ワーホリの送金方法3つを比較【おすすめはTransferwise】



ワーホリで稼いだお金を日本に送金したいけど、どの方法が1番お得なんだろう。

海外送金にかかる手数料は高いらしいから、できるだけ安く抑えたいなぁ。

この記事では、ワーホリで稼いだお金をできるだけ少ないコストで日本に送金する方法はどれがいいかを紹介します。

ワーホリで頑張って稼いだお金なのに、送金するだけに高い手数料は払いたくないですよね。

記事内では、日本に送金する以下の3つの手段のメリット・デメリットを比較しながら、どの方法が1番いいのかを解説します。

  1. 現金で持ち帰る
  2. 銀行間で海外送金する
  3. Tranferwiseを利用して送金する

結論を言うと、Tranferwiseが圧倒的におすすめです。
記事を読むことでなぜか分かります。

ワーホリ期間中の人、またワーホリが終わって送金方法を考えている人は参考にしてください。

ワーホリのお金を送金する3つの方法の比較

今回する3つの方法を比較するのは「コスト」と「紛失リスク」です。

まずは、コストです。
海外送金するにあたって、必要なお金を表します。

紛失リスクとは、海外送金の際にお金を無くしてしまう危険性のことです。

簡単に比較すると以下のようになります。

コスト紛失リスク
現金で持ち帰る0あり
銀行間で海外送金高いなし
Tranferwiseを利用安いなし

1番安く送金するなら、現金のまま持ち帰る方法ですが、紛失する可能性があります。

結果として、1番おすすめなのは「Tranferwiseを利用した方法」です。

それでは、3つの手段について詳しく解説していきます。

日本に現金で持ち帰る

まず1番簡単なのが、稼いだお金を現金で日本に持ち帰る方法です。

現金で持ち帰ると、海外送金にかかる手数料が一切かからないので、余計なお金を払う必要がありません。

ただし、現金を持ち運んでいる時に盗まれたり、落としたりしてしまう可能性があります。
そして、万が一紛失したら終わりです。

海外旅行保険も、モノの紛失などは保障してくれますが、現金は保険対象外となっていますからね。

紛失する可能性は大きくはありませんが、0ではありません。

また、外貨で日本に持ち帰った場合、自分で日本円に両替する必要があるので、少し手間もかかりますね。

少額であればいいですが、何十万のお金を現金のまま持ち帰るのはリスクがあるのでおすすめしません。

メリット:振り込み手数料がかからない
デメリット:盗まれる・落とす可能性がある、日本で両替をする必要がある

ワーホリの国の銀行から日本の銀行へ送金する

次に紹介するのが、ワーホリした国の銀行から、日本の自分の銀行に海外送金をするという方法です。
この方法を利用する人は1番多いと思います。

誰でも安全に海外から自分の銀行口座にお金を送金することができるので便利です。

ただし、この方法を利用すると、多額の海外送金手数料がかかってしまいます。

海外のの銀行口座の送金手数料と、日本の銀行の受取手数料が発生してしまうからです。

この額は銀行によって違ってきますが、3,000円〜8,000円ぐらいかかってしまいます。

メリット:安全
デメリット:海外送金手数料が高い

Tranferwiseを利用して送金する

最後に紹介するのが、「Tranferwise」という国際送金サービスを利用して送金する方法です。

上記で紹介した銀行間の海外送金の手数料は高いですが、Tranferwiseで海外送金手数料は銀行間の手数料に比べて格安です。

Tranferwiseで海外送金できる通貨は決まっていますが、

  • イギリスワーホリの人「イギリスポンド」
  • オーストラリアワーホリの「オーストラリアドル」

など、日本人がワーホリに行く国の通貨は海外送金できる通貨に含まれているので安心です。

さらに、僕のTransferwiseの招待リンクからTransferwiseのアカウントを作成すると、手数料が安くなります。

メリット:安全、安い
デメリット:特になし

海外送金に「Transferwise」がおすすめな3つの理由【手数料無料になる招待リンクあり】

2020年1月18日

ワーホリで稼いだお金の送金はTranferwiseがおすすめ

ワーホリで稼いだお金を日本に海外送金する手段3つを紹介しました。
その中でも、手数料が圧倒的に安い「Tranferwise」がおすすめ

Tranferwiseの海外送金の手順は「Transferwiseの使い方」についての記事にまとめているので参考にしてください。

Transferwiseの使い方【アカウント作成・送金方法・本人確認】

2020年1月22日
この記事のタイトルとURLをコピーする