ウクライナに行く人に1番オススメしたいレストランを紹介



「ウクライナではどのレストランがいいかなー」という人に向けて、個人的にウクライナでお気に入りのレストラン「プザタハタ」を紹介します。

このレストランはチェーン店なので、国内のいろんな場所にもあり便利です。

その上、美味しいウクライナ料理を安く食べることができます。

僕自身1ヵ月以上ウクライナに滞在し、いくつかのレストランに行きましたが、初めてウクライナに行く人には「プザタハタ」をオススメします。

「一カ月以上もいて、オススメするのは結局チェーン店かい!」と思う人もいるかもしれませんが、今回の記事ではそのツッコミをなくすぐらい「プザタハタ」の魅力を伝えていきたいと思います。

ウクライナに観光に行く人は参考にしてみてください。

ウクライナの人に愛されている「プザタハタ」

IMG 2018プザタハタはウクライナ料理を提供しているレストランです。

チェーン展開をしているレストランとして、ウクライナ国内最大規模となっています。

2003年に創業して以来、着々と人気を集めています。
基本的にご飯の時間は大混雑、午後3時のような時間帯でも人がたくさんいます。

まさしく、地元の人に愛されているレストランです。
プザタハタの調べたデータによると、1日の利用者の50%は常連客だそうです。

僕はこのレストランの存在を知らなかった数日間と、愛のトンネルに行った日以外は毎日通いつめてました。

僕も一時的ではありますが、立派な常連でした。
そんな僕が考えるプザタハタの魅力を4つに絞って伝えていきます。

美味しいウクライナ料理を食べれる

プザタハタで提供されている料理はどれも美味しいです。

ウクライナにいた1ヵ月以上の滞在期間中、ほぼ毎日通いつめましたが、「まずい」と感じた料理は一つもありません。

チェーン店なので、味も安定しています。

自分がお気に入りのものを見つけるとラッキー!
街を移動しても同じ味のものを食べることができます。

プザタハタの料理は美味しいだけ上に、いろんな種類の選択肢があるのも嬉しいところ。

サラダ、スープ、おかず、メイン、デザートまで揃っています。

基本はレストランですが、ケーキとコーヒーだけを注文してカフェのようにくつろいでいる人もいます。

IMG 2021上の写真は僕がお気に入りのデザートです。

モチモチとした皮にさくらんぼのようなフルーツが包まれており、砂糖とヨーグルトをかけて食べます。

25フリヴニャ(約100円)で、美味しいので、ぜひ試してみてください。

安いのでお金を気にせず食べれる

プザタハタは英語表記だと「Puzata hata」、ウクライナ語表記だと「Пузата Хата」になります。

この「プザタハタ」というウクライナ語を日本語に訳すと「満腹の館」という意味になります。

言葉通り、美味しい料理をお腹いっぱい食べることができます

なぜなら、プザタハタの料理は基本的にどれも安いから。

どれだけ安いかという一例として、下のプレートを見てください。
これで57フリヴニャ(約230円)になります。

この記事に使っている写真は全て200円代、300円代のものばかりです。

現地の大衆向けのレストランなので、値段が高いと誰も来ませんしね。

そもそもウクライナは物価が安いので、外食であっても、お金のことを気にせず、好きなものを食べることができます

言葉が分からなくても頼める

IMG 2020プザタハタのいいところは、全て指差し注文できるところです。

テーブルに座って、メニューから好きなものを注文するという一般的な形式ではありません。

学食のように、最初にトレーを持ち、自分が欲しいものをトレーに乗せていき、最後に精算するという形式です。

この形式は「スタローバヤ」といい、旧ソ連時代に普及したものです。

料理がすでに見える状態で置かれているので、指をさすだけでどれが欲しいのかを伝えれます。

このように、ウクライナ語やロシア語を話せなくても、好きなものを簡単に注文することができます

言葉が分からなくてもいいということで、ウクライナに観光に来ている外国人旅行客にも人気です。

実際僕も、宿の人だけでなく、宿に宿泊していたいろんな人からプザタハタをオススメされました。

大きい街にはあるから困ったときに便利

「プザタハタ」はチェーンのレストランなので、ウクライナの大きい街には必ずあります

外国人観光客がウクライナに観光目的で行く場合、首都の「キエフ」か第二の街「リヴィウ」に行く人がほとんどでしょう。

首都キエフを中心として出店しているので、キエフ市内に20店舗、リヴィウ市内に2店舗あります(2018年6月現在)。

また、「プザタハタ」は朝早くから夜遅くまで営業しています。

基本的に6:00(または8:00)から23:00まで営業時間が長いので、いつでも行くことが可能。

どこにでもあり、営業時間も長いので、食べるものに困ったら行くことができます。

ちなみに「愛のトンネル」に行くために拠点となる街「リヴネ」は小さい街なのでありませんでした。

まとめ

ウクライナにあるおすすめレストラン「プザタハタ」を紹介しました。

ウクライナに行った際はぜひ一度行ってみてください。

ウクライナの絶景「愛のトンネル」への一番簡単な行き方と注意点

2018.06.30

キエフで宿泊した安宿2つを紹介します【どちらも駅チカ】

2018.06.26