トビリシで食べれる美味しいグルジア料理8選とおすすめレストラン4店舗

世界一周する旅人の中でも人気の高い「グルジア(ジョージア)料理」。

僕がジョージアの主都トビリシで行ったレストラン4店舗と特に美味しかったグルジア料理を8つ紹介します。

ジョージア料理の特徴

グルジア(ジョージア)料理は「味が濃い」という特徴があります。
ニンニクやクルミ、その他香辛料などをたっぷりと使うからです。

味が濃いので、ワインやビールにすごくあいます。
ジョージアはワインが有名で、安く美味しいワインが飲めます。

ビールは名物ではありませんが、ジョージアの物価の安さのおかげで手ごろな金額で飲むことができます。

ヒンカリ

ヒンカリとはジョージア版の小籠包です。
見た目も中身も中国の小籠包に似ています。

ただし、中国のものよりもボリュームがあります。
店によって大きさは違いますが、肉まんの3分の2ぐらいです。

ヒンカリの生地は厚めに作られており、上の部分を手でつまんで食べるのがジョージア流です。
このつまむところは食べないで残す人が多いみたいですが、問題なく食べれます。

ヒンカリの中の具材としてたくさんの種類があるので、自分が食べたいものを選んで注文することができます。

食べ方も先に中の肉汁を飲むスタイルです。
一口で食べるとやけどする可能性があるので気を付けてください。

ヒンカリの値段は安く、少量ずつ注文できるのも最高です。

僕が食べた時は9個で9.20ラリでした。

ハチャプリ

インパクトのあるジョージアのパン料理です。

グルジア語で「ハチョ」がチーズのことで「プリ」がパンという意味で、ハチャプリは「チーズパン」という意味です。
パンのの記事にはジョージア名産のヨーグルトが使われています。

ハチャプリはパンですが、「ジョージアのピザ」と呼ばれることもあります。

ハチャプリは地域によって中の具材やチーズの種類が違います。
どれもチーズの味が強いです。

「イメルリ」というハチャプリが一番一般的なハチャプリですが、ハチャプリの中でオススメなのが「アチャルリ(アジャルリ)」という名前のハチャプリです(上の写真)。

楕円形のパンの中央部にはバター、チーズ、卵が入っています。
パンの外側をちぎりながら、真ん中につけて食べます。

かなりボリュームがあるので気を付けてください。

僕が食べた時も空腹でレストランに行ったにもかかわらず、食べきるのがかなり苦しかったです。

シュクメルリ

ジョージア料理の中でも人気なシュクメルリ。

鶏肉をニンニク、ヨーグルトで煮込んでいます。
かなりのニンニクが使われているので、翌日の口臭には注意してください。

僕は1人で1つ食べましたが、かなり量が多いので2人以上で食べるのがちょうどいいと思います。

注文から作り始めるので、食べ始めるまでに時間がかかります。

オーストリ

オーストリとはジョージア風のビーフシチューです。

トロトロに煮込まれて柔らかくなったビーフが最高です。

こちらもとにかく味が濃厚。
別にパンなども頼んで一緒に食べるとさらに美味しいです。

ハルチョー

オーストリと同じようなジョージアのスープ料理です。
ただし味は全然違います。

牛肉、米、ニンニク、トマトなどが入っており、酸味があります。
スパイスも強いので、かなり好き嫌いの分かれるスープだと思います。

オジャクリ


肉とポテトの組み合わせという最強のジョージア風ジャーマンポテト。
野菜もついています。

たっぷりの油で揚げられており、油濃いめです。
そのためお酒がすすみます。

シャウルマ(ロシア料理)

シャウルマは正確にはロシア料理ですが、ジョージアでも気軽に食べることができる料理なのでオススメします。

ジョージアはもともとソ連に加盟していたので、その影響でしょう。
ファーストフードという立ち位置で、具材をラップで巻いて食べます。

安くてボリュームがあり、現地でも若者のお客が多かったです。

トビリシのレストラン

美味しいグルジア料理を紹介したので、続いてはそれらが食べれるレストランをを紹介していきます。

今回紹介するものはどこも料理が美味しいのはもちろん、リーズナブルなところばかりです。

お金に厳しいバックパッカーも気軽に行けるはずです。

Shemoikhede Genatsvale

トビリシの中でも人気レストランの一つである「Shemoikhede Genatsvale」。

メトロに乗って「Marjanishvili」駅まで行けば、そこから歩いて5分ぐらいです。
僕がトビリシで宿泊していた「Fabrika Hostel & Suites」から歩いて行ける距離にあります。

ただし、注文した金額の10%のチャージ料がかかります。

Shemoikhede Genatsvaleの場所

Machakhela


Machakhelaはトビリシ市内にいくつか店舗を持つチェーンレストランです。
僕が行った店は「I Love Tbilisi」の看板のすぐ近くにあります。

2フロアでテーブルもたくさんあるのですが、食事時には満席で座れないこともあります。

料理の種類が豊富で、ジョージア料理は一通り揃っています。
なので、迷ったらこのレストランに行くのもありだと思います。

Machakhelaの場所

Churi

上の2つと比べてかなり庶民的な店になっています。
地元の人が料理を食べに来ているというより、飲みに来ている人が多い印象です。

生ビールジョッキ1杯2.2ラリと安く飲めるのも地元の人を呼び込む理由でしょう。

料理はどれも美味しく、上の2つのレストランよりも安く食べることができます。

料理だけではお腹が膨れないかもしれない人は、パンも注文してみてください。
0.7ラリと安いのに、塩味が聞いたパンがたくさん出てきます。

Churiの場所

シャウルマクラブ

シャウルマを食べることのできるシャウルマクラブ。
ご飯の時間にはかなり混みあいます。

トビリシ駅の近くにあるのでアクセスがいいです。
僕はトビリシからエレバンまで行くときにも購入しました。

シャウルマクラブの場所

おわりに

今回紹介したグルジア料理はほんの一部です。

グルジア料理の種類はたくさんあるので、他のグルジア料理も試してみてください。

トビリシのオススメ安宿「Fabrika Hostel & Suites」は巨大ホステル

2018.02.08

トビリシからエレバンへの移動情報(アルメニア入国・ジョージア出国)

2017.11.30