クイーンズタウンにある安宿「Sir Cedrics Bungi Backpackers」【閉鎖した可能性あり】

クイーンズタウンにあるバッパー「Sir Cedrics Bungi Backpackers」を紹介します。

毎日宿泊者にスープが提供されている宿です。

閉業してしまった可能性がある宿になります。
この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。1月〜9月までタイで過ごし、成田での自主隔離を終え、現在は香川に住んでいます。(詳しいプロフィールはこちら

立地

Sir Cedrics Bungi Backpackers」はクイーンズタウンの街の中心から歩いて約10分のところにあります。

坂の上に位置しているので、人によってはチェックインする前に疲れてしまうかもしれません。
地図

宿の特徴・イベント

チェックイン時間14時、チェックアウト時間10時となっています。

この宿では夕方に無料でスープが提供されます。
ただ、僕も一回飲みましたが、とても塩辛くまずかったです。

宿泊予約サイトには「スープが美味しかった」という口コミもあったので、作る人によっては美味しいのかもしれません。

部屋

ドミトリー部屋は一泊32NZドルです。
部屋はいくつかあり、一つの部屋には2段ベッドが2つあり4人が宿泊できるようになっていました。

貴重品ロッカーはありませんでした。

設備

キッチン

自由に使えるキッチンがあります。

お皿類もたくさん完備されていました。

トイレ・シャワー

トイレとシャワーは建物内にいくつかあります。

問題なくホットシャワーを利用することができます。

共用スペース

食事スペースでもある共有スペースがあります。

ソファーと机が設置しており、ゆっくりすることができます。

ネット環境

無料のWi-Fiがあります。

ただ、僕が滞在したときは毎日夜になると全く動かなくなりました。

まとめ

特に目立った特徴はありませんが、クイーンズタウンでゆっくりできる宿だと思います。

クイーンズランドは景色が綺麗な街なので、ぜひのんびりくつろいでください。

ニュージーランドで宿泊したおすすめゲストハウスまとめ

2017年7月23日
記事のタイトルとURLをコピーする
ブログ記事やSNSで紹介していただけるとありがたいです。