MENU

SPGアメックスから改悪?2022年に誕生したMarriott Bonvoy アメックス・プレミアムカードと比較

SPGアメックスからMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードに変更されたけど、どこが変更されたんだろう?

2022年2月24日以降、SPGアメックスは廃止され、へ切り替わりました。

この切り替えはただ単に名前が変わっただけでなく、カードの内容や特典がいくつかの点で変更されました。

年会費が上がったりしたことにより、ネットには今回の変更は「改悪した」という声が多いです。

そこでこの記事では、SPGアメックスとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを比較して、どこがどう変わったのかを比較します。

また、改悪した3つの変更点、より良くなった5つの変更点については詳しく解説します。

目次

SPGアメックスカードとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの変更点を比較

SPGアメックスとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの変更点をまとめると以下のようになります。

スクロールできます
項目SPGアメックスMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード違い
年会費(税込)34,100円49,500円(税込)15,400円高くなった
ステータスゴールドエリートステータスゴールドエリートステータス変化なし
付与される宿泊実績5泊分15泊分10泊分多くなった
ポイント還元率
(通常時)
100円につき3ポイント100円につき3ポイント変化なし
ポイント還元率
(対象ホテル滞在時)
100円につき6ポイント100円につき6ポイント変化なし
無料宿泊の権利カードを更新のたびに獲得カード更新

年間150万円以上の決済
条件が追加された
プラチナステータス対象ホテルに50泊対象ホテルに50泊
or
年間400万円の決済
人によってはステータスアップしやすくなった
家族カード1枚目から有料(17,050円)かかる1枚目:無料
2枚目以降:有料(24,750円)
家族カードを発行しやすくなった
海外旅行保険利用付帯または自動付帯利用付帯のみ自動付帯がなくなった
プロパティクレジットなし2連泊で獲得獲得できるようになった
手荷物無料宅配成⽥国際空港
中部国際空港
関⻄国際空港
成⽥国際空港
中部国際空港
関⻄国際空港
羽田空港(第3)
羽田空港(第三ターミナル)が追加された
スマートフォン・プロテクション利用できない利用できる利用できるようになった

改悪したか、改善したかは人によって違ってきます。

上記の表だと、悪くなった点より良くなった点が多いです。
ただ、年会費、無料宿泊特典、海外旅行保険の3点は改悪されたと言われても仕方がないと思います。

それでは、大きな変更点である8個についてどう変わったのかを詳しく解説していきます。

SPGアメックスから改悪したと言われている変更点を比較

最初に「SPGアメックスから改悪した」と言う声が多い3つの変更点について紹介します。

  1. 年会費が15,400円高くなった
  2. 無料宿泊特典を獲得するために年間150万円以上のカード利用が必要になった
  3. 海外旅行保険が利用付帯のみになった

個人的には3つ目の海外旅行保険については、多くの人にとって大きな影響はありませんが、年会費と無料宿泊特典については、SPGアメックスより悪い影響を受ける人が多いです。

年会費が15,400円高くなった

SPGアメックスはもともと年会費が34,100円(税込)と、安いとは言えない金額でした。
それでも、特典の豊富さを考えれえば、年会費を払う価値があるとされてきました。

それが後継カードのMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの年会費は49,500円(税込)と、SPGアメックスより15,400円も高くなりました。

お金に余裕がある人は関係ないかもしれませんが、ほとんどの人にとって15,400円の値上がりはキツイと言わざるを得ません。

無料宿泊特典を獲得するために年間150万円以上のカード利用が必要になった

SPGアメックスからMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへの変更で1番インパクトが大きかったのが無料宿泊特典の獲得が条件付きになったことです。

SPGアメックスは、しっかり年会費を払っていれば、カード更新ごとに無料宿泊特典がもらえていました。

しかし、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、カードの更新にプラスして、年間150万円以上のカード利用をしないと無料特典がもらえなくなりました。

