エルサレムからパレスチナ自治区(ベツレヘム)への移動方法・観光情報

今もイスラエルの抱える問題の一つである「パレスチナ問題」。

その問題となっているパレスチナ自治区のベツレヘムに実際に行ってきたので、エルサレムからの行き方とベツレヘムの観光名所を紹介していきます。

エルサレムからベツレヘムへの行き方

エルサレムからベツレヘムへバスで向かう場合、まずはエルサレム旧市街の入り口の一つである「ダマスカス門」の近くのバスターミナルに行きます。

ベツレヘム行きのバス乗り場

ベツレヘム行きのバスは21番バス乗り場を発着しています。
バス番号は231番です。

ベツレヘムへのバス料金は片道6.8シュケルで、乗車時に運転手に直接払います。

エルサレムのバスターミナルを出発して1時間後にベツレヘムに到着しました。
セキュリティチェックなどは全くありません。

ベツレヘムのバス降り場

ベツレヘムの観光について

キリストが誕生した教会「聖誕(降誕)教会」

キリストが生まれたとされる穴があります。
この穴に触るために長蛇の列ができていました。
僕は時間がなかったので列に並びませんでしたが、確実に30分以上待たないといけないぐらいの長さでした。

「Milk Grotto」

聖母マリアの母乳が一滴洞窟に落ちたことで、そこら一帯がミルク色に変わったとされる教会です。

僕が行った18時過ぎには門が閉まっており、中に入ることができませんでした。

バンクシーの壁画アート

引用:7 Times Banksy Had the World Talking

ベツレヘムには世界的に有名なバンクシーが描いた絵がいくつかあります。
特に目立った場所にはなく、さりげなくあります。
そのため場所を知っているタクシーを使って見るのが一般的です。

ただMaps.Meを見ると一番有名だと思われる兵士が手榴弾の代わりに花を投げている絵「Man Throwing Flowers」と防弾チョッキを着ている鳩の絵である「Armoured Dove」の場所が表示されています。

僕は時間がなかったので行けませんでしたが、歩いてもそこまで遠い距離ではありません。

全部のアートが地図に表示されていないので、全部見たい人はタクシーを利用するのがいいのでしょう。
でも、「一つだけ見れればいいや」「タクシー代を払いたくない。お金を節約したい」という人は少しだけ歩きましょう。

また2017年3月に「世界最悪の眺めのホテル」としてオープンした「The Walled Off Hotel」もこれから有名になっていきそうです。
詳しくはBBC News Japanの「バンクシー、ベツレヘムに『世界最悪の眺めのホテル』」にある動画を見てください。

ベツレヘムからエルサレムへの帰り方

エルサレムから乗ってきたバスを降りた場所と全く同じバス停からエルサレムへのバスが出ています。
反対車線に帰りのバスが出ているのが普通なのですが、エルサレム行きのバスに乗れるのは全く同じ場所です。

ベツレヘムに来た時と同じように乗車時に6.8シュケルを運転手に支払います。

バスが出発して約15分後に検問場所に停車しました。

パレスチナ人と見られる人はみんなバスを降りないといけないみたいですが、外国人観光客はそのままバスに乗っていて大丈夫です。
運転手の人からパスポートを出すように言われました。

武装した2人がバスに乗り込んできます。
特にパスポートを手に取って見るということはなく、チラッとだけ見た感じでした。

パレスチナ人をチェックするためだけなので、観光客は特に緊張する必要はありません。
外に降りたパレスチナ人は身体チェックなどをされていました。

ベツレヘムで注意すること

タクシー運転手のぼったくりと嘘

バスを降りると、タクシーの運転手が寄ってきます。

ベツレヘムは2つの教会とバンクシーの絵が有名なので、それらを連れて周るプランを提案してきます。
ネットで調べてみると1時間のツアーで60シュケルぐらいが相場のようです。

僕自身も声をかけられ、最初は1時間80シュケルと言われました。
全く使う気がなかったので、自分で教会のある方へ歩いて行っても5分ぐらいずっとついてきました。

僕は全く値段交渉などせず、「今日はタクシーを使う気はない」と言ったにもかかわらず、最終的には35シュケルという価格を提示して来ました。

本来その値段なら格安で使ったかもしれないのですが、その前に「教会は歩いていけない距離にない」「教会はもう閉まっている」「最終バスは18時半なので、タクシーを使わなければ帰れなくなる」など何回も嘘をついてきていたので使いたくありませんでした。

生活のためにお客を取らないといけないのは分かりますが、人を騙してまでお金を取ろうとする人にはあまり近づかない方がいいでしょう。

最終バスに注意

僕が調べたところベツレヘムからエルサレムに行く最終バスは19時半でした。
これ以降はバスが翌日までないので、タクシーを使わなければいけないと思います。

ベツレヘムからエルサレムまでタクシー移動が可能かどうかも分かりませんし、できたとしてもタクシー代が高額になるのは間違いないでしょう。
したがって、確実にバスに乗って帰れるように時間に余裕を持ってベツレヘムを観光するようにしましょう。

女の子は夜遅くに一人で歩かない

観光名所の近くはそれなりに人がいますが、ベツレヘムの夜は人がかなり少なくなります。
教会とバス停を結ぶ道ですが、ほとんど人のいない区間がありました。

女の子一人で自力でベツレヘムに行った場合は、日が沈む前にバス停に行くようにしましょう。

パレスチナ問題についての発言に気を付ける

イスラエルとパレスチナは大きな問題を抱えています。

パレスチナ人の多くはイスラエル人のことを悪く思っています。
現地の人と話す機会がある場合、かなりセンシティブな内容なので不用意にパレスチナ問題のことについて意見を言わないようにしましょう。