イグアスの滝まとめ(行き方・ベストシーズン)



このブログでは、アルゼンチン側とブラジル側についてそれぞれ書いていますが、イグアスの滝についての情報をまとめました。

行き方やベストシーズン、アルゼンチン側とブラジル側の違いなどを解説しているので、イグアスの滝に行く人は参考にしてみてください。

イグアスの滝の場所と行き方

イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルにまたがっています。

カナダのナイアガラの滝、ジンバブエのヴィクトリアの滝と並んで、世界三大瀑布の瀑布の1つでもあります。

イグアスの滝はアルゼンチン側とブラジル側のどちらからも見ることができます。
それぞれ違った角度から見ることになるので、楽しみ方も違ってきます。

イグアスの滝の約8割がアルゼンチン側になるので、アルゼンチン側の方が施設が広く、それだけ所要時間が必要です。

イグアスの滝はアルゼンチン側もブラジル側も世界遺産に登録されています。

イグアスの滝(アルゼンチン側)

イグアスの滝のアルゼンチン側があるのは、アルゼンチンの「プエルト・イグアス」という街です。

アルゼンチンの北側にあり、パラグアイとブラジルと国境を接しています。

イグアスの滝へはバスに乗って行くことができます。
プエルト・イグアスのバスターミナルからイグアスの滝行きのバスが出ています。

イグアスの滝(ブラジル側)

イグアスの滝のブラジル側があるのは、ブラジルの「フォズ・ド・イグアス」という街です。

サンパウロやリオデジャネイロのように治安は悪くなく、のんびりとした街となっています。

ブラジル側もアルゼンチン側と同じようにイグアスの滝まではバスで行くことができます。
フォズ・ド・イグアスのバスターミナルからイグアスの滝まで直通のバスが出ています。

イグアスの滝の場所

イグアスの滝の最寄りの空港

イグアスの滝の最寄りの空港ですが、アルゼンチン側とブラジル側それぞれあります。

アルゼンチン側の空港

アルゼンチン側の空港日本語表記:イグアスの滝国際空港
スペイン語表記:Aeropuerto Internacional Cataratas del Iguazu
空港コード:IGU

イグアスの滝国際空港までは、ブエノスアイレスから2時間です。

アルゼンチン側の空港はブラジル側と違い、イグアスの滝とは離れた場所にあります。

そのため、空港からまずプエルト・イグアスのバスターミナルまで移動し、またバスを乗り換える必要があります。

ブラジル側の空港

ブラジル側の空港日本語表記:「フォス・ド・イグアス国際空港」または「フォズ・ド・イグアス – カタラタス国際空港」
ポルトガル語表記:Aeroporto Internacional de Foz do Iguaçu – Cataratas
空港コード:IGR

フォス・ド・イグアス国際空港までは、リオデジャネイロから2時間、サンパウロから1時間45分ほどです。

ブラジル側はフォズ・ド・イグアスとイグアスの滝への路線バスの中間地点にあるので、空港から直接イグアスの滝に行くことができます。

イグアスの滝の施設に大きなロッカーがあるので、直接行っても問題ありません。

イグアスの滝のベストシーズンは4月から6月

イグアスの滝のベストシーズンは、滝を流れる水の量が多いシーズンとされています。

そのため、雨季の影響で、水量が1番多くなる12月から2月ごろがベストシーズンとされています。

ただし、雨季ということは、それだけ観光するときの天候が雨である確率が高いということです。
雨の中、撮影したイグアスの滝は写真映えしませんし、傘をさしながらの観光自体も大変です。

そこで、重視したいのが「天気」です。
イグアスの滝をより魅力的に見せる「虹」は当然ですが、天気がいい日にしか見ることができません。

そのため、イグアスの滝のベストシーズンは雨季終わりまたは明けすぐだと思います。
雨季終わりや雨季明けすぐだと水の量も多く、天気がいい日に恵まれる確率が高いからです。

イグアスの滝のベストシーズンは4月から6月だと言えます。

僕は4月にフォズ・ド・イグアスに1週間ほど滞在しましたが、毎日晴れていました。
当然、虹も見ることができました。

イグアスの滝を見るオススメの時間帯

イグアスの滝は、基本的に午前中は虹がよく見られるとされとおり、観光客も多いです。
といっても、午後であっても問題なく虹は見ることができました。

なので、それほど時間帯は気にしなくても大丈夫です。
ただし、アルゼンチン側に限っては敷地が広く、見る場所がたくさんあるので、あまり遅い時間に行くと見終わることができないので注意してください。

また、土日などの祝日は地元の人たちも来るので混みやすいです。
人混みを避けたいのであれば、できるだけ平日に行くようにしましょう。

営業時間ですが、アルゼンチン側はサマータイムはないけど、ブラジル側はサマータイム制度があります。サマータイムの時期は7:00〜17:00となるので注意してください。

イグアスの滝の敷地内の移動

アルゼンチン側はトロッコ電車

アルゼンチン側のイグアスの滝は敷地地内に観光客用のトロッコ電車が走っています。

敷地内には3つの駅があり、無料で利用することができます。

ゲートをくぐって、少し歩くと1つ目の駅があります。

ブラジル側はバス

ブラジル側はゲートをくぐった後にバスに乗ることになります。

チケットを購入した後に乗るもので、イグアスの滝の近くまで移動することができます。
そして、見終わった先にもバスが待っており、また入口まで帰ることができます。

バス料金は入場料金に含まれています。

イグアスの滝の楽しみ方の違い

アルゼンチン側は迫力のある滝を間近で見て楽しむ

アルゼンチン側のイグアスの滝の特徴は、迫力がある滝が見れるということです。

アルゼンチン側の1番見どころとなる「悪魔の喉笛」は、見ないと分からない迫力があります。

悪魔の喉笛は、アルゼンチン側からでも、ブラジル側からでも見ることができますが、近くまで行けるのはアルゼンチン側のみです。

また、有料になりますが、滝に突っ込むボートツアーもあります。

ブラジル側は滝の全体像を見て楽しむ

ブラジル側のイグアスの滝は、「滝を遠目に楽しむ」のに適しています。
ブラジル側からはアルゼンチン側の滝も見ることができます。

滝の上を遊歩道で歩けるようになっており、迫力があります。

イグアスの滝はアルゼンチン側とブラジル側のどっちがいいの?

イグアスの滝はアルゼンチン側とブラジル側があるけど、どっちがいいの?と聞かれることが多いです。

多くの人は「アルゼンチン側の方が良かった」と言うと思います。

どちらか一方しか行く時間がないという人はアルゼンチン側に行くことをオススメします。
アルゼンチン側は悪魔の喉笛を近くから見れる、ボートツアーのアクティビティも豊富だからです。

ただ、それぞれいいところがあるので、どちらも見ることをオススメします。

そして、できるなら最初にブラジル側、次にアルゼンチン側に行くとより楽しめると思います。

まとめ:イグアスの滝は価値のある観光地

イグアスの滝の情報をまとめました。

イグアスの滝は大自然を感じられる、とても価値のある観光地だと思います。

それぞれの記事に詳しく書いているので読んでみてください。

イグアスの滝(アルゼンチン側)の行き方と見どころ【ボートツアー・悪魔の喉笛の動画あり】

2019年1月30日

イグアスの滝(ブラジル側)の行き方や見どころ

2019年1月24日

世界三大瀑布まとめ【場所・行き方・ベストシーズン】

2019年2月10日

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!