日本で解禁されたTransferWiseのデビットカードの申込方法やメリットを解説

TransferWiseのデビットカードってどうなんだろう?

この記事では、人気の海外送金サービス「TransferWise(トランスファーワイズ)」のデビットカードについて紹介します。

TransferWiseは海外送金を格安でできるので、海外に住んでいる人によく使われています。

サービスについて詳しく知りたい人は、Transferwiseについての詳細記事を読んでみてください。

TransferWiseのデビットカードが発行できるのは、ヨーロッパを中心に限られた国でのみで、日本はずっと発行できませんでした。

ところが、2021年1月26日に日本でもデビットカードの申し込みが開始されました。

そこで、この記事では、TransferWiseのデビットカードについて

  • デビットカードの特徴
  • デビットカードを作成するメリット
  • デビットカードの具体的な申込方法
  • デビットカードの有効化方法

について具体的に解説していきます。

現在はコロナで海外に行きにくいですが、海外在住者や今後海外旅行をする人はデビットカードを作っておいて損はありません。

ぜひ記事を参考にして発行してみてください。

  • ログインした状態だとマイページに飛ばされます


2021年3月末にサービス名がTransferWise(トランスファーワイズ)からWise(ワイズ)へと名前が変わりましたが、まだ世間に浸透していないためブログ内では「TransferWise」表記に統一しています。
この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。1月〜9月までタイで過ごし、成田での自主隔離を終え、現在は香川に住んでいます。(詳しいプロフィールはこちら
毎年高級ホテルに宿泊できるSPG AMEXカードがキャンペーン中

2021年5月7日(金)〜2021年6月30日(水)の期間中に「SPG AMEXカード」を新規発行・入会すると、期間限定入会特典として

  • 入会後3か月以内に10万円以上のカード利用で30,000ボーナスポイント
  • 入会後3か月以内に30万円以上のカード利用で30,000ボーナスポイント
の合計で最大60,000ボーナスポイント獲得可能です。

気になる人はぜひキャンペーン期間中に発行してみてください。

SPGアメックスカードの記事はこちら

TransferWiseのデビットカードの特徴

TransferWiseのデビットカードの特徴日本でも発行可能になったTransferWiseのデビットカードについて簡単に説明します。

一般的に、デイビットカードは、決済すると銀行口座から即座に振り込みがされます。
日本だと、楽天デビットカードが有名ですね。

楽天デビットカードだと、支払いをすると楽天銀行の口座からお金が引き落とされます。

TransferWiseのデビットカードの場合は、TransferWiseのマルチカレンシー口座から現地通貨で即時決済されます。

TransferWiseのマルチカレンシー口座

マルチカレンシー口座とは、50以上の通貨を保管できる口座です。登録、維持費は無料です。

しかも、国際ブランドはMastercard。
Visaに続いて使える場所が多いので、海外で使える場所が多いのも嬉しいポイントです。

年会費無料
発行費1,200円
国際ブランドMastercard

特徴として以下の3つがあります。

  • 年会費無料
  • 手数料が安い
  • 海外ATMで出金できる

年会費無料

TransferWiseのデビットカードは、発行手数料として最初に1,200円かかりますが、年会費などはありません。

また、出金元となるマルチカレンシー口座の作成や年会費も無料です。

お金が発生するのは、デイビットカードで支払いをしたり、ATMで出金した時だけです。

手数料が安い

クレジットカードを使うと、クレジットカードが設定したレートに換算されます。
このレートが基本的にはよくありません。

その点、TransferWiseのデビットカードであれば、手数料が格安です。

条件手数料
マルチカレンシー口座に支払いする通貨を持っている場合無料
マルチカレンシー口座に支払いする通貨をもっていない場合少額の両替手数料

海外ATMで出金できる

TransferWiseのデビットカードは、世界中のMastercardマークが付いたATMで現地通貨を引き出すことができます。

しかも、毎月2回まで引き出し手数料は無料です。(30,000円まで)

2回以上の場合は、1回の引き出しにつき、出金額の1.75%+70円の手数料が発生します。

海外旅行で現地通貨が必要な時に、ATMに行けばどこでもお金を引き出すことができます。

送金先出金手数料
毎月2回まで

記事のタイトルとURLをコピーする