年間150万円ということは、12カ月で割ると、1カ月あたり125,000円。
なかなかの金額です。

家賃や買い物をクレジットカード払いする人は達成するかもしれませんが、あまりカードを利用しないという人は厳しい条件です。

無料宿泊特典を獲得できなければ、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを持つ1番のメリットがなくなります。

クレジットカードを複数枚持って、支払いを分割している人は、カードの支払いをまとめるようにしましょう。

それでも年間150万円使えないようであれば、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードはあまりおすすめはできません。

逆に言えば、もともと年間150万円以上決済する人は、これまでと変わらずお得です。

とりあえず旅行好きの人はおすすめでしたが、基本的にカード利用額が年間150万円以下の人はメリットは少なくなったと言わざるを得ませえん。

海外旅行保険が利用付帯のみになった

SPGアメックスからMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへ変更に伴って、海外旅行保険についても変更されました。

SPGアメックスは、

  • 持っているだけでは海外旅行保険が適用される自動付帯
  • 旅行代金の一部にカードを利用することで適用される利用付帯

のどちらにも対応していました。

しかし、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、2022年8月1日(月)以降は自動付帯は廃止され、利用付帯のみとなります。

といっても、もともと利用付帯の方が海外旅行保険が充実していたので、以前から利用付帯の人が多かったので、あまり大きな変化ではありません。

また、旅行代金の一部の支払いにMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを使えばいいだけなので、それほど変化はないと思います。

SPGアメックス
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
  • 年会費:34,100円
  • カード更新さえすれば無料宿泊特典獲得
  • 海外旅行保険は自動付帯と利用付帯
  • 年会費:49,500円
  • 年間150万円以上の決済で無料宿泊特典獲得
  • 海外旅行保険は利用付帯のみ

SPGアメックスから良くなった変更点を比較

つづいてSPGアメックスからMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへの切り替わったことで良くなった変更点を紹介していきます。

具体的には以下の5つです。

  1. プラチナステータスになりやすくなった
  2. 家族カードを無料で発行できるようになった
  3. 2連泊でプロパティクレジットを獲得できるようになった
  4. 無料宅配サービスに羽田空港が追加された
  5. スマートフォン・プロテクションが利用できるようになった

プラチナステータスになりやすくなった

SPGアメックスからMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの変更では、カードをよく利用する人にとってプラチナステータスになりやすくなりました。

プラチナステータスは以下のような特典があります。

  • レイトチェックアウトができる(16時まで)
  • 部屋のアップグレードを優先的にしてくれる(チェックイン時の空室状況による)
  • 滞在による付与ポイントが50%アップする
  • 特典参加レストラン&バーでの利用料金が15%オフ?
  • 朝食無料サービス
  • ラウンジアクセス無料
  • プラチナデスクが利用できる

SPGアメックスは、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードと同じように、発行すればゴールドステータスが付与されていました。

しかし、SPGアメックスは、さらに1つ上のプラチナステータスになるためには、対象ホテルに50泊する必要がありました。

なかなか大変ですよね。

その点、「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」の場合は、宿泊しなくても、年間400万円以上のカード利用でステータスが上がるようになりました。

この400万円のカード利用の内容は何でもかまいません。

一般的な会社員だと、年間400万円(1月あたりだと平均33万3000円)の決済をする人は珍しいですが、クレジットカードをよく利用する個人事業主や経営者だと達成する人もいると思います。

カード利用額が少ない人にとっては、あまり関係ないですが、対象ホテルに年間50泊しないけど、カードをよく利用する人にとっては、プラチナステータスにランクアップしやすくなりました。

家族カードを無料で発行できるようになった

SPGアメックスは、家族カードを作成する場合、1枚目から17,050円が必要でした。

しかし、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、家族カードの1枚目は無料で作成することができます。
また、1枚目の家族カードの年会費は無料です。

