台湾のSIMの購入ならKKdayがおすすめ【桃園空港で受け取り】



台湾の現地SIMを手に入れたいけど、どうすればいいんだろう。

中国語話せないから、SIMを手に入れるのは難しいのかな?

台湾に行くにあたって、そんな疑問をお持ちのあなたには、台湾の旅行会社「KKday」を通して、台湾のSIMを手に入れることをおすすめします。

今回紹介する桃園空港受取のSIM受け取りプランだと、4Gの通信制限無しの台湾の現地SIMをゲットできます。

申し込みはネットを通して日本語でできますし、受け取りのときもパスポートを提示するだけでOK。
24時間受け取り可能なので、桃園空港に深夜便や早朝便で到着する方にもおすすめです。

この記事では、自分の体験をもとに、

  • KKdayの台湾SIMの桃園空港受取プランの詳細
  • プランの申し込み方法
  • 桃園空港でSIMを受け取る流れ

を紹介していきます。

台湾でSIMをお探しの人は参考にしてみてください。

KKdayの台湾SIMの桃園空港受け取りプランのおすすめポイント

KKdayが台湾の現地SIMのプランは2種類あります。

SIMの通信会社が違います。

僕自身は、

  • 安い
  • 大手通信会社
  • 桃園空港で受け取ることができる

という理由で、1つ目のプランを利用してSIMを受け取りました。

通信会社が「台灣大哥大電信公司」

1つ目のものは、通信会社が「台灣大哥大電信公司(Taiwan Mobile)」です。
「台灣大哥大電信公司」は台湾の大手通信会社の1つです。

2つ目のプランは、通信会社が「中華電信」です。

4Gで通信量無制限

インターネット速度は「4G」で、データ通信量制限はありません。

テザリングもできるので、SIM1つでタブレットやパソコンでもネットにつなぐこともできるようになります。

台湾全土で使える

SIMのサービスエリアは「台湾全域」となっているので、桃園空港で受け取り後に、台湾各地に行っても通信することができます。

ネットが繋がりにくい、金門島、馬祖島、澎湖島もカバーされています。

24時間受取可能

24時間受け取り可能なので、深夜や早朝に到着しても、「開店まで待たないといけない」のような状況は起こりません。

到着後すぐにSIMを受け取ることができるので、時間に支障はきたすことはないです。

KKdayの台湾SIMの桃園空港受取プランの申し込み

まず、日本を出発する前にKKdayにアクセスし、「桃園空港のSIM受け取りプラン」のページから申し込みをします。

プランの申し込みは以下の流れで完了します。

  1. 利用日を選ぶ
  2. プランを選択する
  3. SIMの枚数を決める
  4. 自分の情報を入力する
  5. 決済する

決済が完了したら、バウチャーが送られてくるので、保存しておきましょう。

台湾SIMのプランの選択について

桃園空港の受け取りプランはSIMの有効期限の長さによって料金が変わってきます。
料金は台湾ドルのレートによって変化するので、プランの詳細ページを参考にしてください。

現在このプランでは、以下の5つの選択肢があります。

  • 3日間プラン:4Gインターネット使い放題+通話費用100NTD
  • 5日間プラン:4Gインターネット使い放題+通話費用50NTD
  • 6日間プラン:4Gインターネット使い放題+通話費用50NTD
  • 7日間プラン:4Gインターネット使い放題+通話費用150NTD
  • 10日間プラン:4Gインターネット使い放題+通話費用100NTD

見て分かるように、プランによって、無料で通話できる金額が変わってくるので、台湾で電話を利用する人は通話費用も考慮してみてください。

「台湾で電話することはない」という人は、台湾の滞在日数だけ考慮して、自分に合うプランを選択しましょう。
SIMの有効期限ですが、受け取った日の決まった時間から始まるのではなく、SIMが開通してからの計算になります。

