ヴィリニュスの安宿情報!コンパクトなシングルルームが11ユーロで泊まれる!

リトアニアの首都ヴィリニュスにある安宿の紹介です。

部屋は小さいですが、綺麗なシングルルームにたった11ユーロ(booking.com経由)で宿泊することができます。

立地・アクセス

中心部からは離れた住宅エリアにあります。
長距離バスターミナルや鉄道駅からは約1.4km離れているので、歩くと20分ぐらいかかります。

宿は2階建ての白い建物の一部の2階部分です。
道路側から5つ目にある鉄のドアが入口です。小さなロゴがドアにあるのが目印です。

ドアの横にチャイムがあるので、8番のボタンを押してください。
宿の人が降りてきてくれます。

地図

チェックインについて

宿泊予約をすると、宿の人から宿泊サイトを通じてメッセージが送られてきます。
大まかな到着時刻を教えてほしいと言われました。

また、SMSやLINEを通して、宿に着く30分前に再度連絡してほしいと言われました。

宿のチャイムを鳴らして建物の中から出てきた人はおばちゃんでした。
そのおばちゃんに「英語は話せない」と言われました。

なので、かなり簡単な英語で宿のことを説明してくれました。
チェックアウト後の荷物の預かりについて聞いてみたのですが、全然伝わらず、結局オーナーの人に電話をしてもらいました。

チェックアウト後の荷物の預かりは鍵のかかった部屋でしてくれます。
荷物を受け取りに来る時間をあらかじめ教えておく必要はあります。
チェックアウト後も共有スペースにはいても大丈夫です。

部屋

部屋はカプセルルームという形式のシングルルームです。
カプセルという名前の通り部屋は狭いですが、快適です。

カプセルルームは宿に2つしかありません。
上と下の段に分かれています。
僕は下の部屋に宿泊しましたが、上の部屋の方がいいと思います。

それは上の部屋の床が下の天井なので、上の音が下に聞こえるからです。

シングルルームなので、必要ないと思いますが、一応貴重品ロッカーもあります。
宿泊料金は現金払いのみでした。

設備

キッチン

キッチンはちゃんとしており、いつでも使うことができます。
調理に必要な器具も揃っています。

トイレ・シャワー

トイレとシャワーが分かれて一つずつあります。
宿に部屋があまりないので、問題ありません。

共用スペース

机一個だけのスペースになります。
コーヒーと紅茶がいつでも好きなだけ飲むことができます。

セキュリティ

宿泊スペースに行くためにはオートロックの鍵を開ける必要があります。
その鍵はシングルルームの鍵と一緒にチェックイン時に渡されます。

ネット環境

フリーWi-Fiがあります。
部屋の中でも問題なく使うことができます。

まとめ

チェックイン前の連絡、英語の話せない人の案内などは面倒くさかったですが、ヨーロッパでシングルルームを11ユーロで泊まれるのはなかなかないです。
ドミトリーでは味わえない一人の空間を安く手に入れることのできる数少ない宿だと思います。

⇒「Slippers B&B House」の詳細と空室確認はこちらから(Booking.com)