僕がMacBookAirを旅に持っていった3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ほとんどの人が世界一周に「パソコン」を持っていきます。

僕自身もいろいろ悩んだ結果、最終的に「MacBookAir」の11インチを購入し、世界一周へ持っていきました。

なぜ僕がMacBookAirを選んだのかその理由を説明します。

スポンサーリンク

MacBook Airというパソコン

MacBook Airはアップル社が販売しているノートパソコンです。

MacBookシリーズは「MacBook Air」、「MacBook Pro」、「MacBook」の3種類があります。
その中でもMacBook Airは持ち運びに適したパソコンで、価格も1番安いです
そして3種類のうち唯一11インチサイズがあります。

実際に世界一周をしている旅人にMacBook Airは人気で、持っている人をよく見かけます。

特にアップル製品であるiPhoneやiPad、iPod touchなどを使っている人がMacBookを持っている割合が高いです。それは同じアップル製品同士だと相互性が優れているからです。

僕自身もiPod touchを持っているので、データのやり取りを楽にすることができます(参考記事「世界一周にはiPhoneよりもiPod touchがオススメ」)。

MacBook Airを選んだ3つの理由

小さくて軽い

image
旅中は、家がないバックパッカーであるため、移動が日常です。

そのため海外を旅する人の荷物はできるだけ小さく、軽い方がいいです(参考記事「旅の荷物は必要最低限!大切なモノを見極め、いらないものは捨てよう!」)。

荷物が「小さい」ということは、荷物をコンパクトにすることにつながります。
荷物が「軽い」ということは、移動の際、体の負担を減らすことにつながります。

僕自身、世界一周の前半はMacBookProの13インチを持っていました。
そのMacBookProの重さが約2kgだったので、持ち運ぶ際に重さを感じずにいられませんでした。

現在持っているMacBookAirの11インチの重さは約半分の1.08kg
この重さだと片手で簡単に持つことができ、全然負担に感じません。

さらに、MacBook Air11インチの充電器(45W)は僕がバンコクで購入したMacBook Pro13インチの充電器(85W)より一回り小さく軽いです。パソコン自体だけでなく付属品も小さくなるのは嬉しいですね。

11インチという大きさ

image
上の写真はMacBookPro13インチの上にMacBook Air11インチを置いて撮った写真です。

MacBook Air11インチの本体の大きさは縦が19.2cm、横幅が30cm、高さが最大で1.7cmと非常に小さく薄いです。
11インチとなると確かに画面は小さくなりますが、見にくいということもなく、慣れれば全く問題ありません。

特別な理由がない限り13インチよりも11インチをオススメします

バッテリーのモチがいい

MacBook_Air_-_Apple(日本)引用:http://www.apple.com/jp/macbook-air/

MacBook Airはバッテリーの持ちがいいです。
100%充電されている状態ならバッテリー最大駆動時間(充電無しで連続して使える最長時間)が11インチは9時間、13インチは12時間という長時間です

移動が日常であるバックパッカーは、いつ充電できるかわかりません。
1日がかりの移動もありますし、ゲストハウスを移動したとしてもコンセントが壊れていたり、停電していることもあります。

パソコンを持っていたとしてもバッテリーが無くて使えなければ意味がありません。

バッテリーの駆動時間が長いMacBook Airはオススメです。

衝撃に強い

9eebd6ae3e003dafbcb134405e540da0_s
世界一周をする人と同様にパソコンもタフであった方がいいです。
MacBookAirは衝撃に強いという特徴があります

移動を重ねていると、バッグに入れているパソコンは常に振動にさらされます。
また、バッグを落としてしまったり、人混みの中で押しつぶされてしまうようなことがあれば、パソコンに強い衝撃が加わります。
そのようなことが振動や衝撃が原因で大切なデータが消えるのは避けたいところです。

その点MacBook AirはSSDというパーツを搭載しているので衝撃や振動に強い設計になっています。

SSDという記憶装置

パソコンの記憶装置には大きく分けて「HDD(ハード・ディスク・ドライブ)」と「SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)」という2つのの種類があります。

HDDは昔から使われている記憶装置で、ディスクに物理的にデータを書き込みます

それに対しSSDは2008年頃から一般に普及した新しい記憶装置で、フラッシュメモリに電子的にデータを書き込みます
そのような保存方法をとるのでSSDは、HDDより処理速度が早く、動作が静かなのが特徴です。
ただ、HDDよりも高価で、記憶容量は小さいというデメリットがあります。

HDDを搭載したパソコンに強い衝撃が加わると、データが保存されているディスクやデータを読み取る部分などが壊れてしまいデータが破損されたり読み取れなくなる可能性があります。

その点SSDは物理的に保存せずに電子的に保存するので、衝撃や振動が加わっても壊れにくいという特徴があります。
さらに、消費電力が少ないの発熱が少なく、耐熱性にも優れています

しかし、いくら衝撃に強いと言ってもMacBook Airを何のケースにも入れずに持ち運ぶのは危険です。
何かしらのケースに入れて持ち運ぶようにしましょう。僕は下の画像のMacBook Airの11インチ用に作られたソフトケースを購入しました。

MacBook自体にプロテクトスーツを装着するタイプもカッコイイですね。

記憶容量が小さいけど、外付けポータブルHDDを使えばOK

imageMacBook Airの一番小さい容量だと128Gです。
その他に256Gと512Gのものがあります。
これは先ほど説明したSSDを搭載していることで、軽量化や耐衝撃性と引き換えにデータの保存容量が少ないからです。

世界一周に行く人であれば、最大容量の512Gでも写真データだけでいっぱいになると思います。
そんなに写真を撮らない人であっても、ただでさえ記憶容量の少ないMacBook Airの本体に画像や映像データを入れるとその分動作に悪影響が出ます。

基本的にMacBook Airを購入する人は、外付けポータブルHDDを購入することをお勧めします
最低限のデータだけを本体に保存し、それ以外は外付けポータブルHDDに保存していくのが理想です
こういう保存の方法をすることで、MacBook Airがずっとサクサク動作します。

さらに、外付けポータブルHDDを所有することで以外にメリットがあります。
それは「TimeMachine」のバックアップ機能を使うことができるということです。

MacBook Airには「TimeMachine」というアプリが最初からインストールされており、外付けハードディスクをTimeMachineの保存先として設定していれば、接続する度に自動的に全データをバックアップしてくれます
MacBook Airが壊れた時、盗まれた時、誤ってデータを削除してしまった時などに、TimeMachineを使うことで失ったデータを復旧することができます。

また、新しくMacBookを買い換えた時には、TimeMachineを使うことで以前使っていたMacBookとすぐに同じ状態にできます。

まとめ

僕がMacBook Airの11インチを世界一周に持っていったのは「小さくて軽く」「バッテリーの持ちがよく」「衝撃に強い」からです。
現在MacBook Airを使って旅をしていますが、持ち運びしやすくて上に使いやすくて本当に満足しています。
Windowsユーザーの人もこの機会にMacBookに乗り換えてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。