サンティアゴのオススメ安宿「Landay Hostel」はアクセス抜群



チリの首都サンティアゴにある安宿の紹介です。

アクセスも良く、宿の設備も良い宿になっています。

立地

landy hostelはメトロの「Los Héroes」と「República」の間ぐらいにあります。

なので、Landay Hostelにはメトロを使ってくるのが一番楽です。

僕はサンティアゴからバスで2時間のところにあるビーニャデルマールの汐見荘からLanday Hostelに向かいました。

ビーニャデルマールの日本人宿「汐見荘」に18連泊した僕が教える汐見荘情報

2017.03.12
サンティアゴまでの長距離バスの到着地がメトロの「Pajaritos」駅がだったので、そのままメトロに乗りスムーズに行くことができました。

長距離バスターミナルに着いた場合も、すぐ近くにメトロの駅があるので、すぐに来ることができます。

また空港からセントロプエルトという空港バスを利用した場合、最終到着地がLanday Hostelの近くなのですごく便利です。

地図

部屋

僕は共同バスルームのドミトリー部屋に宿泊しました。

一泊の宿泊料金は8,250ペソでした。

ドミトリー部屋でも部屋の中にバスルームがついている部屋もありますが、少し高くなります。

部屋の中には2段ベッドが3つあり、天井には太陽の光を取り込む窓が設置されていました。

一人一つバッグパックが入る大きさの貴重品ロッカーを使うことができます。

設備

キッチン

一階部分に自由に使えるキッチンがあります。

混みあってるときは譲らないといけない広さです。

大きな冷蔵庫や電子レンジも使うことができます。

トイレ・シャワー

トイレとシャワーが一緒のバスルームが宿内に3つあります。

とても広く、ホットシャワーも安定しています。

また、バスタオルを無料で貸し出してくれます

共用スペース

宿の一階部分にテーブルがいくつか並んでいます。キッチンも近いので食事もここで食べることができます。

朝食

宿泊料金の中に朝食が含まれています。

提供時間は7時から10時です。
内容はトースト、シリアル、ヨーグルトです。

トーストにはバター、ジャム、チーズ、塗るソーセージみたいなものがあります。

飲み物はコーヒー、紅茶、ココア、牛乳、フルーツジュースです。

セキュリティ

建物の入り口は電子ロックされていて、中から開けてもらわなければ入ることができません。

入り口の横にチャイムがあるので、それを鳴らして受付の人に開けてもらいます。

ドミトリー部屋の鍵は内側からのみかかります。

ネット環境

宿の中にフリーWi-Fiがあります。回線は2つあります。

一階が一番電波が強いですが、3階のドミトリー部屋であっても問題なく使うことができます。

まとめ

Landay Hostelはアクセスがいいので、長距離バスの人も飛行機でサンティアゴに来た人にも便利です。

サンティアゴ一泊目にとてもオススメできる宿になります。

サンティアゴのおすすめ韓国人宿は美味しい朝食付き

2017.03.15

ビーニャデルマールの日本人宿「汐見荘」に18連泊した僕が教える汐見荘情報

2017.03.12

サンティアゴからメンドーサまでのバス移動(チリ出国・アルゼンチン入国)

2017.03.16






「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!