スペインのマドリードでsimフリーiPhoneを購入したので、購入方法と注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スペインの首都マドリードにあるアップルストアでiPhone SEを購入しました。

その時分かったこと、注意点などを説明します。

iPhoneをスペインで購入しようと考えている人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

マドリードのアップルストアへ

Apple storeはマドリードの中心部、マドリードのシンボルとなっているクマの銅像の目の前にあります。

店内は2階に分かれています。
1階部分は本体を中心に展示、販売しています。
2階部分はアップル製品のアクセサリーが販売されています。

Apple storeの場所

スペイン版iPhoneの特徴

iPhoneのモデルは一種類

僕がアメリカでiPhoneを購入した時は4つのキャリアとノーキャリアで5つのモデルがありました。
しかし、スペインでiPhoneを購入するときは選択肢が一つしかありません

appleの公式ホームページ

スペインでiPhoneを購入すると、箱の中にはiPhone本体、イヤホン、充電ケーブル(EU仕様)が入っています。
ドミトリーのコンセントでは、日本からの変換アダプタが大きすぎて入らないこともありますが、この充電ケーブルがあればiPhone以外にもUSB充電のものなら問題なく使うことができます。

日本でも使用することができる

日本でiPhoneを使用する場合、「技適マーク」というマークがないと電気通信事業法という法律を違反になる可能性があります。
日本で販売されているiPhoneを含むスマホにはこの技適マークがついていますが、海外のスマホにはないものが一部あります。

しかし、スペインのiPhoneは日本でも使用することのできる「技適マーク」がきちんと入っています
技適マークが入っているかは簡単に知ることができます。
iPhoneの設定から入り、一般→認証と進むと、それぞれの国のマークを確認できます。

僕がアメリカのアップルストアに行った時は、展示していたiPhoneはすべてそのマークがありませんでした。

初回アクティベイトにSimカードが必要

iPhoneを購入した後に初めて電源をつけ、アップルIDを入力して初期設定を行わねければいけません。
日本やアメリカでiPhoneを購入した場合は、アップルIDとパスワードのみで初期設定を終わらすことができるのですが、スペイン版のiPhoneでの初期設定にはSimカードが必要です。
Simカードがないと途中から進むことができなくなります。

スペインでは簡単にSimカードを購入することができるので、アップルストアの帰り道に購入してもいいと思います。
マドリードのアップルストアの斜め前にはボーダフォンのショップがあります。

僕はすぐにアクティベイトしたかったので、店員に尋ねると、無料でアクティベイト用のSimカードを貸してくれました。
これを使えばアップルストアでアクティベイトを完了することができます。

旅行者はタックスリターンの申請をお忘れなく

EU圏内で買い物をするときには、VATという税金が自動的にかかります。
このVATは本来外国人旅行者は払う必要のないものです。

なので、一定の額以上の買い物をした後、返還制度を利用することで支払った金額が戻ってきます。
iPhoneは高額商品なので、返還制度の対象になります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。