アジア圏で多い詐欺「イカサマ賭博」に気をつけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

海外で事件に巻き込まれる可能性は誰でもあります。

強盗などの予期せぬ事件もありますが、個人が意識することで未然に防げる事件もあります。

その一つとして、アジア圏で特に多い「いかさま賭博」が挙げられます。

スポンサーリンク

いかさま賭博とは

外務省の「海外安全ホームページ」や地球の歩き方などのガイドブックなどにも書かれていますが、毎年詐欺事件に巻き込まれる人が毎年後を絶ちません
被害額は数万円から、100万円や300万円など高額なものまであります。

手口について、外務省の「海外安全ホームページ」のタイの項目より抜粋したものを掲載します。

いかさま賭博

様々な手口で賭博に誘われ,金品をとられるケースです。

例えば,「妹が日本に留学するので,日本の事情を話してあげてほしい。」等と親しげに話し掛けられ,自宅と称する建物に巧みに案内されます。家に着いても妹はおらず,暇つぶしにトランプゲーム(ブラックジャック)に誘われ,さらに,「上手な勝ち方(いかさま)を教える。まもなく金持ちのブルネイ人がブラックジャックをするために来るので,一緒にそいつからお金を巻き上げよう。」といかさま賭博に誘われるケースがあります。被害者が話に乗り,ゲームを始めると,最初は勝ち続けるものの,最後の勝負で多額の金額を賭けることとなります。ゲーム中,所持金では足りなくなることからクレジットカードで貴金属を購入して現金化し,莫大な金額を賭けるが,最終的に負けるか,又は勝ったところで,「続きは明日やろう。」等と言われます。そして賭け金や担保となる貴重品(時計,カメラ,パソコン及び携帯電話等)をその場に残すよう言いくるめられて,ホテルに送られるが,翌日の約束の時間になっても迎えに来ないといったケースもあります。(これらの手口は状況により変わることもあるようです。)

外務省の「海外安全ホームページ」より引用

日本人は狙われている

日本人は世界的にもお金を持っていると思われているので、この賭博の標的になりやすいです。
さらに、「No」と強く言えないところや、人を疑わない日本人が多いので、その国民性も狙われる理由の一つです。

また、異国で一人という孤独な時に、フッと日本に興味のある人が優しく声をかけてきたら、つい心を許してしまうという心理も、この詐欺にひっかりやすくなっている要因です。

実際、僕もタイとラオスで知らない人に同じように家に誘われたことがあります。

タイではおばさん一人に、ラオスでは男女二人組に家に誘われました。
二組とも理由は「娘が日本に留学するから、日本のことを知りたい」でした。

人によりますが、アジアの人は、日本人と同じように、会ってすぐに家に誘う人はほとんどいません

何があっても家に行ってはいけない

騙そうとする方は、とてもフレンドリーに接してきて、いかにも「いい人」そうに見えます。
「日本の話をもっと聞きたい」「留学する娘と一緒にご飯を食べてくれないか」といろいろな理由をつけて、家に誘ってきますが、どんなに優しそうな人に誘われても、家についていってはいけません。

人を疑ってかかるのは、嫌な気もしますが、実際に人を騙そうとしている人はいます
外で話すだけならいいですが(ただ、話し好きな人かもしれません)、家に誘われても絶対についていってはいけません

また、こちらが2人などの複数人であっても、ついていくことは危ないです。

過去には、ナイフや拳銃で脅し、1人を人質にとって、1人にお金を引き出させたことがあったそうです。

この手口を使う人の共通点として

  • 見た目が優しそうで、フレンドリー
  • 日本に興味があることをアピールしてくる(日本語を使ってくる)
  • 話を聞きたがり、家に誘ってくる
  • 写真を撮られるのを避ける(顔写真を撮られると捕まる可能性が高くなるので)

対策方法を別の記事で詳しく書いています。

最後に

旅で会った人の中にも、このいかさま賭博の手口にひっかかり、お金を取られ、辛い思いをした人に会いました。
会った人は、お金が盗られるだけでなく、人を信用できなくなったと言っていました。

このいかさま賭博は、注意すれば未然に防げることです。のこのことついていかなければいいのです。

「騙そうとする人はどこにでもいます。
 騙される可能性は誰にでもあります。」

自分のためにも、他の旅行者のためにもだまされないように旅を楽しんでください。

実際に被害にあった人のブログ

プノンペンでの被害(書かれた人が、他の人も被害に遭わないようにと、かなり詳細に書かれています。)

 
わざと家まで行った人も(危険!)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。