例えば、10日プランを申し込み、SIMをスマホに挿入したのが21時であれば、それから10日後の21時にSIMは使えなくなります。

補足

10日間以上使いたい場合は、台灣大哥大のアプリなどから延長することができます。

プランは【第1ターミナル受取】と【第2ターミナル受取】に分かれているので、自分が乗る飛行機がどちらのターミナルに到着するか確認して申し込みましょう。

ただ、間違えたとしても、ターミナル間は電車やバスで無料で簡単に移動できます。

台湾の桃園空港でSIMを受け取る

ネットでプランを申し込んだ時に選択した受取ターミナルに行きましょう。

第1ターミナルだと、到着ホールの通信会社が3つ並んでいる真ん中が受取場所となる「台灣大哥大」のカウンターでした。

台湾のSIMを受け取る

台灣大哥大のカウンターに行って、スマホでバウチャーのQRコードを見せましょう。
QRコードは、

  • ネットにつなぎ、注文ページから表示
  • あらかじめダウンロードしたPDFファイルを表示
  • アプリで表示

のどの方法を使ってもかまいません。

空港内に無料のWi-Fiが飛んでいるので、KKdayにログインし、「予約管理」からプランを選択し、「バウチャーをダウンロードする」をタップすれば、QRコードが載っているバウチャーが表示されます。

このバウチャーはPDFファイルなので、Dropboxなどに保存し、オフラインでも見れるようにしておくと楽です。

1番簡単なのは、KKdayの公式アプリを使った方法です。
すぐに開くことができますし、注文ページの「バウチャー」というボタンをタップすると、QRコードが表示され、自動的に画面が明るくなるので便利です。

QRコードを見せた後は、パスポートと搭乗券の提示を求められました。

あとは、受取書に2箇所サインをすればSIMを受け取ることができます。

台湾のSIMを自分のスマホに挿入する

SIMのパッケージごと渡されるので、自分でSIMを入れ替える必要があります。
SIMを取り出すピンはパッケージにセロテープで付けてくれました。

入れ替える必要があると言っても、ピンでSIMの取り出し口を開け、入っているSIMを取り出し、購入したSIMを入れるだけです。

SIMは

  • 「Nano」サイズ
  • 「Micro」サイズ
  • 「Normal」サイズ

があるので、自分のスマホのSIMサイズに合わせて、抜き取りましょう。

パッケージの説明書にSIMを使うための設定方法などが書かれていましたが、僕はSIMを入れるだけですぐに使い始めることができました。

購入したSIMが開通すると、通信会社からSMSが届きます。

台湾のSIMをゲットしたいならKKdayの桃園空港受取SIMがおすすめ

KKdayのSIMのプランを利用して、申込みから受け取るまでの流れを紹介しました。

申込みは日本語で、受け取りもパスポートと搭乗券の提示だけなので、誰でもとても簡単にSIMを受け取ることができます。

1番長い10日間のプランなら、1日あたり約150円でいつでもネットを使えるようになります。
台湾のSIMを手に入れるおすすめの方法です。

クーポンコード情報【期間限定】

KKdayの初回利用に限り、クーポンコード「NEWSET」と打ち込むことで、US$10以上の注文だと$2の割引されます。

台湾のオンライン入国カードの申請方法と入国の流れ【5分で完了】

2019年8月24日

台北駅構内の郵便局で両替がおすすめ【手数料無料・レート良し】

2019年8月27日



クーポンが当たる&15%オフキャンペーン

台湾の旅行会社「KKday」が期間限定で「五円ご縁キャンペーン」を開催中です。見事当たればテーマパークのチケットをゲットできます。

また、11月15日までの予約時にクーポンコード「QBISC0」を入力すると15%オフになります。

⇒詳細はこちら





KKdayと台湾観光局が期間&数量限定の特別キャンペーンを開催中

台湾の旅行会社「KKday」を通して指定区間内の台湾新幹線の片道乗車チケットを2枚同時に予約すると、1枚の料金が無料になります。

⇒詳細はこちら





この記事のタイトルとURLをコピーする
台湾の観光にるるぶ読み放題サービスを利用しよう

日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題できる「ブック放題」というサービスがあります。

100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

台湾旅行をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。