【台湾持ち物リスト】あれば便利なものまとめ



台湾旅行に行くけど、何が必要かな。

日本と同じように持ち物でいいのかな?

このような疑問を持ちの人に対して

  • 台湾の気候
  • 台湾の状況

を考慮して、海外旅行に基本な持ち物ではなく、台湾に旅行に行くからこそ必要な持ち物を紹介します。

台湾に旅行に行く人は参考にして、確実に準備しておきましょう。

台湾に持っていくと便利な持ち物リスト

折りたたみ傘

台湾は雨が多い国です。
台湾の台北市と日本の東京の降水量を比較してみます。

基本的な平均データを見てみると、東京の降水量が台北市の降水量の上回るのは、1年のうちでたった2カ月のみです。

つまり、1年を通して日本より雨が多いということです。

特に夏の期間は降水量が多いです。
ゲリラ豪雨のような急な雨も降ることが多いので、それらに備えて折りたたみ傘を携帯するようにしましょう。

また日差しが強い時は日傘にもなります。

日焼け止め

上記で台湾の降水量が多いと説明しましたが、一日中雨が降っているというより、局所的に激しい雨が降ることが多いです。
なので、雨が降っていない時の日差しはとても強いので、日焼けしたくない人は注意が必要です。

日本では日焼けしたくない人が、夏でも長袖を着ている人がいますが、台湾ではほぼいません。
台湾でも薄手の長袖を羽織ることで防ぐこともできますが、台湾は湿度が高いため、かなりしんどいと思います。

紫外線を防ぐためにも日焼け止めを日本から持っていくようにしましょう。

日焼け止めの機内持ち込みについて

日焼け止めは水分を多く含んでいるので「液体物」に分類されます。
そのため、「100ml以内の持ち込みのみOK」なので注意してください。

特に理由がなければ、容量関係ない受託手荷物の中に入れることをオススメします。
ただしその際は、日焼け止めが漏れないようにテープなどでキャップを固定しておきましょう。

【国際線機内持ち込みの液体物】機内に持ち込む時の3つのルールと持ち込めるもの・持ち込めないもの

2019年11月6日

トイレットペーパー

台湾のトイレは全てのトイレにトイレットペーパーが付いているとは限りません。

観光客が行く夜市などでは、基本的にトイレットペーパーはありません。

そのため、トイレットペーパーを持ち歩くようにしましょう。
芯を抜いたり、潰したりすれば、それほどかさばりません。

虫除けスプレー

台湾は蚊が多いです。
それは、台湾が蚊が活動しやすい気候だからです。

台湾は大きく2つの気候に分かれており、

  • 台湾北部が亜熱帯気候
  • 台湾南部は熱帯気候

です。

そのため、日本だと寒い時期は蚊はいなくなるのに対して、台湾は一年のほとんどが温かい気候なので、蚊が1年中活動しています。

特に、日本人が1番訪れる台北市は台湾でも北の方にあるため、他の地域よりも温かい期間が長いです。

特に自然が多い場所に行く人は絶対用意しておきましょう。

台湾の人気スポットである九份も山の中なので、蚊が非常に多い場所です。

快適に過ごすためにも虫除けスプレーを持っておきましょう。

エコバッグ

続いて紹介する台湾旅行に必要な持ち物は、エコバッグです。
なぜなら、台湾のコンビニやスーパーでのビニール袋は有料だからです。

日本はイオンをはじめ、いくつかのスーパーではレジ袋が有料化されていますが、コンビニでは普通にレジ袋に入れてくれますよね。
そのような状況は台湾ではありません。

台湾は国をあげて、現在プラスチックの消費を減らそうとしています。

少しの買い物なら手で持つことができると思いますが、お土産などを購入する時用にエコバッグを持っておくと便利です。

台湾のガイドブック

ネット上にはたくさんの人が台湾に関する記事を書いているので、「観光情報はネットで充分」という人も多いと思います。

ただ、紙の本でも電子書籍でもいいので、ちゃんとしたガイドブックを1冊持っていくことをオススメします。

ガイドブックは

  • 情報が体系的にまとまっている
  • 情報に嘘がない

からです。

ガイドブックに加えてネットで調べた情報があるといいでしょう。

るるぶ読み放題キャンペーン日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題できる「ブック放題」というサービスがあります。

100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

海外旅行中をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。

»1カ月無料でブック放題を体験してみる

台湾のSIM

台湾のSIMは、台湾に到着してからでも購入することもできますが、

  • Amazon
  • KKday(台湾の旅行会社)

などを利用して、日本で購入または購入手続きをしておいた方が楽です。

Amazonだと、利用している人が多いので便利ですね。
通信会社や利用できる日数が違うので、よく確認して購入するようにしてください。

僕は、KKdayの「【桃園空港受取】SIMカード受け取りプラン」を使って、現地のSIMを手に入れました。

  • 台湾の旅行会社「KKday」のSIMの予約ページ(日本語)から簡単に予約と決済ができる
  • 桃園空港の到着エリアにあるカウンターで受け取り
  • バウチャーを見せてサインするだけなので面倒な手続きなし

台湾旅行に必要じゃない持ち物リスト

台湾に行くにあたって、逆に必要でないものも紹介します。

変圧器

日本と台湾は電圧は違いますが、ほとんどの電化製品は台湾の電圧に対応できるので、必要ありません。

アダプター

コンセントの形が違うと充電できませんが、台湾のコンセントは日本のコンセントの形と同じまたは、似ているので、わざわざ変換アダプターを持っていく必要はありません。

台湾旅行に必要な持ち物リストまとめ

台湾旅行にあったら便利なものを紹介しました。

これプラス、台湾に行ったら日本のSuicaでもある電子カード「ヨウヨウカー」を手に入れましょう。

また、台湾に行く際には、あまり必要なものが多くないことが分かったと思います。
なので、台湾に行く際に大きなバックやスーツケースは不必要です。

スーツケースを持っていない人は、即日発送可能で、往復送料込みの【アールワイレンタル】
などのスーツケースレンタルサービスを利用してみてください。

台湾旅行に行く前に準備しておくべきこと【要チェック】

2019年9月8日

台湾の入国審査の流れと入国後にやること

2019年9月12日

日本で初めてとなるAmazonブラックフライデーが開催中!
色が黒いものや、名前に黒が入っているものの他、様々な商品が特別価格になっています。

11/24の23:59までの限定セールとなっているので、お見逃しなく!



KKdayと台湾観光局が期間&数量限定の特別キャンペーンを開催中

台湾の旅行会社「KKday」を通して指定区間内の台湾新幹線の片道乗車チケットを2枚同時に予約すると、1枚の料金が無料になります。

⇒詳細はこちら





この記事のタイトルとURLをコピーする
台湾の観光にるるぶ読み放題サービスを利用しよう

日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題できる「ブック放題」というサービスがあります。

100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

台湾旅行をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。