バンコクからチェンマイへ鉄道を使っての移動方法について

バンコクからチェンマイへ移動する場合、飛行機、バス、鉄道の3種類の移動手段があります。

今回は、鉄道を使っての移動について説明します。

バンコクからチェンマイへの3つの移動手段

image飛行機を使った移動は、バスや鉄道移動と比べて、時間が大幅に短縮できるのが1番のメリットです。

しかし飛行機移動である以上、値段がそれなりにかかります。
ただ、LCCの発達により、安い時期だと5,000円以下で飛べることもあります。

リンクスカイスキャナー

でも、やはり陸路移動の方が安く移動することができることが多いので、バックパッカーや時間に余裕のある旅行者は「バス」か「鉄道」での移動が一般的です。

バスを使った移動になると、大きく分けてに二種類のバスがあります。

1つは主にバックパッカー旅行者向けの格安バス。
カオサン通りから出ている格安バスに乗ると、約400〜500バーツくらいで移動できます。

バンコクからチェンマイのバス移動について。盗難に注意!?

2015.07.12
もう一つは同じバス移動でも、バンコクの北バスターミナルから出ているバス。
こちらはタイ人旅行者の利用が多いです。
値段は高くなりますが、しっかりとしたサービスのある綺麗なバスでの移動が可能です。

そして今回紹介する「鉄道」を使っての移動は、格安バスよりかは値段は高くなりますが、リラックス度が全然違い、快適に移動することができます

バンコクからチェンマイまでの鉄道移動について

バンコクの鉄道駅の場所とアクセス

バンコクからチェンマイへ行く鉄道は、バンコクのメインの鉄道駅「Hua Lamphong(フアランポーン)」駅から出発します。

カオサン通りからは約4km離れています。

Hua Lamphong駅まで一番便利な移動方法は、メトロ(地下鉄)を利用して「Hua Lamphong」駅まで行く方法です。
駅に着いた後、地上に出れば、鉄道駅のHua Lamphong駅まで徒歩1分です。

鉄道駅「Hua Lamphong駅」の場所

バンコクからチェンマイへの鉄道の時刻表

チェンマイへの便は1日5便あり、そのうち4便は夜行電車です。
それぞれの出発時間と到着時間は下の通りです。

鉄道番号 タイプ 出発時間 到着時間 所要時間
7 Special Express 08:30  19:30  13時間
109 Rapid 13:45  04:05  14時間20分
9 18:10  07:15  13時間5分
13 Special Express 19:35  08:40  13時間5分
51 Express 22:00  12:10  14時間10分

この時刻表は2017年10月時点のものです。
変更している場合があるので、タイ鉄道の公式ホームページを一応確認しておくことをオススメします。
※ページが表示された後に、Originの箇所を「Bangkok」、Destinationの箇所を「Chiang Mai」と選択して「Check」をクリックすると、時刻表が表示されます。

リンクタイ鉄道の公式ホームページ

乗車料金

夜行電車は寝台電車になっており、出発直後は普通の座席なのですが、途中で旅行者が寝るためのベッドになり、上のベッドと下のベッドに分かれます。

注意してほしいのは、上と下で料金が違うということです。
上のベッドの方が安く、下のベッドの方は少し高くなります。
僕が乗った19:35発のエアコン車2等席料金は上のベッド席が791バーツ、下ベッド席が881バーツです。

上のベッドだと、はしごを使って上らないといけないことや、荷物棚が上にあることなどの影響で上のベッド料金の方が安いのだと思います。

そして僕が思う料金が違う一番の理由は、上のベッドには窓が無いのに対して、下のベッドには窓が付いてため、外の景色を楽しむことができるからでしょう。

チケットの購入について

鉄道の切符は、Hua Lamphon駅のメイン入口からそのまま入った時に、正面に見えるチケット売り場で購入することができます。

窓口に行って、目的地と乗りたい便の出発時間を伝えるだけでチケットを購入することができます。
チケットを買うためには、パスポートが必要なので、すぐ取り出せるようしておきましょう。

出発まで駅でできること

駅構内の1階にはフードコートがあり、2階にはカフェがあります。
早く駅に着いた人はそこでゆっくり時間を過ごすことができます。

また駅のすぐ近くにセブンイレブンがあるので、電車内で食べるものや飲み物を買い込んでおくと節約にもなりますし、鉄道移動も楽しくなるのでオススメです。

image注意したいのは、駅構内にあるトイレは有料ということです。
一度の利用には3バーツかかります。

image電車は特別な理由がない限り、時間通りに出発するので遅れないよう気を付けてください。
電車は何両もあるので、時間に余裕を持って乗り込めるようにしておきましょう。

タイで見れる不思議な光景


朝の8時と夕方6時にはタイの国王に敬意や感謝を伝えるため1分間だけ音楽が流れます。
その1分間にタイ人は座っている人もみんな立ち上がり、全てのタイ人の動きが止まる様子を見ることができます。

タイの国内であってもどこでも見れるものではありませんが、鉄道駅ではしっかりと見ることができます。
この1分間の間はたとえ外国人旅行者であっても、立って動かないようにしましょう。

電車内設備・移動の流れについて

image電車内は中央に通路があり、両脇に座席があります。

image電車は出発直後は一人一席です。自分の切符に書いてある番号のところに座ります。
ベッドの上の段の人と、下の段の人とで向かい合う形の席になっています。

出発してしばらくすると、切符を確認する人が来ますので、すぐに出せるようにしておきましょう。

ベッドメイキング

image出発して1時間半位経った頃、ベッドメイキングしてくれます。
下ベッドは椅子を崩し、上ベッドは鍵のようなもので開け、寝る場所を作ってくれます。

綺麗にベッドメイキングする手さばきは見ていてプロフェッショナルを感じます。

ベッド1つずつにカーテンが付いており、プライバシーは守られます。

チェンマイに到着した後は

image

駅構内にある「TOURIST INFORMATION」と書かれたところに行けば、チェンマイとバンコクの地図が一緒になったものを無料でもらえます。imageチェンマイ駅を出ると、乗り合いトラッックのソンテオや、トゥクトゥクがたくさん停まっています。それらに乗ることで市内へ10分ほどで行くことができます。
僕は中心部まで歩きましたが、相当疲れるので、体力のある人以外はオススメしません。

僕のオススメはUberです。
料金もあらかじめ決まっているので、ぼったくられる可能性は0です。
支払いはクレジットカードか、現金払いのどちらでもOKです。

初めてUberに登録する人はプロモーションコードを入力するところに「1qaxg6」と入力するか、下のリンクから登録すると初回の利用が50バーツ安くなるクーポンがもらえます。

リンクこちらから登録すれば初回利用50バーツ引きになります。

おわりに

僕は、バスよりも鉄道を使っての移動をオススメします。
バスよりも値段が高いですが、カーテンで作られた半個室のスペースでくつろぐこともできますし、ちゃんと横になって寝れるので、翌日の疲れが全く違ってきます。

そして何より「旅している感」を感じることができます。
ぜひ、鉄道を使っての移動を体験してみてください。

チェンマイからバンコクへの夜行電車についての移動情報

2017.12.20

チェンマイで、安く美味しいものを食べたいならフードコートに行こう

2016.01.06