Greenhouse Backpackers Melbourneはフリンダースストリート駅すぐ近くのバッパー



Greenhouse Backpackers Melbourneについての情報です。

満室の日も多い、メルボルンで大人気の安宿となっています。

立地

メルボルンは「サザンクロス駅(Southern Cross Station)」と「フリンダースストリート駅(Flinders Street Railway Station)」2つの大きな駅があるのですが、その1つのフリンダースストリート駅(Flinders Street Railway Station)から歩いてすぐのところにあります。

空港からスカイバスに乗って市内へ来る人が多いと思います。

メルボルン空港から市内へは一番安い交通手段「Sky Bus」を使おう

2016.12.06
スカイバスの終点のサザンクロス駅の近くからトラムに乗りついでいくことができます。

終点まで乗りましょう。

市内のトラムは全て無料になっています。

地図

宿の特徴・イベント

この宿は、かなり大きな宿です。

部屋数もたくさんあり、かなりの人数が泊まれるようになっています。

それでも、僕がチェックした時には空室がない日があったのでかなり人気の宿と言えます。

受付は建物の6階にありますが、エレベーターがあるので問題ありません。

チェックイン時間14時、チェックアウト時間10時になっています。

毎週火曜日にはフリーディナーというイベントが開催され、宿泊者に料理が振る舞われます。

部屋

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-21-23-53-11清潔に保たれています。
僕が泊まった部屋は2段ベッド2つとシングルベッド1つがあり、5人泊まれるようになっていました。

宿泊料金は一泊34ドルと他の安宿に比べると少し高いです。
1人に1つロッカーが使えます。

設備

キッチン

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-22-17-22-38かなり広いキッチンがあります。

コンロもたくさんあり、一度にたくさんの人が料理をすることができるようになっています。

トイレ・シャワー

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-22-17-18-231フロアにトイレ室が1つ、シャワー室が1つあります。

シャワー室も広く、一度に何人もの人が同時にシャワーを使うことができます。

共用スペース

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-22-11-11-44たくさんの机があり、ここで宿泊者はくつろぐことができます。

写真には写ってないですが、ソファーが置いてあり、くつろげるスペースもあります。

朝食

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-22-10-47-517時から9時の間にキッチンに行けば、無料の朝食を食べることができます。

朝食の内容はトーストとシリアル、飲み物はコーヒーと紅茶があります。

セキュリティ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-22-17-21-31エレベーターまたは階段を使って宿泊フロアに行きます。

宿泊フロアに入るためにはカードキーをかざしてロックを解除しなければいけません。ここの鍵は日中はかかっていませんが、夜になるとかかります。

部屋もカードキーでロックを解除しなければ入れなければいけないので安全性は高いと言えます。

ネット環境

宿泊者全員が無料Wi-Fiを使うことができます。

チェックイン時にWi-Fiパスワードが書かれた紙がもらえます。

使用し始めると24時間のカウントが始まったので、連泊する人はまた新しく紙をもらわなければいけないかもしれません。

まとめ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-22-13-42-45一泊34ドルと少し他のバッパーよりも少し高いですが、その価格分の価値はあると思います。

Greenhouse Backpackers Melbourneは長期滞在割引があり、一週間泊まると、一日あたり29ドルになるのでお得です。

この料金表は僕が泊まった時のものなので変更される可能性がありますが、何かしらの割引はあると思われます。

メルボルンのオススメ観光地「オシャレ小屋」、「遊園地」、「ペンギン見学」を紹介!

2016.12.15

メルボルンで泊まった安宿(バッパー)を5つ紹介

2016.12.13






「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!