日本人の集まるトビリシの安宿「Comfort Plus Hostel」

ジョージアの首都トビリシにある安宿「Comfort Plus Hostel」。

この宿は日本人経営ではありませんが、日本人がたくさん集まる安宿です。

洗濯が無料ででき、居心地のいい安宿になります。

立地とアクセス

「Comfort Plus Hostel」はトビリシの中心地から離れた住宅地の中にあります。
そのためトビリシの観光地からは離れていますが、メトロを使えば簡単に行くことができるので問題ありません。

宿に行くには、メトロの「Guramishvili」駅で降りてください。

周辺は住宅ばかりなのでかなり静かな立地です。
近くに小さな商店、少し歩けば巨大なスーパーマーケットがあります。

入口は大きな門になっているので見つけやすいです。

地図

宿の特徴

トビリシには、ステーションスクエア駅の近くに歴史のある日本人宿「ホステル・ジョージア」があります。
立地も良く、10ラリで夕食付なのでコスパはいいと思うのですが、宿自体が綺麗ではないと聞いたので今回はComfort Plus Hostelに宿泊することにしました。

実はComfort Plus Hostelはホステル・ジョージアのスタッフをしていた人が始めた宿です。
こちらは中心地からは離れていますが、頻繁に掃除されているおかけげでいつも綺麗に保たれています。

ホステル・ジョージアと違い、この宿に日本人が集まるようになったのは比較的最近です。
僕は出会った人から直接オススメされましたが、この宿が日本人に広まったのは世界一周ブロガーがオススメしたからだそうです。

壁には日本語を書いた紙が貼ってあったり、日本人向けの情報ノートもあります。

部屋

個室とドミトリーがあります。
ドミトリー部屋は2部屋あり、窓のある部屋と窓のない部屋に分かれています。

ベッドは木製の2段ベッドです。

僕は冬に宿泊しましたが、ドミトリー部屋には暖房器具が付いているので快適に過ごすことができました。

設備

キッチン

自由に使うことのできるキッチンがあります。
調理器具もある程度はそろっていました。

トイレ・シャワー

トイレとシャワーが一緒になった部屋が2つあります。
宿泊客が多いときには混雑することもあると思います。

共用スペース

共有スペースは建物の中心部にあります。
テーブルとソファーが置かれています。

ソファーの近くには日本語の情報ノートが置かれているのでチェックしてみてください。
フリーの飲み物として、コーヒーと紅茶を飲むことができます。

洗濯

この宿では洗濯機を無料で使うことができます。
洗剤も自分のものを用意する必要はありません。

ただし、朝と夜の宿泊客が寝ている時間帯は利用しないように言われます。

乾燥機はありませんが、外に洗濯物を干す場所がたくさんあるので問題ありません。

ネット環境

フリーWi-Fiが宿内にあります。

ネット速度も問題なく、部屋でも使うことができました。

まとめ

トビリシの中心地からは離れているものの、メトロがあるのでそこまで不便ではありません。

僕が宿泊したのは観光シーズンではない冬でしたが、何人かの日本人客が宿泊していました。

宿の立地や設備に関して言えば、僕がトビリシで宿泊したもう一つの宿「Fabrika Hostel & Suites」の方がいいですが、こちらに宿泊するメリットは日本人が集まることです。

ジョージア国内の観光やトルコやアルメニアへの移動をする人を見つけたい人にはオススメの宿です。

⇒「Comfort Plus Hostel」の詳細と空室確認はこちらから(Booking.com)

トビリシで食べれる美味しいグルジア料理8選とおすすめレストラン4店舗

2018.02.10

トビリシからエレバンへの移動情報(アルメニア入国・ジョージア出国)

2017.11.30