2枚目以降は24,750円が必要になります。

2連泊でプロパティクレジットを獲得できるようになった

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードでの決済が必要ですが、国内、海外にかかわらず、

  • ザ・リッツ・カールトン
  • セントレジス

に2連泊以上すると100USドル分のプロパティクレジットがもらえます。

プロパティクレジットとは、レストランやスパなどの館内施設でのみ利用できるクレジットです。

獲得したプロパティクレジットを利用する時は、公式サイトから「プロパティクレジット付きプラン」を予約するようにしましょう。

チェックアウト時に自動的に適応されます。

無料宅配サービスに羽田空港が追加された

SPGアメックスは、スーツケース1個が無料で自宅まで配達してくれる無料宅配サービスができる空港が、成⽥国際空港、中部国際空港、関⻄国際空港の3空港のみでした。

それがMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへなったことで、羽田空港も追加されたことにより、利用できる空港が

  • 成⽥国際空港
  • 中部国際空港
  • 関⻄国際空港
  • 羽田空港(第三ターミナル)

の4つとなり、さらに多くの人が使いやすくなりました。

第三ターミナルに限られますが、関東地方や中部地方に住んでいる人を中心に利用する人が多い羽田空港利用者にとって使いやすくなりました。

スマートフォン・プロテクションが利用できるようになった

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードに変更された際に、スマートフォン・プロテクションが利用できるようになりました。

これは、スマートフォンの修理代金、火災や盗難によりスマートフォンを紛失した場合に購入費用として、最大3万円まで補償するというものです。

SPGアメックスにはありませんでしたが、新たに利用できるようになりました。

スマートフォン・プロテクションが使うことができる条件は

  • 事故発生時点で、購入後24ヶ月以内のスマートフォンであること
  • 事故発生時点で、スマートフォン通信料を直近3ヶ月以上連続して、持っているアメリカン・エキスプレスのカードで決済していること

の2つです。

よって、スマートフォンを購入する時や月々の通信費はMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードでの支払いにするようにしておきましょう。

うっかり落としたりして、画面にヒビが入ったりした場合に、「高いから直せない…」ということがなくなりますね。

SPGアメックス
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
  • 対象ホテルに年間50泊でプラチナステータス
  • 1枚目の家族カードから有料
  • プロパティクレジット制度なし
  • 無料宅配サービスの対象は3空港
  • スマートフォン・プロテクションが利用不可
  • 年間400万円以上の決済でプラチナステータス
  • 1枚目の家族カードは無料
  • 2連泊でプロパティクレジット獲得
  • 無料宅配サービスの対象は4空港
  • スマートフォン・プロテクションが利用可能

SPGアメックスカードとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの比較まとめ

SPGアメックスカードは、更新ごとに無料宿泊特典がもらえるというのが最大の魅力でした。
それが150万円のカード利用が条件になったので、年間150万円を使わない人にとっては改悪されたと判断するのも当然です。

ただ、それ以上にへの変更で、家族カードを作りやすくなったり、スマートフォン・プロテクションを利用できるようになったりとよくなった点もあります。

特に年間400万円以上のカードを使う人にとってはSPGアメックスよりもお得になりました。

あわせて読みたい
移動するだけでポイントが貯まるおすすめアプリ5選【マイルにも交換可】 移動するだけでポイントが貯まるアプリがあるらしいけど、どれがいいんだろう? この記事では、移動するだけでポイントが貯まるアプリについて紹介します。 昔は少なか...

おうち時間を楽しもう

\おうち時間を楽しもう/

あわせて読みたい
おうち時間を充実させる過ごし方10選【便利なサービスも紹介】 平日は忙しいけど、休日はやることなくて暇だなぁ。何したらいいかなー 外は暑いし、あんまり人がたくさんいる場所にわざわざ外出したくないけど、暇だなぁ。 現在は海...

雑誌・漫画読み放題

\雑誌・漫画読み放題/

あわせて読みたい
【初月無料】るるぶ読み放題サービス3選【電子書籍は旅行に最適】 旅行に行く際に、るるぶを無料で読めないかなぁ?数カ所旅行するとなるとその分必要だけど、何冊も買うとお金がかかる... 旅行中にるるぶを持ち歩きたいけど重い...でき...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる