MENU

高級ホテルに無料宿泊できる「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」を紹介【空港ラウンジ無料・手厚い旅行保険付帯】

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードってどんなクレジットカード?
年会費高いけど、作成する価値はあるのかな?

この記事では、人気クレジットカードの1つである「」について紹介します。

世界最大級のクレジットカード発行会社である「アメックス」と、リッツカールトンなどを含む高級ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」が提携して発行していたクレジットカードです。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、ホテル滞在を中心に旅行に強いクレジットカードとなっています。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの年会費は税込みで49,500円とかなり高いですが、

  • カードをたくさん利用することで高級ホテルに無料宿泊できる
  • 国内の空港ラウンジを無料で使える
  • 充実した旅行保険が付帯している

というような様々な特典が付いているクレジットカードとなっています。

しかも今なら条件を満たすと、最大82,500ポイントが獲得できるキャンペーンが実施されています。

記事内ではMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの魅力について詳しく解説していくので、興味が出た人はぜひ発行してみてください。

以前は「SPGアメックス」というクレジットカードでしたが、2022年2月24日から「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」として生まれ変わりました。

変更点については以下の比較記事でまとめています。

目次

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの特典

まず始めに、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを発行するだけで受けることができる特典である以下の2つ紹介します。

  1. Marriott Bonvoy ゴールドエリートになれる
  2. 高級ホテルに無料宿泊できる

Marriott Bonvoy ゴールドエリートになれる

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを持つ特典として嬉しいのが、Marriott Bonvoyの会員資格が「ゴールドエリート会員」になることです。

Marriott Bonvoy会員とは、高級ホテルグループを対象にしている会員制度で、会員のランクによって受けることができる特典が変わります。

マリオット系列のホテル滞在時にゴールドエリート会員が受けられる特典は以下のようなものがあります(一部)。

  • レイトチェックアウトができる(14時まで)
  • 部屋のアップグレードを優先的にしてくれる(チェックイン時の空室状況による)
  • 滞在による付与ポイントが25%アップする
  • ゴールドウェルカムギフトポイントとして最大500ポイントもらえる
これらの特典は一部です。詳しくはを参考にしてください。

Marriott Bonvoy会員とは以下の6つのランクに分かれています。

会員ランク必要な年間宿泊数
一般会員0〜9泊
シルバーエリート10泊
ゴールドエリート25泊
プラチナエリート50泊
チタンエリート75泊
アンバサダーエリート100泊 + 対象となるご利用金額14,000USドル(2021年)・ 20,000USドル(2022年以降)

見て分かるように、本来Marriott Bonvoyゴールドエリート会員になるには、対象のホテルに年間25泊してやっとなれるものです。

ただ、1年間のうちにホテルに25泊もする人は珍しいですし、25泊する人で1泊2万円だとしても、ゴールドエリート会員になるだけで合計で50万円もかかります。

1万円で泊まれたとしても25万円も必要です。

その点、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、発行するだけで、すぐに一般会員とシルバーエリートを飛び越えて、ゴールドエリートになることができます。

年会費の49,500円は高いですが、宿泊しなくてもゴールドステータスになることを考えればお得です。

さらに、年間400万円以上の利用でプラチナエリート会員になることができます。

年会費は高いけど、発行するだけで「Marriott Bonvoy ゴールドエリート会員」になれるのはかなりお得だね!

高級ホテルに無料宿泊できる

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、年間150万円以上利用することで、カードを更新するたびに無料宿泊特典がプレゼントされます。

無料宿泊特典を使うことができるホテルはマリオット系列のホテルです。

マリオットグループとは、世界最大級の高級ホテルグループで、世界で131の国と地域に30のブランドと7,000を超えるホテルやリゾートがあります。

マリオット系列のホテル?

具体的には「マリオット」と名前がつくものの他に

  • シェラトン
  • ザ・リッツ・カールトン
  • マリオット
  • ルネッサンス
  • ウィスティン

などがホテル名に含まれているホテルがマリオット系列のホテルとなります。

>> 楽天トラベルでマリオット系列のホテルを見る

また宿泊できるホテルは、1泊50,000Marriott Bonvoyポイントの部屋です。
同じホテル、同じ部屋でも時期によって宿泊費が変わるので、お得なタイミングを狙いましょう。

無料宿泊特典は「一泊一室で、最大2名まで」となっています。

したがって、1人での利用はもちろん、カップルやご夫婦の場合でも一緒に特典を利用することができます。

毎年もらえるから、記念日などに利用するのもいいね!

さらに、毎年継続するごとに15泊分の宿泊実績もプレゼントされます。
ゴールドエリートの1つ上のランクである「プラチナエリート」までより早くなることができますね!

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのポイントでマイルが貯まりやすい

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのポイントは、決済金額に合わせて「マリオット・ボンヴォイ・ポイント」が貯まります。

料金の支払いにMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを使うことで「100円=3ポイント」の還元率でゲットできます。

また、マリオット・インターナショナルグループのホテルの宿泊や、レストランでの食事の際の支払いの場合は、ポイントがいつもの2倍(100円=6ポイント)貯まります。

貯めたポイントは有効期限がないので、「使い切らなきゃ」という心配をしなくて大丈夫です!

ポイントはマイルに交換可能

貯めたポイントは40社以上の航空会社のマイルに交換することができます。
日本の航空会社ANAマイルにも交換できます。

100円で3ポイント貯まり、マイル交換レートは「3ポイント=1マイル」(一部航空会社を除く)。

100円の決済で1マイル貯まるということは、マイル還元率は1%となります。

リンクポイント交換ができる航空会社と交換レート一覧

マイル還元率を1.25%にする方法

本来マイル還元率は1%ですが、1.25%にする方法があります。

その方法とは「マリオット・ボンヴォイ・ポイントを60,000ポイントを一気にマイルに交換する」という方法です。

通常だと60,000ポイントをマイルに交換すると20,000マイルだけですが、60,000ポイントをまとめて交換した時のみボーナスとして5,000マイルが上乗せされます。

この方法を使えば、60,000ポイントが25,000マイルに交換されるので、1.25%の還元率となります。

入会特典として、3カ月以内に30万円以上のカード利用で合計39,000ポイント獲得可能できるよ!

ユナイテッド航空のマイルだと、いつでも10%のレートでマイルを交換できるので、通常1.1%以上で交換することができます。60,000ポイントをまとめえて交換すると、27,500マイルを獲得でき、マイル還元率は1.375%となります。ユナイテッド航空のマイルを経由して、ANAマイルに交換するとお得です。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを持っていれば29空港のラウンジが無料で利用可能

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを持っている人は、搭乗券の提示で、

  • 日本国内:28空港
  • 海外:1空港

の合わせて29空港にある空港ラウンジを無料で利用できます。

海外はハワイにある空港のみですが、日本国内だと主要空港を抑えています。

ラウンジを無料で利用できるから、飛行機の搭乗までゆっくり快適に過ごすことができるね。

同伴者1名まで無料

さらに嬉しいのは、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの所有者は、同伴者も1名まで無料で利用できるという点です。

空港ラウンジが無料になるクレジットカードはいくつかありますが、基本的にカード所有者が無料で、同伴者は正規の利用料金を払わないといけません。

その点、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードなら同伴者も無料。

2人旅の場合であれば、1人がMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを持っていれば、2人とも空港ラウンジを使えるということになります。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの海外旅行保険・国内旅行保険が手厚い

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードには、国内旅行・海外旅行ともに手厚い旅行保険があります。

ただし、覚えておきたいのは

  • 海外旅行保険の場合は「自動付帯」と「利用付帯」どちらでもOK(利用付帯の方が補償内容が良くなる)
  • 国内旅行保険の場合は「利用付帯のみ」

ということです。

2022年8月1日以降は海外旅行保険の自動付帯は廃止され、利用付帯のみになります。

海外旅行保険

海外旅行保険の場合は、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを所有しているだけで海外旅行保険が適用されます。
ですが、旅行代金の一部を支払ったほうが保険内容が良くなります。

どれぐらい違うかは以下の表を見てください。

海外旅行保険(利用付帯)

スクロールできます
種類本会員本会員の家族家族カード会員
傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円最高1,000万円最高5,000万円
傷害治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円
疾病治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円
賠償責任保険金最高4,000万円最高4,000万円最高4,000万円
携行品損害保険金
(年間限度額100万円)
最高50万円
(1旅行中)
最高50万円
(1旅行中)
最高50万円
(1旅行中)
救援者費用保険金保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円
保険期間中
最高400万円

海外旅行保険(自動付帯)

スクロールできます
種類本会員本会員の家族家族カード会員
傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円最高1,000万円補償なし
傷害治療費用保険金最高200万円最高200万円補償なし
疾病治療費用保険金最高200万円最高200万円補償なし
賠償責任保険金最高4,000万円最高4,000万円補償なし
携行品損害保険金
(年間限度額100万円)
最高50万円
(1旅行中)
最高50万円
(1旅行中)
補償なし
救援者費用保険金保険期間中
最高400万円
保険期間中
最高300万円
補償なし

金額が変わらないものもありますが、傷害死亡・後遺障害保険金だと5,000万円もの差がありますね。

海外旅行保険を適用するためには、出国前の空港への移動や渡航先への航空券代等の旅行代金をカード決済する必要があります。

具体的には、以下のような旅行代金です。

スクロールできます
旅行代金具体例海外旅行保険の対象
電車・バス空港までの電車代・リムジンバス代
ターミナル駅までの新幹線料金
海外での特急電車料金や高速バス料金
出国前だけでなく、出国後の決済も対象
飛行機地方空港から羽田空港までの航空券代
海外渡航先までの航空券代
出国前だけでなく、出国後の決済も対象
海外ツアーパッケージツアー料金出国前のみ対象
オプショナルツアー海外旅行先での観光やアクティビティ出国後の決済のみ対象

