タイでのSIM購入について(種類、購入場所)



タイでもネットを使いたいなぁ。

SIMフリーのスマホ持ってるから、タイのSIMを入れればいいだけだけど、難しそう。

タイのSIM事情について解説していきます。

タイに旅行する際に、限られた場所にあるWi-Fiだけでなく、日本にいるようにどこでもネットが使いたい人もいると思います。

でも、SIMカードをどこでどのように購入できるのか分からない人も多いのも事実。

そこでこの記事ではタイのSIM事情について書いていきます。

どのような流れで購入するのかが分かれば、購入にあたっての不安は解消されるはずです。

タイ現地でSIMの購入を考えている人は参考にしてください。

タイのSIMカードは3種類

タイでは3つの大手携帯キャリア3社がSIMカードを販売しています。

  1. AIS
  2. DTAC
  3. TRUE MOVE

この3つの中でも、AISとTRUE MOVEがタイでは人気です。

タイ国内の公共の場所ではWi-Fiが飛んでおり、上記の3社のキャリアが提供しているものを無料で使えたりもします。

タイのSIMを購入するのに必要なもの

タイでSIMを購入する時には

  1. パスポート原本
  2. SIMフリーのスマホ

の2つが必要です。

パスポートは、コピーなどではダメなので、必ず原本を持っていきましょう。

また、タイのSIMカードを利用するには、SIMフリーのスマホが必要です。

日本のドコモ、au、ソフトバンクなどで購入したスマホは、他のSIMが使えないようにSIMロックされています。

その場合は、タイに行く前にSIMロックの解除手続きをするか、海外でも利用できるポケットWi-Fiを持っていきましょう。

ポケットWi-Fiは、長期滞在だと高くなってしまいますが、短期の旅行であれば、ポケットWi-Fiを利用するのも一つの手です。

タイのSIMカードの購入する方法(タイ)

まず紹介するのが、タイ現地で購入する方法です。

タイでは、空港、街中のショップ、コンビニで購入することができます。

タイの空港でSIMカードを購入する

タイの主要な空港では外国人旅行者向けにSIMカードを販売しています。

僕もバンコクのスワンナプーム空港、ドンムアン空港のどちらでもSIMカードを販売しているのを確認しました。

スワンナプーム空港ではアライバルのゲートを出てすぐのところにあります。

AIS、DTAC、TRUEの大手の3社のブースは同じ場所に並んでいました。

こちらはドンムアン空港のSIMカード売り場です。
スワンナプーム空港と同じで、アライバルゲートの近くに並んでありました。

空港では外国人旅行者が多く利用するので、基本的に店員は英語を話すことができます。
そのため、空港でのSIMカードの購入はスムーズです。
空港限定のパッケージプランもあります。

ただ、時間によっては混雑しているので、購入に行くまでに時間がかかるかもしれません。

街中の店でSIMカードを購入する

タイの大きなデパートには必ずと言っていいほど、店舗が入っています。

バンコク、チェンマイ、パタヤなどは外国人旅行客が多いことから、それらの街のショッピングセンター内の店では英語を話せる店員がいる確率が高いです。

その他の小さなショップや、外国人観光客があまり行かない街では英語をうまく話せない定員が多い可能性があります。

バンコク中心部にある大型ショッピングセンターでTrueのSIMカードを入手したときの流れは別の記事にまとめています。

関連記事タイでTrueのSIMカードを購入!購入方法や流れを解説!

タイのコンビニで購入する

日本では考えられないですが、タイのコンビニではSIMカードを販売しています。

タイにはいくつかのコンビニチェーンがありますが、SIMを購入できるのはタイで1番多い「セブンイレブン」のみです。

また、販売しているSIMは「TRUE MOVE」のSIMのみになります。

SIMを購入した後に、トップアップというチャージをする必要があるので、あまりおすすめしません。

タイのSIMカードの購入する方法(日本)

タイのSIMはタイ現地だけでなく、日本でも購入することができます。

それは、Amazonでネット注文する方法と、日本の旅行会社「Voyagin」を通して購入する方法です。

日本のAmazonで購入する

タイのSIMカードはタイ国内だけでなく、日本でもAmazonを中心にネットを通して購入することもできます

あらかじめ日本でSIMカードを準備していれば、タイに到着してすぐにネットを使うことができるので時間の節約になります。

先ほど紹介したタイのSIMカード3種類はどれもAmazonで販売されています。

日本のAmazonでAISのSIMカードを購入したことについては下の記事にまとめています。

関連記事タイのSIMをAmazonで購入して現地で使う方法

Amazonで新生活セール開催中

また、タイだけでなく、東南アジアを旅行する人は、AISが販売しているアジア16カ国で使える「AIS SIM2Fly」というSIMもおすすめです。

Amazonで新生活セール開催中

日本の旅行会社を通して購入する

楽天のグループ会社である「Voyagin」では主に海外のツアーを取り扱っているのですが、タイのSIMも販売しています。

「Voyagin」が販売しているのは、DTACの観光客向けのSIM「ハッピーツーリストSIM 299」。
8日間、4Gが使い放題で、100バーツ分の無料通話も付いています。

「Voyagin」の公式サイトから日本語で申し込むことができるので便利です。
また、普通に購入するより、最大42%オフで購入することもできます。

受け取り場所は、以下の4箇所でできます。

  1. スワンナプーム空港
  2. ドンムアン空港
  3. サイアムセンター(バンコク中心部にあるデパート)
  4. プーケット空港42% OFF

タイのSIMの購入方法まとめ

タイのSIMカードの購入について紹介しました。

タイの旅行中にどこでもネットを使えるというのはかなり便利です。

料金も安いので、ぜひ活用してみてください。

タイのマクドナルドはたった10バーツでWi-Fiが使える

2016年2月6日

タイのマクドナルド限定の朝マックは健康的な「お粥」と「揚げパン」!

2016年1月17日
この記事のタイトルとURLをコピーする