キエフからリヴィウへの電車移動情報

ウクライナの首都キエフからリヴィウまでの電車移動について紹介します。

2つの街は電車で結ばれており、楽に移動することができます。

今回はチケットの購入から移動の様子などを紹介していきます。

キエフからリヴィウまでの電車移動について

ウクライナの主都キエフとリヴィウはそれぞれ外国人旅行者が集まる街です。
そのため、今回紹介するキエフとリヴィウを結ぶ路線はウクライナ人だけでなく、外国人観光客の利用も多い路線になります。

キエフとリヴィウは直線距離で約520km離れています。
一番早い電車を利用すれば約5時間、ゆっくり移動する電車でも約7時間で移動することができます。

乗車した時は、キエフ発リヴィウ行きの電車は1日に16本運行していました。
僕は日中に移動する電車に乗車しましたが、夜行電車という選択肢もあります。

ウクライナの電車は安く快適に移動できるので、バス移動よりも断然オススメです。
僕自身もこの記事で紹介している「キエフからリヴィウ」という路線の他に、愛のトンネルを見に行くために「リヴィウからリヴネ」、そして「リヴネからキエフ」という他の路線も利用しました。

リヴネからキエフへの寝台電車移動について

2018.01.01

キエフからリヴィウまでのチケットの購入について

チケットは窓口もしくはネット上で購入することができます。

僕自身はキエフ駅にある窓口で直接購入しました。
窓口はキエフ駅の1階の南西側の入口近くにあり、「TICKET WINDOWS」と書かれています。

自分が乗車する日時とクラスを伝え、お金を払えば購入することができます。
僕が購入したチケットは、キエフを14:07に出発し、19:50にリヴィウに到着する便です。
クラスは「Seating First Class」を選び、556フリヴニャでした。

ネットから購入する場合は下のリンク先にアクセスしてください。
キエフは英語表記で「Kiev」ですが、下のサイトでは「Kyiv」と入力するようにしてください。
どのクラスがいくつの空席があるかを確認することができるので、窓口で直接購入する人も事前に一度チェックしてみましょう。

リンクウクライナ国鉄公式ホームページ

キエフからリヴィウまでの移動の流れ

キエフ駅にはたくさんのプラットホームがあるので、自分が乗車する電車が何番のプラットホームから出発するか電光掲示板を見て確認するようにしましょう。

僕が乗車した「Seating First Class」は席が6人ごとに座れるコンパートメントタイプになっていました。
座席も全席指定になっているので、自分の席に行きましょう。

チケットは現地の言葉で書かれているので、分からない場合は他の乗客の人に尋ねるといいです。
僕の席があるコンパートメントにはウクライナ人があと2人乗っているだけだったので、1人2席使える状態でした。

椅子の部分が持ち上がるようになっており、そこに大きな荷物を入れることができます。

紅茶サービス

同じコンパートメントに座っていたウクライナ人が紅茶をもらっていて、無料だよと言われたので注文してみました。
でも、有料でした。

インターネットでチケットを購入したら、無料で紅茶が付いているようですが、僕はインターネットで買っていなかったので有料だったみたいです。

リヴィウに到着

キエフからリヴィウに向かう途中長い間電車は停止していました。
その結果リヴィウに着いたのは予定到着時刻よりも1時間も遅れて到着しました。

リヴィウの駅と中心地は約3km離れています。
歩いて行くこともできますが、トラムで移動する人が多いです。

おわりに

キエフとリヴィウの電車移動はとても楽で快適なものでした。
利用する人が多いと思うので、この記事を参考にしてもらえばと思います。

電車は1時間も遅れて到着しましたが、予約していた宿が駅の近くだったので、すぐにチェックインすることができました。
到着が夜遅くなる場合は、駅の近くに宿を取ることをオススメします。