エルサレムのおすすめ安宿「The Post Hostel」はオシャレで朝食が豪華

イスラエルのエルサレムにある安宿の紹介です。

宿の設備は新しく清潔で、朝食が豊富なリーズブルな宿です。

立地とアクセス

The Post Hostelはエルサレムの旧市街の近くにあります。
旧市街までは約5分ぐらい歩けば行くことができます。

宿から徒歩2分の距離にはトラムの「City Hall」駅があります。
死海空港行きのバスが発着している「セントラルバスターミナル」、「ホロコースト記念館」などの観光名所までもトラム一本で行くことができるので観光にも便利な立地にあると言えます。

The Post Hostelは建物の3階にあります(0階があるので実質4階)。
建物に入ると真正面にエレベーターがあるので、それを使って受付のある3階に行きましょう。

The Post Hostelの場所

チェックイン・チェックアウト・イベント

チェックイン時間は14時から、チェックアウト時間は10時です。
チェックイン前やチェックアウト後には鍵付きの専用の部屋で荷物を預かってくれます。

一泊しかしていないので毎日実施されているかは分かりませんが、僕が宿泊した日の夜はハマムが無料で振る舞われました。

部屋

宿の中には個室とドミトリー部屋があります。
部屋のドアはカードキーで開錠することができます。

僕が宿泊したドミトリー部屋は10人ドミでした。
ベッドも部屋自体も清潔に保たれています。

ベッドは2段ベッドで、枕元には小さなライトがついています。
あと、普通のコンセントとUSB端子用のコンセントがそれぞれ一つずつあります。

ベッドの下には大きな荷物が入るロッカーがあります。
このロッカーに鍵はついていないので、自分の南京錠などを利用しなければいけません。

設備

キッチン

自由に使えるキッチンがあります。

綺麗に保たれていました。

トイレ・シャワー

ドミトリー部屋にトイレとシャワーが別々に一つずつあります。
レセプションの近くにも共用のトイレがが2つあります。

シャワーの水圧、水温は安定しており快適にホットシャワーを利用することができます。
タオルはついておらず、有料でのレンタルになります。

共用スペース

宿の共用スペースはとても広いです。
椅子やソファーが並んでおり、人数が多くても座る場所がないということにはならないと思います。
ビリヤードがある部屋もくつろげるようになっています。

外には大きなテラスもあります。
たくさんの人がひなたぼっこしていました。

建物の中には小さなバーカウンターも併設しており、ビールやカクテルなどを注文することもできます。
フリー飲み物としては水がありました。

朝食

宿泊者全員に無料の朝食が付いています。
提供時間は7:30から10:30の間です。
ブッフェ式で内容はかなり充実しています。

食パンの他にたくさんのおかずがあり、少なくなったらすぐに追加されます。
シリアルの他にもヨーグルトがあり、はちみつや果物などをトッピングすることができます。

さらに飲み物も充実しています。
一般的なコーヒー、紅茶はもちろん、ラテやエスプレッソが自動でできるコーヒーメーカーもあります。
またセルフサービスになりますが、オレンジがいくつもあって、自分で絞り機で果汁100%のオレンジジュースを作ることができます。

洗濯

洗濯機と乾燥機はありますが、有料サービスとなっています。

ネット環境

ネット速度はストレスの無い速度です。
Wi-Fiは共有スペースでもドミトリー部屋でも問題なく使うことができました。

まとめ

宿泊料金は他の国の安宿と比べて高いですが、イスラエルの物価と宿のクオリティを考えれば納得できると思います。

僕はチェックイン日に朝の9時ぐらいに行ったのですが、「朝食食べていいですか?」と聞いたところ「もちろん」と言われて朝食を食べることができました。
できることならチェックイン日には朝食の時間に行くことをオススメします。

⇒「The Post Hostel」の詳細と空室確認はこちらから(Booking.com)

宿の質としては落ちますが、宿泊料金だけ考慮すれば僕がエルサレムで宿泊した「Hebron Youth Hostel」の選択肢も入れてみてください。