ヴィリニュスからワルシャワへの夜行バス移動情報

リトアニアの首都ヴィリニュスからポーランドの首都ワルシャワまでを結ぶバスはたくさんあります。

日中に走るバスもありますが、今回は夜行バスを利用したので、僕の経験をもとに説明していきます。

チケットの予約について

チケットはオンラインで購入しました。
利用したバス会社は、大手の「ECO LINE」で、チケットの料金は16ユーロでした。

リンクECO LINE公式ホームページ

チケットは決済した後に、チケットをプリントアウトしましょう。
基本的に宿で無料でしてくれます。
僕がヴィリニュスで宿泊していた「Hostel Jamaika」では無料でしてくれました。

チケットを予約するときの注意点

ワルシャワには長距離バスターミナルが4つあります。
僕がヴィリニュスからワルシャワへのバスも目的地に2つの選択肢がありました。

「Zachodnia」と「Centralna」の2つです。
「Zachodnia」はワルシャワ西駅、「Centralna」はワルシャワ中央駅のことです。

僕は宿が近かったCentralnaの方を選択しました。
バスはCentralnaの方に先に着いて、その後Zachodniaに向かいます。

結局僕が購入したチケットは、22:15発、翌朝Centralnaに5:55着のものです。
バス料金は16ユーロでした。

乗車について

チケットにプラットホーム番号が書かれているので、書かれた番号のところで待ちましょう。
電光掲示板などは探しましたが、見当たりませんでした。

ヴィリニュスのバスターミナルの場所

ワルシャワ行きのバスは夜行が多く、他のバス会社のプラットホームと固まっています。。
ECO LINEよりも値段とクオリティの高いLUXというバス会社のバスが先にワルシャワへ出発しました。

僕が予約していたバスは予定時刻よりも30分遅れてヴィリニュスのバスターミナルに来ました。
バスは2階建てバスで大きい荷物はバスの後ろ側に載せます。

まず、添乗員みたいな人にチケットを見せます。
その後に荷物を預けるのですが、荷物を預けるときはチケットを見せます。
すると、チケットにシールを張られ、その上にスタンプが押されるので預け荷物のセキュリティはしっかりしていると言えます。

車内設備

客席は1階と2階部分に分かれていますが、1階部分の方が客席が広いです。
僕はネット予約するときに2階の後ろ側を選択したのですが、乗車する前に席番号が「63」だったのを「65」に変更されました。
そして、僕の席は1階部分でした。

1階の席はみんな1人2席状態で快適に移動することができました。

座席一つ一つにモニターが付いています。
これで映画を見たり、音楽を聴いたりすることができます。
また、かなり分かりにくいのですが、座席の真下に充電用のコンセントがあります。

ワルシャワで降りる

ワルシャワには予定時刻よりも少し遅れて到着しました。
ワルシャワ中央駅そばにある道路沿いのバス停に停車します。

ワルシャワのバス降り場

おわりに

ヴィリニュスからワルシャワへの移動は1人で2席を使えたこともあり快適に移動することができました。
確証はありませんが、予約の際は座席番号を後ろの方にすると、このように1階の席に当たるかもしれません。

ワルシャワで宿泊した「Warsaw Center Hostel LUX」では、朝6時半に着き、7時過ぎにはベッドに案内してくれました。