リヴィウのオススメ安宿「DREAM Hostel Lviv」【口コミ評価9.5】



ウクライナのリヴィウにあるオススメ安宿の紹介です。

リヴィウでは7つの宿に泊まりましたが、僕の中では一番居心地がいい宿でした。

そのため1カ月以上のリヴィウ滞在中、ほとんどここに宿泊していました。

いいと思ったのは僕だけではない証拠に、Booking.comの口コミ評価も1,700人以上が評価しているのに、「9.5」というポイントを叩き出しています!(2018年7月時点)

リヴィウに行く人に自信を持っておすすめできる宿になってます。

立地とアクセス

DREAM Hostel Lviv」はリヴィウの中心地であるRynok Squareから歩いてすぐの場所にあります。

そのためリヴィウの観光もしやすいですし、夜もたくさんの人が歩いているので治安面としても優れています。
鉄道駅からは離れていますが、路面電車またはバスを使って簡単に行くことができます。

キエフからリヴィウへの電車移動情報

2018.01.10
地図

宿の特徴

宿自体が新しいので、施設が綺麗です。
掃除も毎日されていました。

また、基本的にスタッフが優しくてフレンドリーです。
2階のレセプションでチェックインをしたら部屋までスタッフが案内してくれます。

朝食の提供はありませんが、宿の1階がカフェになっており、宿泊客はそこで朝食を食べると10%オフになります。

チェックアウト後の荷物の管理は鍵付きの部屋に保管することができるのでセキュリティ面で安心です。

部屋

部屋はドミトリー部屋と個室があります。
ドミトリー部屋はベッドの数によって宿泊料金が変わってきます。

ベッドは木造で、造りがしっかりしているので全く揺れたりしないです。

ドミトリー部屋の2段ベッドはベッド一つずつにカーテンが付いています。
シングルベッドにはカーテンが付いていませんでした。

それぞれのベッドのにライトがあり、充電用のコンセントが2つあります。

ベッドの下にはバックパックが入るほどの大きなロッカーがあります。
ただし、ロッカーの鍵を使うには、デポジットとして30フリヴニャ必要です。

設備

キッチン

4階の共有スペースの横に自由に使うことのできるキッチンがあります。
調理器具は基本的に揃っているので問題はありません。

冷蔵庫もあります。
大きいのですが、1つしかないので、かなりモノが詰まっています。

冷蔵庫用のかごとペンと紙があるので、それらを使って自分のものを確保しておきましょう。

トイレ・シャワー

トイレとシャワーですが、水圧、水温とも完璧です。
設備も綺麗で、ホテルみたいです。

ここで、ポイントなのですが、宿泊する部屋によって違いが出てきます。

部屋は各階ごとに北側と南側2つに分かれています。
そして、それぞれのフロアは施錠されたドアで区切られています。

そのため、どちら側の部屋に振り分けられるかで状況が変わってきます。

北側の部屋に当たった人はラッキーです。
上の写真のようにシャワーとトイレが別々にある上、1フロアにいくつもあります。

一方、南側の部屋のエリアにはシャワーとトイレが一つになった部屋が一つしかないので、自分が使いたいときに使えないことがあります。

タオルのレンタルは有料です。
使用料として50フリヴニャで、デポジットが30フリヴニャです。

共用スペース

共有スペースは3階にあり、机とソファーがたくさん置かれています。

宿泊客が集まって、話したり、ご飯を食べていました。

フリーの飲み物として紅茶が何種類か置かれています。

セキュリティ

宿の鍵はカードキーとなっています。

建物と北側と南側のフロアに分かれており、自分のベッドがある方にしか入れないようになっています。

また、部屋自体も鍵があり、カードキーを使って入れるようになっています。

洗濯

洗濯機と乾燥機の利用は有料で、どちらも込みで60フリヴニャです。
洗剤付きです。

洗濯機と乾燥機がある部屋にはお金を払わないと入ることができません。

ネット環境

フリーWi-Fiがあります。

部屋でも共有スペースでも問題なく使うことができました。

まとめ

リヴィウのおすすめの安宿を紹介しました。

見てもらったように、施設も新しく、綺麗に保たれているので快適に過ごすことができます。

コスパもよく、リヴィウの観光におすすめの宿となっています。

ウクライナの絶景「愛のトンネル」への一番簡単な行き方と注意点

2018.06.30

ウクライナに行く人に1番オススメしたいレストランを紹介

2018.06.28