クライストチャーチにある日本人宿「Kiwi House Hostel」



クライストチャーチにある有名な「Kiwi House Hostel」について紹介します。

ここは日本人経営なので、英語に自信のない人、ニュージランドでワーキングホリデーをする人、日本人と話したい人におすすめの宿になります。

立地

Kiwi House Hostelは、クライストチャーチの市街地から少し離れたところにあります。

といってもクライストチャーチの主要な観光地には歩いていける距離です。

クライストチャーチ国際空港から市内までのバス移動については下のリンクを参考にしてみてください。

クライストチャーチ国際空港と市内を結ぶバスについて

2016.12.31
Kiwi House Hostelの場所

宿の特徴

チェックイン時間は14時、チェックアウト時間10時となっています。
オフィスは朝8時から夜7時までです。

バス停からは無料で送ってくれるサービスがあります。
チェックアウトの時に街まで送ってくれるサービスもあります。

このキュウイハウスの建物は2箇所あり、予約した後にどちらの建物に泊まるのか連絡が来るので、必ずチェックするようにしましょう

部屋

ドミトリー部屋は一泊28ドルです。
部屋に2段ベッドが4つあり8人が泊まれるようになっています。

日本人宿らしく、男女別々の部屋に分かれています。
部屋にロッカーはありませんが、キッチンに食料を入れるための鍵付きのロッカーを一人一つ使うことができます。

設備

キッチン

キッチンは受付やドミトリー部屋がある建物とは違う建物にあります。

調理スペースはU字型に作られており、ある程度広いので、同時に料理しても問題ありません。

トイレ・シャワー

トイレ・シャワーは宿内に何箇所かあります。

問題なくホットシャワーが使えます。

共用スペース

キッチンと同じ場所にテーブルが並んでいる場所があるので、食べ物を食べる時以外でも座ってくつろぐことができます。

また、その建物の2階にTVラウンジという部屋にはソファーが置いており、リラックスできます。

セキュリティ

夜になると、車も入れるメインの門が施錠されます。

施錠された後は、チェックイン時に渡される鍵を使って、隣にある小さな入口から入らなくてはいけません。

ネット環境

無料Wi-Fiを利用することができます。

ただし、Wi-Fi速度は遅めです。

まとめ

クライストチャーチにはこのKiwi House Hostelしか日本人宿がありません。

ここには日本人のワーキングホリデーで長期滞在している人がたくさんいました。もちろん日本人だけでなく、他の国の人の長期滞在者もいました。

クライストチャーチに来て、情報収集したい、日本人と関わりたいという人にはうってつけの宿だと思います。

また、ワーキングホリデーをしにきた人にも一箇所目の宿としてはいいと思います。