazonで購入して、タイに行った経験談を元に書いていきます。

タイでSimカードを使いたいけど、購入の手続きに時間と手間を取られたくない、英語の手続きは避けたい人は参考にしてください。

タイのSIMは日本のAmazonでも購入できる

タイのSimカードはタイ国内だけでなく、日本でもAmazonを中心にネットを通して購入することもできます

あらかじめ日本でSimカードを買っておけば、タイに到着してすぐにネットを使うことができるので時間の節約になります。

日本で購入できるタイのSIMはタイ大手通信キャリアの3社のどれも購入することが可能です。

全てプリペイドのSimカードになっているので、面倒くさい契約などは一切ありません。

補足

タイのSIMカードを利用するには、SIMフリーのスマホが必要です。

ただし、日本のドコモ、au、ソフトバンクなどで購入したスマホはSIMロックされています。

その場合は、タイに行く前にSIMロックの解除手続きをするか、海外でも利用できるポケットWi-Fiを持っていきましょう。

リンクグローバルWiFi

リンクイモトのWiFi

日本のAmazonで購入したタイのSimカード

今回購入したものは「AIS」のSimカードです。
AISとはタイの最大手通信キャリアの1つで、カバーしているエリアも広いです。
そのため、バンコクやチェンマイだけでなく、地方都市に行く場合でも使いやすいです。

プリペイド型のSIMカードとなっており、利用期間は8日間で、データ通信ができ、100分無料通話つき」という商品です。

  • 価格:400円
  • 使用可能日数:8日間
  • データ通信量:3GB
  • 通話可能時間:100バーツ分(タイ国内への発信約100分、日本形態への国際発信約16分)

タイでは、4Gまたは3Gのデータ通信量が可能です。
データ通信量は3GBとなっていますが、3GBを超えたからといって使えなくなるのではなく、速度制限がかかるだけです。
Youtubeなどの通信量が多いものを頻繁に見ない限りは超えることはないです。

タイで携帯ショップに行って、SIMカードを購入するときにはパスポートが必要ですが、Amazonで購入する際には一切必要ありません。

タイでTrueのSIMカードを購入!購入方法や流れを解説!

2018年5月19日

Simカードの郵送

AISのSimカードはAmazonでいくつか販売されていますが、時間がなかったためお急ぎ便でないと間に合いませんでした。

Amazonプライム会員は「Primeマーク」がついている商品はお急ぎ便が無料なので、他のものはなく、今回購入したの商品のみ付いていたので、選択。
配達はポストに投函されていたので、直接受け取る必要がなかったので便利でした。

Simカードは封筒に梱包されて配達されていました。
封筒を開けると、また更に封筒が入っており、緩衝材も付いていました。

Amazonで購入したSIMの内容物

Simカード本体と設定方法が書かれた説明書です。
海外のものですが、全て日本語で書かれています。

SIMのサイズは標準サイズ、microサイズ、nanoサイズの3つに対応しています。

電話番号はSIMが入っている透明な袋に書かれています。

日本で購入したタイのSimカードの使い方

長ったらしい説明がありましたが、Simカードを入れるだけで通信できるようになりました。

SIMをスマホに入れると、自動的にアクティベーションされ、その日から使用が開始されます。

タイ語と英語で書かれたSMSを10通受信しました。

AISのスマホアプリが便利

AISは「my AIS」というスマホアプリを使うと便利です。

「create my AIS」というところから会員登録しようとしましたが、「すでに登録されています」と表示されました。
ログインのところに、自分の電話番号を打ち込めば、ログインすることができます。

使えるデータ通信量などがわかるのでぜひ使ってみてください。

アプリでログインすると、「3日間1GB」を受け取ることができました。

my AIS

my AIS

posted withアプリーチ

SIMの延長

日本で購入したSIMもタイで販売されているSIMと同じように延長することができます。

AISのインターネットパッケージは上の通りです。

タイではまず「タップアップ」という方法で、お金を振り込み、そのタップアップした金額内でデータ通信できるようにしたり、プランに申し込みます。

タイの店舗にあるタップアップできる機械を使ってやるのが1番簡単です。

まとめ

タイのsimを日本で購入した経験をもとに、購入方法や使い方について説明しました。

現地でも購入することができますが、短期旅行の人は時間が限られていると思うので、ぜひ日本で準備してタイに行ってみてください。

タイのマクドナルドはたった10バーツでWi-Fiが使える

2016年2月6日






このブログでは、海外を旅行している読者の方に役立つように、記事の情報をできるだけ最新に保つように心がけています。

記事の情報が間違っている場合は、Twitterや問い合わせより指摘してください。

すぐに訂正いたします。

いつもご協力ありがとうございます。

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!