台湾の無料Wi-Fi「iTaiwan」の登録方法と使い方【超簡単】



台湾でネットを無料で使いたいなぁ。

無料のWi-Fiがあるって聞いたけど、どうやって使うんだろう?

そんな人のために、台湾全土で使うことができる「iTaiwan(アイタイワン)」という無料Wi-Fiを紹介します。

「iTaiwan」は無料で使うことができますが、利用するためには、登録が必要。

そこで、この記事では、

  • iTaiwanの登録方法
  • iTaiwanの使い方

を解説していきます。

登録は30秒!
使い方も簡単なので、ぜひ台湾旅行の際に使ってみてください。

Amazon Echo Show 5プレゼントキャンペーン

「Amazonプライムミュージック」または「Amazon Music Unlimited」で1日1回音楽を聴くだけで「Echo Show 5」が当たるキャンペーン中!!

特別な応募などは全く必要なく、無料で参加できますよ。

公式Echo Show 5プレゼントキャンペーン

台湾の無料Wi-Fi「iTaiwan」の登録方法

台湾の無料Wi-Fiである「iTaiwan」は登録が絶対に必要です。

登録は

  1. ネットで登録
  2. 現地の空港や駅にある観光客用のサービスカウンター「旅客服務中心」で登録

の2つ。

どちらから登録しても使うことに違いはありませんが、観光客用のサービスカウンターで現地登録する方がおすすめです。

「iTaiwan」のネット登録はおすすめしない

「iTaiwan」のネット登録は、公式ページからできます。

リンクiTaiwanの公式ページ

ただし、iTaiwanのネット登録はおすすめしません。
ネットからの登録をおすすめしない理由は

  • 登録ページが中国語
  • 登録する手間がかかる
  • ネットで登録しても、結局、カウンターに行く必要がある

からです。

旅客服務中心は、空港の到着ロビーのすぐ近くにあるので、到着後にすぐ登録することができます。
しかも、登録は30秒ほどで完了します。

そのため、わざわざ事前にネット登録する手間はかけない方がいいでしょう。

ガイドブックや他のブログなどでは、「ネットで事前登録が必要」と書いているものもありませんが、間違っています。

僕自身ネットで事前登録していませんでしたが、現地で登録して、使うことに関しては問題ありませんでした。

現地での「iTaiwan」の登録方法

現地の「旅客服務中心」での登録には、パスポートだけ必要です。

僕は、台北にある桃園空港の「旅客服務中心」で手続きを行いました。
第1ターミナルにも、第2ターミナルにもカウンターがあります。

「旅客服務中心(Tourist service center)」と大きく書いているので、すぐに見つかると思います。

カウンターに行き、係の人に「iTaiwan」と伝えれば、分かってくれます。
係の人は簡単な日本語を話すことができました。

パスポートを渡すだけで、すぐにパソコンで登録手続きをしてくれます。

登録の際に、iTaiwanの接続方法を書いたものを見せてくれます(使い方はこの記事の後半で説明します)。

パスポートを渡して30秒もかからずに登録手続き完了!

もっと時間がかかるものだと思っていたので、パスポートを返却されて、ぼっ〜と待ってたら「もう終わりましたよ」と笑顔で言われ、びっくりした記憶があります。

iTaiwanに登録すれば「TPE free」も利用できる

写真iTaiwanは台湾国内全域に設置されているWi-Fiですが、台北に特化して設置されているのが「TPE free」です。

「TPE free」はi Taiwanができる前からずっと使われていたWi-Fi。
僕も以前台北に訪れた時は「TPE free」を使っていました。

以前は「TPE free」を使う場合、iTaiwanと同じように事前に「パスポート」を持って手続きをする必要がありました。

しかし、現在はiTaiwanの手続きをすると、台北市内に設置されている「TPE free」のWi-Fiも同じパスワードで使うことができるようになります。

台湾の無料Wi-Fi「iTaiwan」の使い方

それでは、「iTaiwan」の使い方を解説していきます。
iPhoneの画面で説明しますが、Androidの場合でも同じです。

まずは、Wi-Fiをオンにします。
近くにあるWi-Fiがずらっと表示されるので、その中から「iTaiwan」をタップします。

タップすると、自動的にログイン画面が表示されるので、2箇所入力します。

上の入力フォームには、登録した「パスポート番号」を入力します。
パスポート番号は「アルファベット2文字+数字7桁」です。
アルファベットは小文字ではなく、大文字で入力しましょう。

下の入力フォームには、「西暦・月・日」の順番で「誕生日」を半角数字で入力します。
1989年12月13日生まれであれば、「19891213」となります。

「iTaiwan」にチェックされていることを確認し、最後に「登入」をタップすると、Wi-Fiに接続されます。

長い時間使っていると、接続が切れる場合がありますが、同じ様に再度ログインすれば使えるようになります。

台湾の無料Wi-Fi「iTaiwan」まとめ

台湾全土で使える無料Wi-Fiの「iTaiwan」を紹介しました。

すぐに登録できて、一度登録したら、台湾国内を移動しても使えるのはいいですよね。
観光客用のWi-Fi事情は、日本よりも進んでいるのではないかなと思います。

僕自身は、SIMフリーのスマホを持っているため、台湾の現地で使えるSIMを使っています。
もし、あなたがSIMフリーのスマホを持っているのであれば、現地SIMもおすすめです。

台湾のSIMの購入ならKKdayがおすすめ【桃園空港で受け取り】

2019年8月28日

SIMフリーのスマホを持っていない人は、iTaiwanを活用しましょう。

「仕事で常にネット環境を繋がっていたい」という人、「Wi-Fiにいちいち接続するのが面倒くさい」という人は、Wi-Fiルーターをレンタルすることで解決します。

少しのお金はかかりますが、場所にとらわれず、どこでもネットにつなげることができるので、Wi-Fiのレンタルも考えてみてください。

台湾で使えるポケットWi-Fiの料金を見てみる

台湾でネットを使う3つの方法【Wi-Fi・Wi-Fiルーター・SIM】

2019年7月9日

台湾のオンライン入国カードの申請方法と入国の流れ【2019年版】

2019年8月24日
この記事のタイトルとURLをコピーする
台湾の観光にるるぶ読み放題サービスを利用しよう

日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題できる「ブック放題」というサービスがあります。

100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

台湾旅行をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。

るるぶの電子書籍を無料で読める3つのサービス【ダウンロード可能】

2019年11月29日