ブエノスアイレスの安宿「Hostel Estoril」を紹介



ブエノスアイレスにある安宿の紹介です。

立地

「Hostel Estoril」は別の記事で紹介している「Gilper Hostel」と同じビルです。

ブエノスアイレスのオススメ安宿「Gilper Hostel」の朝食は自分で手作り

2017.03.22
メトロで行くのが便利です。
その場合、A線の「Sáenz Peña」駅で降りてください。
そこから歩いて1分以内に着くことができます。

僕はGilper Hostelに宿泊した後にこのHostel Estorilに移ったので、エレベーターですぐに行くことができました。

地図

宿は2フロア

この宿「Hostel Estoril」は1階と6階にあります。
アルゼンチンの1階は日本だと2階です。日本でいう1階はグランドフロアと言います。

基本的にドミトリー部屋は6階、個室は1階にあります。
宿泊者は1階も6階どちらの施設も使うことができます。
基本的に1階の設備の方がいいと思います。

2階と3階と4階には「Hostel Estoril 3°」という別のホステルが入っています。
同じ系列のホステルですが、そちらには行くことができません。

チェックイン時間は11時、チェックアウト時間は10時です。

部屋

ドミトリー部屋は2段ベッドが3つあります。
貴重品ロッカーも設置されています。
2段ベッドにはハシゴがついていないので、2階部分で寝る人は上るのが少し大変です。

一泊の宿泊料金は195ペソです。

部屋には小さなテラスがついています。

設備

キッチン

自由に使えるキッチンがあります。
6階にあるキッチンはとても狭いので、料理をする人は1階にあるキッチンを使うといいです。

トイレ・シャワー

6階に3つのホットシャワーがあります。

共用スペース

1階にも6階にもソファーが置いてある共有スペースがあります。
1階の方が広いです。

6階には日が当たる場所に机と椅子が並べられているところもあります。

朝食

宿泊者には全員無料の朝食がついてきます。

提供時間は8時から11時です。
6階でも1階でも食べることができます。

でもなぜか1階で食べたときには、キッチンにホステルのおばちゃんがいて卵を焼いてくれました。
6階ではこのサービスはなかったです。

セキュリティ

建物自体の鍵は常に開いています。
宿のドアの鍵については1階は電子ロックが常にかかっているのでチャイムを鳴らして受付の人に開けてもらう必要があります。
6階の鍵については宿の人がドアの鍵を持っていて、入るときも出る時もチャイムを鳴らして開けてもらわなければいけません。

ネット環境

宿内にフリーWi-Fiがあります。
6階部分には1つ、1階部分には2つの電波が飛んでいます。
どちらも安定しており、速度もサクサクです。

まとめ

アクセスもよく、部屋がたくさんあるので大人数が宿泊できる宿です。

BBQなどのイベントも定期的に行っています。
そのようなイベントが好きな人には向いている宿だと思います。

アルゼンチンの宿泊料金はカード払いで!21%の税金が免除されてお得!

2018.06.21

ブエノスアイレスの5つの安宿情報まとめ

2017.04.14

ブエノスアイレスで無料で楽しめるオススメ観光地7選

2017.04.08

期間限定Amazonサイバーマンデーセール開催中(12/11 1:59まで)







「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!