タリンからリガへのバス移動情報(ラトビア入国・エストニア出国)

バルト三国の一番北にあるエストニアの首都「タリン」からバルト三国の真ん中にあるラトビアの首都「リガ」までのバス移動について紹介します。

チケットの購入について

僕はタリンからリガ行きのバスは大手のECO LINEというバス会社を利用しました。

チケットは予約せずに当日窓口で購入しました。
チケットは出発日が近づくにつれて高くなります。
出発日と出発時刻が決まっていて、プリントができる環境であれば、事前にネットで予約した方がお得です。

窓口でのチケット購入はパスポートの提示が必要です。
クレジットカード払いもできます。
チケットは印刷されたA4サイズの紙でした。

ECO LINEのオフィスについて

チケットはECO LINEのオフィスで購入しました。
注意してほしいのは、ECO LINEのオフィスはバスターミナル内にないということです。

ECO LINEの窓口はバスターミナルから少し離れた場所にあります。
場所が分からなければ、バスターミナルのインフォメーションの人に場所を尋ねましょう。

タリンのECO LINEのオフィスの場所

タリンのバスターミナルについて

旧市街からタリンのバスターミナルまでは2kmの距離なので、歩いても30分ほどで行けます。
また、旧市街地から4番のトラムに乗ることでバスターミナルの近くまで行くこともできます。

バスターミナル内はフリーWi-Fiがあり、誰でも利用することができるようになっています。
椅子もたくさんあるので、バスが来るまででゆっくりすることができます。

タリンのバスターミナルの場所

乗車について

チケットにプラットホーム番号が書かれているので、乗車時間が近づいたらそこに行きましょう。
乗車時に大きい荷物を預ける時は、チケットに荷物番号が書かれたシールを張られ、その上にスタンプが押されるので、かなりしっかり管理されているようです。

前席にスクリーンが付いていて、映画や音楽を楽しむことができます。
もちろん日本語の選択肢はないので、英語を選択するしかないでしょう。

また、バスの中ではフリーWi-Fiが利用できました。

リガのバスターミナルについて

リガのバスターミナルは街の中心と離れていません。
旧市街にもそれほど歩くことなく行くことができます。
ただし、バスターミナルの近くにはホームレスを何人か見かけたので気を付けてください。

リガのバスターミナルの場所

おわりに

リガのバスターミナルは一つしかなく、移動の起点となるのでできるだけバスターミナルの近くに宿を取るようにしましょう。
僕が宿泊した「Riga Hostel」はリガのバスターミナルから10分も歩かずに行くことができました。