日本人宿「汐見荘」への行き方を交通手段ごとにまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

チリのビーニャデルマールにある汐見荘までの移動手段についてまとめました。

スポンサーリンク

汐見荘はどこにあるのか


チリの首都サンティアゴから120km離れた場所にあり、チリ人のリゾート地としても人気の高いビーニャデルマール。
ビーニャデルマールという名前はスペイン語で「海の葡萄畑」という意味で、名前の通り、綺麗な海沿いに高級住宅街が広がります。

その一角に日本人宿「汐見荘」はあります。

汐見荘はビーニャデルマールの中心地と隣にあるバルパライソとの中間地点ぐらいにあります。

汐見壮の場所

ビーニャデルマールのバスターミナルからの行き方

ほとんどの人がビーニャデルマールにはバスで来ると思うので、今回はバスターミナルから汐見荘までの行き方を説明します。
バスターミナルはビーニャデルマール市内の中心部にあり、汐見荘は郊外にあるので、公共交通機関を利用して行くのが一般的です

一応歩きでも行くことができますが、荷物を背負ったままだと一時間弱かかると思ってください。

ビーニャデルマールのバスターミナルの場所

コレクティーボで汐見荘に行く

汐見荘にはコレクティーボを使って行くのが一番楽です。
南米のほとんどでコレクティーボといえば、小型のバスを指しますが、ビーニャデルマールでは乗合タクシーのことを指します
見た目は普通のタクシーとほぼ同じですが、コレクティーボは車体の上に「コレクティーボ」と「路線番号」が書かれています。

コレクティーボは全て路線が決まっていて、汐見荘の目の前まで行ってくれるコレクティーボは「68番」のみです
ただ、この68番は1時間に2本ぐらいしか通らないので、すぐに拾えるとは限りません。

観光案内所の人には200~225番でも行けると言われましたが、汐見壮の前にある坂の下までしか行ってくれないようです。
運転手がいい人だと目の前まで来てくれることもあるようですが、あまり期待しない方がいいでしょう。

乗車料金は600ペソです。

乗車する時に汐見荘の住所を見せましょう。
汐見荘の住所は「GENERAL BAQUEDANO 319,RECREO,VINA DEL MAL」です。

コレクティーボを乗れるところはいくつかありますが、僕が観光案内所の人に教えてもらったのは、市内の中心地の近くの乗り場です。
屋根のある乗り場なので、行けばわかります。

コレクティーボ乗り場の場所

市バスで汐見荘に行く

バス乗り場はコレクティーボと同じ場所から乗ることができます。

ビーニャデルマールとバルパライソとはバスで結ばれているので「Valparaiso」とフロントガラスに掲げているバスに乗れば汐見壮近くまで行くことができます

乗車料金は乗るバスの路線によって多少変わってきますが、300~400ペソぐらいで行けます。

降りるのはメトロの「レクレオ駅」です。

「次はレクレオ駅」みたいなアナウンスは一切なく、自分が降りたい場所で降車ボタンを押すか、運転手に「ここで降りたい」と言えば停車してくれるシステムです。

右手に花時計が見え、海沿いを走り出したら、降りる準備を始めてください。
レクレオ駅は海岸線沿いにありますが、初めてだと分からないと思います。

通り過ぎると面倒くさいので、運転手または乗客の誰かに「Recreo Estation(レクレオエスタシオン)」と伝えておきましょう
ほとんどの人が近くなったら教えてくれるはずです。

レクレオ駅から約10分ほど歩くと汐見壮に着きます。
ただそこからはずっと上り坂なので、重い荷物を持っている人は体力的にしんどいです。

電車で汐見壮に行く

ビーニャデルマールとバルパライソを結ぶ電車であるメトロ・バルパライソに乗っていくこともできます。
しかし、この電車にチケットは無く、電車を使う場合はICカードを買う必要があります。
つまり、たった一回の利用でも運賃と合わせてICカード代1200ペソがかかるので、あまりお勧めはしません

バスターミナルから電車を使う場合は「Hospital駅」か「VIña Del Mar駅」が最寄りの駅になります。
降りる駅は「レクレオ(Recreo)駅」です。

ビーニャデルマールまでの長距離バスについて

ビーニャデルマールまで来る人のほとんどはサンティアゴから来ます。僕自身はサンティアゴから汐見荘には行きませんでしたが、汐見壮からサンティアゴはバスを使って移動しました。

ビーニャデルマールからサンティアゴまでのバスは「Romani」というバス会社を使い、4000ペソでした。
所要時間は2時間弱で、サンティアゴのバスターミナルには行かず、メトロの「Pajaritos」駅が最終地点でした。

僕はハンバーストーンという世界遺産がある街からビーニャデルマールまで直通のバスに乗って行きました。
しかし、ビーニャデルマールで降りるつもりが手前の「ビージャアテマーナ」という街で降りてしまいました。近くにいたお兄さんもバスの運転手の人にも確認を取ったのですが・・・
あまり起こらないとは思いますが、名前が似ているので注意してください。

おわりに

汐見荘の行き方はあまりネット上に書かれていないので、この記事にまとめてみました。
汐見荘に行くのは、そんなに難しくはありません。
この記事を参考にしてサクッと行ってみてください。

次の記事では汐見荘の施設や周辺情報について説明しています。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。