ワルシャワの安宿「Warsaw Center Hostel LUX」はドミトリーはカーテン付き



ポーランドの首都ワルシャワで宿泊した安宿の紹介です。
今回紹介するのは「Warsaw Center Hostel LUX」という宿になります。

ドミトリー部屋は2種類あり、カプセルルームと呼ばれるドミトリー部屋にはそれぞれのベッドにカーテンが付いているので、リラックスして宿泊することができます。

宿自体もワルシャワの中心地にあるので、おすすめの宿になります。

立地

今回紹介するWarsaw Center Hostel LUXはワルシャワの中心地であるワルシャワ駅の近くにあります。

中央バスターミナルも近いので、他の街から移動した後、移動する前に宿泊する宿として最適です。

僕自身もリトアニアの首都ヴィリニュスから夜行バスで移動した後に、すぐに宿に行くことができました。

ヴィリニュスからワルシャワへの夜行バス移動情報【リトアニア出国・ポーランド入国】

2017年9月26日

宿自体は建物の5階部分にあります。

チェックインする前の人は、まず建物の入り口でチャイムを鳴らしドアのロックを開けてもらった後に、エレベーターを使って5階に上がってください。

5階に着いた後はエレベーターを出て右手に行くと宿の入口があります。

Warsaw Center Hostel LUXの場所

チェックイン・チェックアウト

Warsaw Center Hostel LUXのチェックイン時間は14時からとなっていますが、僕は夜行バスでワルシャワに移動したので、宿に着いたのは朝の6時半ごろ。
受付の前には、夜行バスで来た人がいっぱいいました。

受付の机にWi-Fiパスワードが書かれた紙が貼られていたので、Wi-Fiを利用しながら待つことができました。

7時過ぎに宿の人が受付に来て、早朝チェックアウトの人の手続きをした後に、夜行バスで来た人向けにチェックインの人の対応をしていました。

このように、チェックイン時間前でも、予約してあるベッドが空いていれば、入れてくれます。

僕が宿泊する予定のベッドは、ベッドメイキングをする必要があるとのことで、数分待って通されました。

正式なチェックイン時間は14時なので、早く部屋に入った場合も、14時以降に宿泊料金を払います。

このように朝早く宿についても部屋に入れてくれることもありますが、反対に10:00~14:00までの間は受付が完全に閉まって誰もいないので注意してください。

反対にチェックアウトは7:00~10:00までの間です。
ちょっと早めですね。

部屋

部屋は個室とドミトリー部屋があります。

ドミトリー部屋にも2種類あるので、それぞれ紹介します。

カーテン付きのドミトリー部屋(カプセルルーム)

こちらが「カプセルルーム」というタイプのドミトリー部屋です。
カプセルホテルのようにベッドが隣り合って並んでいます。

ベッドはマットレスがあるだけの簡易的なものですが、それぞれのカプセルにカーテンが付いているので、半個室状態でゆっくりすることができます。

部屋には貴重品ロッカーがあり、使うことができます。

宿泊する日によって宿泊料金は違ってきますが、後で紹介するドミトリー部屋と比べて、カプセルホテルタイプの方が約7ズオッティほど高いです。

カーテンなしのドミトリー部屋

こちらは普通のドミトリー部屋です。
ベッド同士が少し近めで設置されています。

ここに泊まるのであれば、上記のカプセルルームの宿泊がおすすめです。

設備

キッチン

キッチンは狭いですが、綺麗です。

残念ながらコンロはなく、ケトルと電子レンジぐらいしかありません。

トイレ・シャワー

シャワーは2か所あります。

共用のシャワー室にはシャワーが4つ並んでいますが、ドミトリー部屋の横にあるシャワー室にはシャワーが一つしかなく、かなり広いです。

共用スペース

共用スペースはキッチンの横にあり、ソファーと机があります。

フリーの紅茶が置いてありました。

ネット環境

フリーWi-Fiがあります。

速度は安定しており、サクサクです。

ワルシャワの安宿「Warsaw Center Hostel LUX」まとめ

全体的に清潔な宿で快適に過ごすことができました。

立地もいいので、移動にも観光にも便利な宿です。
特にカプセルルームは半個室状態でくつろぐことができるのでオススメです。

ワルシャワからクラクフへのバス移動情報

2017年9月28日

クラクフからアウシュビッツの行き方と日本人ガイドの申し込み方法

2017年9月29日


ヨーロッパの鉄道移動はユーレイルパス!

ヨーロッパをバスで移動するのもいいですが「ユーレイルパス」を利用して、ヨーロッパを周遊するのもおすすめです。

ボーナス特典などで列車利用以外の割引を受けたりすることもできます。

また、ユーレイルグローバルパスであれば、ヨーロッパ31カ国の国鉄(またはそれに相当する鉄道)網に乗り放題となります。

⇒詳細はこちら





この記事のタイトルとURLをコピーする