タイでのSimカード購入について(種類、購入場所)



タイに旅行する際にSimカードをどこでどのように購入できるのか分からない人も多いと思います。

そこで今回はタイのSimカードの種類、購入場所を解説していきます。

また、僕自身がSIMカードを購入した時の経験を元に購入する方法・流れを書いていきます。

日本で購入できる「タイ国内で使えるSimカード」もリンク付きで紹介しているので参考にしてみてください。

タイのSIMカードは3種類

タイでは3つの大手携帯キャリア3社がSimカードを販売しています。

  • AIS
  • DTAC
  • TRUE

この3つの中でも、AISとTRUEがタイでは人気です。

タイ国内の公共の場所ではWi-Fiが飛んでおり、上記の3社のキャリアが提供しているものを無料で使えたりもします。

タイのSIMカードの購入場所

タイの空港でSimカードを購入する

タイの主要な空港では外国人旅行者向けにSimカードを販売しています。

僕もバンコクのスワンナプーム空港、ドンムアン空港のどちらでもSimカードを販売しているのを確認しました。

スワンナプーム空港ではアライバルのゲートを出てすぐのところにあります。

AIS、DTAC、TRUEの大手の3社のブースは同じ場所に並んでいました(上の写真)。

空港では外国人旅行者が多く利用するので、基本的に店員は英語を話すことができます。

そのため、空港でのSimカードの購入はスムーズにいくでしょう。
空港限定のパッケージプランもあります。

ただ、時間によっては混雑しているので、購入に行くまでに時間がかかるかもしれません。

街中のショップでSimカードを購入する

大きなデパートには必ずと言っていいほど、店舗が入っています。

バンコク、チェンマイ、パタヤなどのデパートに入ったショップでは英語を話せる店員がいる確率が高いのでオススメです。

その他の小さなショップや、他の街では英語をうまく話せない定員が多い可能性があります。

タイのSimカードはAmazonでも購入できる

タイのSimカードはタイ国内だけでなく、日本でもAmazonを中心にネットを通して購入することもできます

あらかじめ日本でSimカードを買っておけば、タイに到着してすぐにネットを使うことができるので時間の節約になります。

先ほど紹介したタイのSimカード3種類とも購入することが可能です。

ただし、全てプリペイドのSimカードになります。

AISのプリペイドSimカード

  • 価格:590円
  • 使用可能日数:7日間
  • データ通信量:無制限
  • 通話可能時間:100バーツ分(タイ国内への発信約100分、日本形態への国際発信約16分)

14カ国で使える「SIM2Fly」

「SIM2Fly」という種類のSimカードであれば、タイに限らず日本を含め14カ国での使用が可能です。

ただし、AISが販売しているにもかかわらず、タイは対象国ではありません。

対象となる国は日本、韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール」。

短期の旅行であれば、かなり使えるSimカードとなっています。

DTACのプリペイドSimカード

  • 価格:680円
  • 使用可能日数:7日間
  • データ通信量:無制限
  • 通話可能時間:100バーツ分(タイ国内への発信約100分、日本形態への国際発信約14分)

TrueのプリペイドSimカード

  • 価格:560円
  • 使用可能日数:7日間
  • データ通信量:無制限
  • 通話可能時間:100バーツ分(タイ国内への発信約100分、日本形態への国際発信約20分)

タイのSimカード購入の方法・流れ

タイのSimカードの購入はキャリアが違っても基本的に同じ流れで購入します。

これからは僕がバンコクでSimカードを購入した時の経験を元に流れを書いていきます。

僕がSIMカードを購入したのはBTS「プロムポ」駅前に直結している「エンポリアム・デパートメント」という大型デパートの中にある店舗です。

建物の5階部分にAIS、DTAC、TRUEの3社全ての店舗が入っていました。

しかし、AISの店舗は改装中のため休業中(上の左側の写真)。

DTACの店舗に行くと「この店舗ではプリペイドSIMは取り扱っていない」と言われました(上の右側の写真)。

消去法的にTRUEという選択肢しか残っていませんでした。

番号札を出力し、待機する

TRUEの店舗に行って、立っていた店員に「プリペイドのSIMカードが欲しい」と伝えると、備え付けの機械を操作して番号札を出してくれました。

番号札をもらった後は、奥にあるソファーがある場所で、案内板に自分の番号が表示されるまで座って待ちます。

15分ぐらい待ったら自分の順番が来ました。

Simカードを購入する

店員にプリペイドSIMが欲しいと伝えると、タイでの滞在日数を聞いてきました。

「1カ月」と答えると2種類の選択肢を提案されました。

  • 通信量2GB、電話可能(100分の無料通話付き):270バーツ
  • 通信料4GB、通話不可:400バーツ

自分が欲しい方を選択してお金を払うと、Simカードが入ったものをくれます。

TRUEのSIMカードのパッケージには懐かしいポケモンたちが現役でした。

購入の際にはパスポートの提示が必要になるので忘れないように持っていきましょう。

SIMカードは定員の人がセットアップをしてくれました。

定員の人はスマホをいろいろ操作していたので、スマホの言語設定を日本語に設定している人は、英語に変更しておいた方が店員にとって優しいと思います。

おわりに

タイのSimカードについて理解してもらえたでしょうか。

タイは外国人観光客も多いので、Simカードの購入もさほど難しくはないです。

時間が取れないような人は事前にAmazonなどで購入しておくことをオススメします。

LINEの引き継ぎ方法(海外で購入したiPhoneを日本の携帯電話番号を変える時)

2018.10.06

バンコクの超有名店「ピンクのカオマンガイ」と「緑のカオマンガイ」

2016.01.22






「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!