ヘルシンキからタリンへ一番安いフェリーを利用して移動(フィンランド出国・エストニア入国)

フィンランドとバルト三国で一番北にあるエストニアはバルト海を挟んでいます。
それぞれの首都ヘルシンキとタリンはフェリーで結ばれており、簡単に移動することができます。

今回は一番安いフェリ会社を利用したので、15ユーロで移動することができました。

今回はそのフェリー移動について僕の体験を元に、予約から乗船についてまで説明していきます。

ヘルシンキからタリンへのフェリーについて

ヘルシンキとタリンを結ぶフェリー会社はいくつかあります。

「Eckerö Line(エッケルライン)」「linda line(リンダライン)」「tallinksilja line(タリンクシリヤライン)」「viking line(バイキングライン)」の4社です。

フェリーの種類にもいろいろあり、普通船と移動時間の短い高速船、フェリーの時間帯も日中に移動するものから、夜行の便まであります。

その中でも僕が調べた中で一番安かったフェリー会社は「Eckerö Line」です。
僕は時間的制約も全然なかったので、一番安いこのフェリー会社を選びました。

チケットの購入について

チケットはフェリーターミナルの窓口でも購入できると思いますが、僕はネットで事前に購入しました。

乗船日と乗船時間を選択し、個人情報を入力した後に、カード決済すれば予約は完了します。

予約完了後に登録したメールアドレス充てにチケットが送信されます。
チケットの印刷はしませんでしたが、問題なく乗船できました。

フェリーの乗船時間によって料金が違っていました。
僕が乗船した便は15ユーロでしたが、一本前は19ユーロ、一本後は10ユーロでした。

フェリーターミナルに行く

まずはフェリーターミナルに行きます。
フェリー会社によって乗船する港が違うので気を付けてください。
「Eckerö Line」は「West Terminal 2」です。

West Terminal 2の場所

僕が宿泊していた「CheapSleep Hostel Helsinki」からは近くにある駅から7番のトラムに乗っていきました。

トラムの乗車料金は3.20ユーロです。
乗車して約35分で着きました。

終点駅が「West Terminal 2」なので、どこの宿に宿泊していても7番のトラムを見つけて乗りさえすれば問題ありません。

乗船手続きをする

終点の駅の目の前にあるフェリーターミナルの中に入り、少し進んだ右手にEckerö Lineのチェックインカウンターがあります。
すぐ横には機械もあったのでこちらでもチェックインできそうです。

列に並び自分の順番が来たら、窓口の人にパスポートを渡すだけで手続きしてくれます。
すぐに終わりチケットを渡されます。

チェックインが終わったら、すぐ近くにあるゲートを通ります。
先ほどもらった小さなチケットにあるバーコードをかざすとゲートが開きます。

ゲートを通過した後は、エスカレーターを使って上に上がります。
2階は待機スペースになっているので、そこで乗船開始を待ちましょう。
フリーWi-Fiを使用することができました。

出航時刻の30分前から乗船が始まりました。

船内の様子

船内にはたくさんの椅子やソファーがあるので座るところには困りません。
船内にはフリーWi-Fiがあります。

値段は高いですが、カフェやレストラン、バーなどもあります。

屋上にも出ることができます。

個室もあるようでした。

タリンに到着したら、船を降りる

予定時刻通り、船はタリンに着きました。

フィンランドもエストニアも同じシェンゲン圏であるため、入出国審査はありません。
そのままフェリーを降りましょう。

タリンのフェリーターミナルの場所

フェリーターミナルから旧市街地まで歩いていく

タリンのフェリーターミナルから宿が集まる旧市街地までは歩いてすぐです。
僕が宿泊した「Old Town Hostel Alur」という宿までは歩いて約15分でした。
ひときわ目立つ高い塔が目印の「St Olaf’s church」が見えるので、旧市街に行く人はその塔を目指して歩きましょう。