以下の支払いは海外旅行保険の対象にはなりません。

  • ガソリン代
  • 高速料金
  • 駐車料金
  • レンタカー料金
  • タクシー料金
  • 航空券の発券手数料・座席指定手数料

家族カード会員の場合、旅行代金をカードで決済しないと保険が適用されないので気をつけてください。

国内旅行保険

国内旅行の場合は、海外旅行保険のように持っているだけで保険は適用されません。

旅行代金の一部にMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードで支払うことで始めて、旅行保険が適用されます。

旅行保険を適用するためには、宿泊旅行の場合は、自宅を出発する前のに施設の予約を行う必要があります。

日帰り旅行の場合は、飛行機、電車、船などのチケットを購入することで、搭乗中の事故については補償の対象となります。

国内旅行保険の補償金額は以下の通りです。

スクロールできます
種類本会員本会員の家族家族カード会員
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円最高5,000万円

国内旅行するときでも、海外旅行する時でも料金の一部の支払いをMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードで支払うようにしよう!

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのデメリット

上記でMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのおすすめポイントを紹介しましたが、逆にMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのデメリットとなる以下の4つ紹介します。

  1. 年会費が高い
  2. アメックスが使える場所が多くない
  3. 海外キャッシングができない
  4. 海外で使える空港ラウンジが1箇所しかない

年会費が高い

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを発行するのに1番のネックは、年会費が49,500円することですね。

世の中には年会費無料のクレジットカードがたくさんある中、高い年会費を払うことを躊躇する人も多いと思います。

ここはどうにもできないので、特典に納得できるかどうかですね。

はっきり言うと、旅行にほとんど行かない人は必要ないと思います。

ただ、「ゴールドエリート会員に無条件でなれる」や「年間150万円の決済で高級ホテルに1泊無料で泊まれる」という特典だけで年会費以上の価値はあるので、旅行好きな人にはおすすめです。

アメックスが使える場所が多くない

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、国際ブランドがアメックスなので、対応していない店舗やサービスが多いということです。

飛行機や、世界中のマリオット・インターナショナル系列のホテルやレストランでは確実に使うことができますが、その他ではアメックスが使えないことがあります。

特に先進国に比べ、発展途上国などではほとんど使えない場所がないと思っていたほうがいいでしょう。

そのため、旅行の際はMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、飛行機代や現地のホテルの支払いでしか使えないと思って、国際ブランドが「VISA」や「Mastercard」のクレジットカードをもう一枚持つようにしましょう。

海外キャッシングができない

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、海外キャッシングをすることができません。

個人向けのカードではなく、法人カードであれば海外キャッシングができますが、この記事を読む人は個人カードを作ろうと思っている人だと思います。

したがって、海外で現地通貨を引き出す予定がある人は、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード以外に海外キャッシングができるカードを海外に持っていくようにしましょう。

海外で使える空港ラウンジが1箇所しかない

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの場合、国内旅行の場合、空港ラウンジに困るということはありません。

ただ、海外旅行の場合は、現在だとハワイの空港しか使えないので、他の国にある空港ラウンジを無料で使うことができません。

今後、無料で使える海外の空港ラウンジが追加される可能性はありますが、全世界一気に使えるようになることは起こらないでしょう。

どこの国に行っても、空港ラウンジを使いたい場合は、全世界の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスを入手するのが1番です。

そのためには、プライオリティパス会員になるか、プライオリティパスが付帯する別のクレジットカードを取得しましょう。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの申込方法と審査

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの申し込みはから行うことができます。

年会費も高いので、審査が厳しいのか不安になると思いますが、実際には審査に落ちる人はあまりいないとされています。

そもそも「年会費49,500円のクレジットカードを作ろう」と思って申し込む時点で、かなり絞られているという理由もありますが、そこまで難易度は高くないからです。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの発行条件は以下の2つ。

  1. 20歳以上である
  2. 安定収入がある

「20歳以上である」という条件はどのクレジットカードでも同じです。

「安定収入がある」という条件は、年会費無料のクレジットカードよりも難易度が高いでしょう。

公表されていませんが、安定収入がある目安として「年収300万円」と言われています。

したがって、正社員として働いている人は審査に受かる可能性が高いですが、年収が低いフリーターなどは基本的に審査に受かりません。

逆に正社員で年収300万円以上の人は、審査に受かる可能性が高いです。

審査に落ちたからといってデメリットもないので、クレジットカードが作りたいひとは申し込んでみてください。

旅行に強いクレジットカード「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」まとめ

今回は旅行する人におすすめのクレジットカードである「」について紹介しました。

発行するだけでゴールドエリート会員になれたり、毎年高級ホテルに無料で泊まれたりするメリットは大きいと思います。

年会費は高いですが、旅行好きの人にとっては年会費以上の価値があると思います。

旅行好きの人はぜひ発行を考えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事の共有・保存はこちら
  • URLをコピーしました!
目次